徹底比較!2台用カーポートはフラット型とアール型のどちらがいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約3分23秒です。

今回は、2台用カーポートの中でもアール型のものとフラット型のものは、それぞれどんな特徴があって、どんな違いがあるのかを徹底比較していきます。

デザイン

ネスカRレギュラーワイド基本 エフルージュツイン基本

左は、LIXILネスカRワイド 右がYKKAPエフルージュツインです。

典型的なアール型とフラット型の2台用カーポートです。

アール型代表のネスカRワイドですが、昔から2台用カーポートというとこの形が主流です。さらにその昔は1台用の基本セットを二つをつなぎ合わせたM合掌セットしかありませんでしたが、梁(はり)を一本にして初めから2台用を意識して作られたのがワイドタイプのカーポートです。

優しいアール型の曲線はどんなお住いにもマッチするので建てる場所を選びません。機種によってアールの角度が若干違いますが、スタンダードなこの形は安心感があります。

フラット型代表のエフルージュツインは、最近人気が出始めてきたタイプです。アール型は雨の流れが左右両側に落ちるのに対して、フラット型は左右の高さがほぼ同じなので通常は前側(道路側)に雨が流れるように屋根の傾斜が付いています。

デザイン的には最近の住宅事情に合わせてシンプルモダンなお住いに合うようなかたちになっています。フラット型に関しては、1台用の基本セットのM合掌とはまた違ったデザインですので、区別してお考えください。

エフルージュM合掌

ちなみに、上の写真がエフルージュグランのM合掌セットです。屋根自体は曲線のないまっすぐな物なのですが、エフルージュツインとは違って屋根の真ん中が高いですよね。

吹き込み

ネスカRワイドのようにアール型のカーポートは屋根の真ん中が一番高いので、柱のある両側よりすき間が大きい分、雨の吹き込みも大きくなってしまいます。スペース的に余裕があるのでこれは仕方ないかも知れません。

エフルージュツインのようなフラット型のカーポートは左右も真ん中もほとんど高さに違いがありませんので、アール型と同じ柱の高さだとすると雨の吹き込みは少ないです。しかも道路側に屋根の傾斜があるのでさらに吹き込みは少なくなります。

エフルージュツイン耐風圧

勾配は雨の降り込みや窓からの景色などに影響します。

また、フラット型の場合は左右と真ん中の高さに違いがないので、屋根が邪魔にならないのでリビングからの眺望性もよく、これもまた車庫スペースとアプローチを兼用している最近の住宅事情に合っていてニーズが多いのかもしれません。

強度

カーポートの屋根の形状やデザインで強度が違うことはありません。

どの機種も一般地域用は耐積雪20cm、50cm、100cm用のものが多く用意されていて、耐風圧に関しても屋根の形状というより機種による違いのほうが多く見られます。

ただ、フラット型には積雪に強いセッパンタイプのものもあります。

テリオス

鋼板材の屋根を使用したカーポートは雪に対しての強度が抜群

このタイプはデザイン性よりも強度を意識して設計されていますので、見た目的には「ゴツい」という感じがしますね。でも強度は抜群で、一番すごい積雪強度はなんと200cm!ここまで行けば豪雪地でも問題なくお車を守れますね。

オプション

カーポートのオプションというとそんなに数はありません。特に2台用の場合、着脱式サポートを使うこともありませんのでここではサイドパネルで比較してみます。

レイナツインポートグランZサイドパネル

アーキデュオワイドサイドパネル

上はYKKAPレイナツインポートグランのサイドパネルで、下は3台用ではありますがTOEXアーキデュオワイドのサイドパネルです。

アール型の場合は、屋根の傾斜は真ん中を境に左右についているので、サイドパネルは長方形で1段か2段を選びます。

フラット型の場合は、前後に屋根の傾斜が付いているので長方形のパネルだけだと屋根とのすき間が大きく空いてしまいます。そこで、台形のサイドパネルを入れることによってすき間を埋めることができるようになります。しかし、台形のサイドパネルを入れる場合は、本体屋根の傾斜をサイドパネルの傾斜に合わせなければいけないので、しっかりとした施工が必要になります。

パネル自体には大きな違いはありませんが、形状だけ違うと言ったところでしょうか。

価格

フーゴRワイド基本 フーゴFワイド

左が、LIXILフーゴRワイド 右が、LIXILフーゴFワイドです。

この二つを同じくらいのサイズでお値段(メーカー希望小売価格・メーカーカタログ定価)の比較をしてみましょう。

フーゴRワイド 基本 48-50(横幅4836mm×奥行4980mm) H22 ポリカーボネート屋根 459,200円(税別)

フーゴFワイド 基本 48-50(横幅4827mm×奥行5002mm) H22 ポリカーボネート屋根 545,800円(税別)

ということで、ほぼ同じサイズで比べてみましたが、フーゴFのほうが86,600円ほど高い価格設定です。販売価格については店舗によって違うと思いますが、これよりは差が少なくなることは間違いありません。

この差をどう見るかは、選択されるお客様のお考えによります。

人気

最近の傾向で言えば、フラット型のタイプの人気が上がってきているという印象です。当店の施工事例を見ても、2台用に関してはYKKAPのエフルージュツインが多く見受けられます。これまではフラット型というとセッパンタイプしかなかったのが、明るい光を取り入れられるポリカーボネート屋根でセッパンよりもお値段も比較的安いのがいいのでしょう。

ただし、デザインだけで選ばれるならお住いとの調和も考えて、直感的な部分も大きいかと思います。

あなたはどちらを選びますか?

ネットショップキロ カーポート専門店では、主要メーカーの人気カーポートが激安価格で販売されています。御見積りの前に必ず無料現地調査を行いますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

※本ブログ内の価格は2019年9月30日まで有効です。

3分カーポート

カーポートアンケート

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーポートの工事付価格を簡単に知る方法とは

●LINEでお手軽簡単問合せ


キロの公式ライン開設しました!ブログの内容についてのご質問、カーポート設置の相場、なんでも結構です。LINEにてお気軽にご相談下さい。即日回答させていただきます!


LINEで問合せをする




●ダウンロード不要のカンタン!自動無料見積システム


たった3分で、工事付のカーポートの価格を知ることができる無料見積シミュレーションのご紹介です。面倒な作業は不要ですので、ぜひ一度お試しください。

カーポート自動WEB見積をスタートするカーポート自動WEB見積をスタートする



●見積価格を知る前に。施工事例でイメージを膨らませよう!!


カーポート施工事例集はこちらカーポートの施工事例集を確認する



●カーポートを検討されている方は、こんな商品にも興味を持っています。


テラス屋根ウッドデッキフェンス専門店テラス囲い



●カーポートの商品のみを購入して、DIYしたい方にはコチラがおすすめ!


全国無料配送始まりました。YKKAPカーポート特集全国宅配OK!YKKAPのカーポート特集


他のブログを見る