絞り込み検索

商品 を探す

施工事例12746件

初めての方へ 初めて の方へ

エクステリア アドバイザー

豊富な知識をもとにお客様の後悔のないエクステリア選びをお手伝いするキロのスタッフです。
折本 折本
山内 山内
西尾 西尾
飯村 飯村
富田 富田
酒井 酒井
栗田 栗田
宮崎 宮崎
太田 太田
鈴木 鈴木
坂井 坂井
山村 山村

条件から選ぶ

  • 3 商品
  • 絞り込み検索

    設置場所

    メーカー

    シリーズ

    価格帯






天然木のウッドデッキの基礎知識



タカショー タンモクアッシュ



メリット



・美しい自然の風合い


・木のぬくもりと熱伝導率の低さ


・加工性の高さ


美しい自然の風合い


天然木のウッドデッキは、その自然な風合いや木目が美しい特徴です。天然の木材ならではの温かみと質感が、空間に自然な魅力を与えます。様々な木材の種類や色合いから選ぶことができるため、デザインの幅も広がります。
天然木のウッドデッキは、多くの種類の木材から選ぶことができ、ヒノキやカシワなどの昔ながらの国産の木材から、海外産のエキゾチックな木材まで様々な選択肢があります。それぞれの木材には特有の特性や色合いがあり、自分好みの素材を探したり、用途に合わせて最適な素材を選ぶことができます。

また、樹脂木・人工木のウッドデッキは大量生産から木材の表面には均一さが出ますが、天然木は同じ素材でも個々の木によって成長パターンが異なるため、一つ一つの木材が独自の外観を持っており、個性的で自然な印象を与えてくれます。
長期間使用していくなかで、経年変化していき木材の色合いの変化や木目の際立ち、キズや風化により素材の深みが増していきます。ウッドデッキとともに生活する中で、素材自体の見た目の変化も楽しめます。



木のぬくもりと熱伝導率の低さ


周囲の環境や素材の色などにもよりますが、天然木の表面温度は樹脂木・人工木のウッドデッキと比較して熱伝導率が低いため、夏の日差しの強い日でも表面温度が上昇しにくく、裸足で歩けるものもあります。
熱伝導率とは、熱の移動のしやすさで、これが低いほど熱の伝導が遅く、温度上昇しにくいといえます。
天然木材の熱伝導性が低い理由は、木材の構造が熱を伝えにくい性質をもつ繊維素材から成り立っており、また、木の細胞構造には多くの空隙があることで熱の伝導が阻害されるからです。

天然木は人の体温に近い温度をもつため、触れたときに冷たく感じにくく、温かみを感じます。
天然木のウッドデッキは、その木材の柔らかさや反発力により、心地よい歩行感を提供します。
裸足で歩くこともできるため、屋外でのくつろぎや遊びの場として最適です。



加工性の高さ


素材にもよりますが、天然木ウッドデッキは、リフォームや拡張が比較的容易です。 木材は必要に応じてデッキの形状やサイズを変更することができます。
木材は加工がしやすいため、自分の好みや用途に合わせてカットや形状の調整を行うことも可能です。
樹脂木・人工木ウッドデッキには作成できない形状に加工することもできます。

ただし、木材の種類や品質によっても異なるため、加工の経験、専門知識を持って施工されることをお勧めいたします。
天然木のウッドデッキの加工には、適切な素材選びと十分な事前準備が必要になります。




デメリット



・メンテナンスが必要


・コストが高く、時期によっては材料が不足する


メンテナンスが必要


木材は風雨や紫外線の影響を受けやすく、腐食や割れ、変形、また虫害などの問題が発生する可能性があり、天然木のウッドデッキは、定期的な塗装や防腐処理、清掃などのメンテナンス作業を行う必要があります。
天然木のウッドデッキにメンテナンスが必要な理由としては以下の理由があげられます。



虫害やカビのリスクがある

デッキが濡れたまま放置されると、木材が劣化したり、カビや藻が発生する場合があります。
特に湿度の高い環境や水が溜まりやすい場所では、害虫やカビの発生が起こる可能性があります。



色褪せや変色が起こる

長時間の紫外線の影響を受けることで色あせや変色が起こる場合があります。
特に直射日光が当たる場所では、木材の色合いが変わる可能性がありますので、定期的な塗装やUVカット剤の使用が推奨されます。



経年変化により木材自体が変化する

木材は時間と共に劣化や風合いの変化が起こるため、初期の美しさを保つことは難しい場合があります。
この変化を楽しむこともできますが、美観の維持には労力が必要です。



ウッドデッキが破損したり、ささくれができたりする

天然木のウッドデッキは使用していく中で破損したりささくれができたりします。割れた断面やささくれなどは怪我の原因になります。 素材によっては硬度が高いものもあるため、ささくれなどを発見したら早急にサンドペーパーなどで対処する必要があります。それぞれの項目で、原因に合わせた定期的なメンテナンスが必要になります。 詳細に関しては後述しておりますので、こちらをご覧ください。


コストが高く、時期によっては材料が不足する


天然木ウッドデッキの価格は、人工木のウッドデッキと比較して高くなります。
理由としては、他のデッキ材と比較して天然木材の生産や加工に手間と時間がかかるためです。
施工に関しても、樹脂木・人工木ウッドデッキよりも素材の専門知識や技術が必要になるため施工費が高くなります。

また、当店取り扱いのある樹脂木・人工木ウッドデッキは国内生産のため供給も安定していますが、ハードウッドなどは輸入品が多く、価格も納期も地域や時期などによって不安定です。
設置時期を決めている、予算に制約がある場合や大規模なデッキを検討する場合には、納期・金額を事前に調査しておく必要があります。




天然木材写真1

天然木ウッドデッキを選ぶ際には、適切な素材を選ぶことが重要です。
素材の選択はデッキの外観や性能、耐久性に直結するため、以下に素材選びのポイントを詳しく説明します。



ハードウッドとソフトウッドの違い


ハードウッド

ハードウッドは広葉樹(落葉樹)から得られる木材で、一般的には密度が高く硬い特徴があります。
ハードウッドはゆっくりと成長し、緻密な木材を形成します。
耐久性や対候性に優れ、耐摩耗性が高く、耐腐食性にも優れています。
美しい木目と質感が魅力で、メンテナンスが比較的簡単で長寿命なため、ウッドデッキの素材として人気があります。



ソフトウッド

ソフトウッドは針葉樹(常緑樹)から得られる木材で、一般的には密度が低く柔らかい特徴があります。
成長も早く、繊維が疎であるため柔らかい木材を形成します。
また軽量で取り扱いやすく、加工が容易です。
自然の防虫効果があり、耐久性のある素材もあります。
価格的にもリーズナブルなものが多いのが特徴です。



木材の種類


チーク チークは耐久性が高く、天然のオイル分を含んでいるため、腐朽や蟻、カビに対しても抵抗力があります。屋外家具やデッキ、船舶のデッキなどの耐候性の高い用途に広く使用されます。
イペ イペは非常に耐久性があり、耐候性に優れたハードウッドです。抗菌性や防腐性、耐摩耗性があります。金額的にも高価なものになります。
マボガニー マホガニーは赤褐色から濃い茶色の木材で、優れた耐久性と美しい外観を持つハードウッドです。ウッドデッキには特にアフリカンマホガニーやホンジュラスマホガニーが使用されます。
タイガーウッド タイガーウッドは耐久性があり、特徴的なストライプ模様が美しいハードウッドです。ウッドデッキのデザインにアクセントを加えるのに適しています。
シダーウッド シダーウッドは軽量で耐久性があり、天然の防虫効果を持つ針葉樹です。柔らかいソフトウッドです。シダーウッドはナチュラルな風合いがあり、ウッドデッキに人気があります。
レッドウッド レッドウッドもソフトウッドですが、非常に耐久性が高く、耐腐食性や耐候性に優れています。また、美しい色合いも特徴です。
この他にも木材の種類は多数あるため、施工される業者様にご相談いただき、用途にあった木材をお選びください。



素材選びのポイント

デザインで選ぶ


天然木のウッドデッキを選ぶ際には、素材によってデザインやカラーが変わってしまうことを覚えておきましょう。
木材の種類によって色合いや木目が異なりますので、自分の好みに応じたデザインになるよう木材を選んであげるとよいですね。
デザインはウッドデッキ単体だけではなく、住宅の外観や周囲のエクステリアと調和することが大切です。



丈夫さから選ぶ


天然木のウッドデッキの丈夫さは、傷のつきやすさではなく、腐ることなく、長く使用ができるか?を重視します。
耐久性の高い素材を選ぶことで、デッキの寿命を延ばし、メンテナンスの手間を減らすことができます。
一般的に、ハードウッド(硬木)は耐久性に優れており、長くお使いいただけます。



対候性から選ぶ


素材の対候性は、デッキが設置される地域の気候条件に適合するかどうかを示します。
木材は湿度や温度の変化に影響を受けやすく、一部の木材は特定の気候条件下で腐食や変形が起こる可能性があります。
設置する都道府県の気候に適した素材を選ぶことで、ウッドデッキを長くお使いいただけます。



メンテナンスのしやすさから選ぶ


ウッドデッキの素材選びは、メンテナンスのしやすさにも影響をします。
使用する木材によっては定期的な塗装や防腐処理が必要な場合がありますが、丈夫さや対候性が優れていることもあります。
ご自身でメンテナンスができるかどうか?メンテナンスができる時間があるかどうか?などを考慮に入れながら、素材を選びましょう。



コストパフォーマンスで選ぶ


天然木のウッドデッキの素材には価格差がありますので、予算内で適切な素材を選ぶことが重要です。
一般的にハードウッドよりもソフトウッドの方が安価な素材になります。
ただし、ソフトウッドのほうが耐久性に劣ってしまうため、短期的な価格だけでなく、長期的な視野で素材選びをされることをおススメします。
具体的には、長く使用されるのであればハードウッドの素材、5年ほどで撤去してしまうようであればソフトウッドの素材がよいでしょう。



SDGsの観点から選ぶ


昨今話題のSDGsの観点から選ぶことも大事な価値観となりました。
持続可能な森林管理や再生可能な資源を利用した素材を選ぶことで、環境負荷を軽減することができます。
森林認証を取得した木材や再生木材など、環境に配慮した素材を選ぶことをおすすめします。




天然木ウッドデッキ 家族


天然木のウッドデッキの納まりは、デッキの使い方や設置場所によって異なってきます。
それぞれのお庭や生活スタイルにあったサイズと形状、オプションを選ぶことで、満足いくウッドデッキになります。
ウッドデッキの用途、設置できるスペースやお庭の状況、使いやすさ、デザインの統一感、強度と構造などを考慮しながら、最適なサイズと形状を決定しましょう。

ウッドデッキの使用イメージに困っている方はコチラ


ウッドデッキの用途


ウッドデッキの用途は様々ですが主に以下の使い方があります。
サイズやオプションをお選びするにあたって、使用用途もそうですが、設置されるお庭の環境によっても変わってくるため、十分にイメージをしてご検討頂ければと思います。


セカンドリビング

外での食事やBBQなどに使用します。
ガーデンテーブルやチェアを置くスペースが必要になります。


キッズスペース

小さなお子さんを遊ばせておくスペースなどに使用します。
転落防止に柵やや手すりなどの設置をおすすめいたします。


ガーデニング

草花がお好きな方であれば、ウッドデッキの上をガーデニングテラスとして使う方法もあります。
ウッドデッキからお庭への出入りのため、ステップの設置をおすすめいたします。


ランドリースペース

ウッドデッキを洗濯物干し場として使用する方法です。
雨天時でもご使用いただけるようご一緒にテラス屋根を設置される方も多いです。


設置できるスペースやお庭の状況


ウッドデッキの形状とサイズは、設置できるスペースやお庭の状況に合わせて決定します。
ウッドデッキが庭や広い空間に設置される場合は、大きな面積や長方形の形状が適しています。
一方、狭いベランダや狭小スペースに設置する場合は、コンパクトな形状やL字型など、スペースに合わせたサイズと形状を選ぶことが重要です。


使いやすさ


ウッドデッキのサイズと形状は、普段の使いやすさにも影響を与えます。
ウッドデッキにはどこに階段を設置するか?どこにフェンスや門扉を設置するか?などの動線設計が重要です。
ウッドデッキが使いやすくなるように計画しましょう。
特に設置した後に「誰が」使うか?「どのように」使うか?という点も考えるとよいですね。
足が不自由な方がいらっしゃる場合や、小さなお子さんがいらっしゃる場合などは、安全性を確保するために手すりの設置を検討するなど、「誰が」「どのように」使うのか?を考えてご検討ください。


デザインの統一感


ウッドデッキのサイズと形状は、お庭との統一感を考慮して選ぶことも重要です。
建物やお庭のデザイン、周囲のエクステリアとマッチするか?などによって、デッキの形状やサイズを調整することもあります。
直線的な形状やシンプルなデザインは、モダンな雰囲気にマッチしやすく、曲線的な形状は柔らかな印象を与える場合があります。
カラーについては、住宅の壁面や周囲のエクステリアによってウッドデッキのカラーを合わせましょう。
最終的にはご家族とご相談してデザインなどを決めていきますが、設置したあとに後悔しないよう、より多くの施工事例や展示品をご覧いただき、設置後のイメージが自分の希望と合っているかすり合わせしていきましょう。


安定性と構造


デッキのサイズと形状は、安定性や構造上の要件も考慮する必要があります。
大きな面積や高さを持つデッキの場合は、適切な基礎や補強が必要です。特に地震や強風の多い地域では、耐震性や風圧に対する強度を確保することが重要です。
また、デッキの形状や角度は、排水や水の溜まりを防ぐためにも考慮する必要があります。



天然木ウッドデッキ 業者依頼

天然木ウッドデッキの設置には、施工業者に依頼するか自分でDIY(自分で行う)するかの選択肢があります。
基本的には施工業者に依頼するのが確実ですが、ご自身でやりたい!とお考えの方は下記の点を含めてご検討ください。



これまでDIYの経験があるか?


天然木のウッドデッキの設置には一定の技術や経験が必要です。
デッキの構造や基礎、材料の取り扱いなど、専門的な知識が求められます。
もしご自身に十分な技術や経験がない場合は、プロに依頼することを検討しましょう。
何棟も設置したことのあるプロの施工業者であれば、しっかりとした工事をしてくれるでしょう。
もしご自身で施工される場合には、はじめはソフトウッドのような加工性が高い商品から初めてみるのをおすすめいたします。



DIYの手間と労力


天然木ウッドデッキの設置は、時間と労力を要する作業です。
デッキの設計、材料の調達、施工、仕上げなど、複数の工程が必要です。
自身のスケジュールや体力、時間の制約を考慮して、DIYか業者に依頼するかを判断しましょう。
プロに依頼することで、手間や時間を節約し、効率的にデッキを完成させることができます。
DIYはコストを抑えることもメリットですが、自分のペースでじっくり計画から施工までできることもDIYの魅力のため、長期的に計画をたてれる方はDIYもいいかもしれません。



予算の関係


天然木ウッドデッキの設置には一定の費用がかかります。
材料費、道具の購入、施工費用などがかかるため、単純に材料だけの費用でプロへの依頼と比較することはできません。
DIYの場合、材料の調達や施工費用の節約ができる一方で、プロに依頼する場合は専門知識や技術に見合った費用が必要です。
工事内容やデッキの規模によっては全体の予算に対しての施工費用の割合が大きくなっていきます。
予算の範囲内で最適な選択を検討しましょう。



安全性と施工品質の確保


DIYを行う上で、一番心配になるのが「安全性」の点です。
プロであれば、強度設計や経験則から導き出した安全性と施工品質の保証ができますが、DIYでやる場合には十分な強度が確保できる施工方法となっているか?は重要な要素です。
特にウッドデッキは人が上にのって使用する関係から、万が一があっては取り返しがつきません。
十分な強度設計をしたうえで施工されるか、DIY用のキットを使用することをおススメします。



施工自由度の高さ


DIYの魅力として、自分のアイデアを形にできることにあります。
デザインやサイズなどを自分の思った通りの方法で創り上げていくことができるので、DIY好きにはたまりません。
反面、安全性や計画自体をしっかりと練る必要があります。
そのうえでを行う上で、一番心配になるのが「安全性」の点です。
プロであれば、強度設計や経験則から導き出した安全性と施工品質の保証ができますが、DIYでやる場合には十分な強度が確保できる施工方法となっているか?は重要な要素です。
特にウッドデッキは人が上にのって使用する関係から、万が一があっては取り返しがつきません。
十分な強度設計をしたうえで施工されるか、DIY用のキットを使用することをおススメします。




天然木ウッドデッキ 施工

天然木のウッドデッキをDIYで行う場合には、一般的に以下の手順で進めるとよいでしょう。

ウッドデッキのDIY計画


まずは設置場所の寸法を測定しましょう。
設置寸法はメジャーなどを利用して測ります。
次に現場の測定に即したウッドデッキの形状、サイズ、高さ、階段の配置などを決めます。
また、デッキの用途や必要なオプションなども考慮しましょう。



設置場所の調整


ウッドデッキを設置する場所を整地します。
地面を平らにし、必要に応じて掘削や土の盛り上げを行います。
下地が土の場合は、地面の上に束石やコンクリート平板を設置します。
この基礎が水平になるよう土やモルタルなどで調整していきます。
※水平がとれていないとデッキに水がたまったり、がたつきや強度の心配がでてくるため、重要な工程になります。

下地が人工芝や砂利が敷いてあると水平をとるのが難しくなるため、基礎石の部分は砂利などを撤去して設置してください。
コンクリートの上に天然木ウッドデッキを設置する場合はゴムシートなどを敷いたうえで束石、コンクリート平板を置いて柱を建てましょう。
人工木・樹脂木の場合は、下地コンクリートの場合、そのままアルミの束柱をコンクリートと固定します。/span>


床板の設置


ウッドデッキの床板を設置します。
木材の床板をフレームに取り付けていきます。
床板同士の隙間を均等に保ち、ビスや釘を使用して固定します。
床板の取り付けは丁寧に行い、釘やビスの頭が出っ張ったりしないよう気を付けて作りましょう。



オプションの設置


必要に応じて手すりやフェンス、ステップを設置します。
手すりやフェンスはウッドデッキの上から転落しないように、安全性を確保するため重要なオプションです。
ウッドデッキの高さや形状に応じて手すりを設置する位置を決めましょう。
またステップも重要なオプションのひとつです。
ウッドデッキの高さによっては、箱型のステップだけではなく、2段3段と上るような階段型のステップが必要になります。



デッキの表面仕上げ


デッキの仕上げ作業を行います。
木材の表面を研磨したり、必要に応じて塗装や防腐処理を行い、木材の耐久性や美観を保ちます。



メンテナンスと定期的な点検


デッキの設置後は、定期的なメンテナンスと点検を行いましょう。
木材の塗装や防腐処理、清掃などを定期的に行うことで、デッキの耐久性を保つことができます。




メンテナンス方法



メンテナンスは、ウッドデッキの美しさと耐久性を保つために必須です。
適切なメンテナンスを行うことで、木材の劣化や色あせを防ぎ、ウッドデッキの寿命を延ばすことができます。
天然木のメンテナンス方法は下記の点が重要です。


定期的な掃除


ウッドデッキを清掃することは、メンテナンスの基本です。
定期的にデッキを掃除し、付着した汚れや砂、葉、ほこりを取り除きましょう。
その後ブラシやモップなどを使用して表面をきれいにします。
特に雨水や湿気の多い地域では、カビや藻の発生に注意し、清掃を徹底しましょう。



塗装や防腐処理


天然木デッキは、定期的な塗装や防腐処理が必要です。
塗装には木材を保護し、色あせや劣化を防ぐ役割があります。防腐処理は、木材を虫害や腐食から守るために行います。
塗料や防腐剤は、木材の種類や気候条件に合わせて選びましょう。メーカーの指示や専門家のアドバイスを参考にすると良いでしょう。
また防水シーラント剤は、デッキの表面を保護し、水や汚れの浸透を防ぐ効果があります。

定期的に防水シーラント剤を塗布することで、木材の耐久性を向上させることができます。適切なタイミングと方法でシーラントを適用しましょう。
定期的にデッキを掃除し、付着した汚れや砂、葉、ほこりを取り除きましょう。
その後ブラシやモップなどを使用して表面をきれいにします。
特に雨水や湿気の多い地域では、カビや藻の発生に注意し、清掃を徹底しましょう。



木材の研磨と補修


デッキの木材は、経年変化や使用によって劣化することがあります。
定期的な研磨を行い、木材の表面を滑らかにしましょう。
また、欠損や割れた部分がある場合は、補修を行いましょう。
欠損した部分の木材を交換したり、ボンドや補修材を使用して修復することができます。



植物の管理


デッキ周辺に植物を配置している場合は、植物の管理も重要です。
植物の根がデッキの下に侵入していないか確認しましょう。
根の侵入によりデッキの構造にダメージが生じる場合があります。
また、植物の水やりや剪定などを適切に行い、デッキとの相互作用に注意しましょう。
デッキの木材は、経年変化や使用によって劣化することがあります。
定期的な研磨を行い、木材の表面を滑らかにしましょう。
また、欠損や割れた部分がある場合は、補修を行いましょう。
欠損した部分の木材を交換したり、ボンドや補修材を使用して修復することができます。

ただし、これらのタイミングは地域の気候条件やデッキの使用頻度などによってメンテナンス周期は異なるため、個別の状況に応じて調整する必要があります。
定期的なメンテナンスを行うことで、天然木ウッドデッキの寿命を延ばし、美観と耐久性を維持することができます。



定期的な点検


デッキの定期的な点検を行いましょう。
デッキの構造や固定具、手すりなどに異常がないかチェックします。
特に、季節の変わり目や大雨・大雪の後などに点検を行い、問題があれば早めに対処しましょう。
専門家に点検を依頼することもおすすめです。
点検する時期と方法は下記の通りです。



毎週/随時

毎週デッキを掃除し、落ち葉やゴミを取り除くことが推奨されます。
また、汚れや染みがある場合には随時クリーニングを行います。



毎月

デッキの定期点検を毎月行い、ゆるんだネジやビスを締め直すなどの簡単な修正を行います。
また、デッキの表面を目視で確認し、ささくれなどがないか確認し、必要に応じて修理や補修を行います。



毎年

毎年のメンテナンスでは、デッキの表面を高圧洗浄機などで洗浄し、汚れや藻、カビを除去します。
専用のデッキクリーナーや木材用の洗剤を使用して、デッキを綺麗にします。



2〜3年ごと

2〜3年ごとに、デッキの表面に木材保護剤を塗布することを推奨いたします。
木材保護剤は木材を太陽光や水から保護し、耐久性を向上させます。
製品の指示に従って塗布を行います。



3〜5年ごと

3〜5年ごとに、デッキの塗装やステインの再塗布を検討します。
これにより、木材の美観を保ち、保護層を再生します。



メンテナンス方法の詳細はコチラ>>



ウッドデッキの掃除方法の詳細はコチラ>>




注意点


ハードウッド ソフトウッド 人工木・樹脂木
価格 高価 安価 高価
>施工性、加工性 難しい 容易 難しい
耐久性 高い 低い 高い
メンテナンス 頻度が少ない 頻度が多い メンテナンスフリー


天然木ウッドデッキを設置する際に後悔しないためには、以下のポイントを考慮することが重要です。
これらのポイントを押さえることで、理想的なデッキを実現し、将来的な問題や後悔を避けることができます。


目的を具体化しましょう


まずはどうしてウッドデッキを設置する必要があるのかを考えてみてください。
ウッドデッキはさまざまな使い方ができます。
洗濯物を楽に干せる、子どもやペットの遊び場にできる、くつろぎの空間にできる、家族や友人でパーティーができるなどです。
目的に応じてウッドデッキの素材、デザイン、材質なども変わります。
ただおしゃれだからという理由で選ばず、どのように使うか明確なビジョンを持ってウッドデッキを選びましょう。
また、予算も明確に設定し、目的に合ったデッキを選ぶことが重要です。



地域の気候条件と木材の選択


地域の気候条件に合わせて適切な木材を選びましょう。
耐候性に優れた木材を選ぶことで、デッキの耐久性を高めることができます。
また、木材の特性やメンテナンス要件も考慮し、自身のライフスタイルや好みに合った木材を選びましょう。



施工方法と基礎工事の重要性


デッキの施工方法や基礎工事はデッキの安定性と耐久性に大きく影響します。
施工方法は専門的な知識や技術を要する場合がありますので、DIYで行う場合は事前の学習やプロからアドバイスを受けることをおすすめします。
また基礎工事も十分な強度と耐久性を確保するために重要です。



メンテナンスの意識と負担


ウッドデッキのメンテナンスには一定の時間と費用がかかります。
デッキの定期的な清掃や塗装、防腐処理、木材の研磨などを適切に行うことで、デッキの美観と耐久性を保つことができます。
自身のメンテナンスの意識と負担を考慮し、自分に合ったメンテナンス方法を選びましょう。



安全性と規制の遵守


デッキの安全性は重要な要素です。
建築基準や安全規制に適合するようにデッキを設計・施工しましょう。
手すりや階段の設置、耐震性や耐風性の確保など、安全に配慮したデッキを作りましょう。
地域の建築基準や規制に適合することも忘れずに確認しましょう。



専門家への相談とアドバイスの受け入れ


デッキの設置には専門的な知識と経験が求められる場合があります。
専門家やデッキの設置業者に相談し、アドバイスを受け入れることで、より適切なデッキの選択や施工ができます。
また、施工事例やカスタマーレビューを参考にすることも重要です。



長期的な視点と将来の変化への対応


デッキは長期的な投資ですので、将来の変化やニーズにも対応できるように考えて設計しましょう。
将来的な拡張や改修の余地を残し、デッキの機能やデザインの変更が可能な柔軟性を持たせることが重要です。



予算の適正化とコスト管理


デッキの設置には予算管理が重要です。
デッキの材料費、施工費だけでなく、ランニングコストになるメンテナンス費用も予め計画し、予算の範囲内での計画を建てましょう。
価格だけでなく、コストパフォーマンスや将来的な費用対応も考慮し、経済的な面からも満足のいくデッキを選びましょう。



リサーチと比較の徹底


天然木ウッドデッキの設置には、様々な選択肢があります。
異なる木材の種類、メーカーや業者、デザインや仕上げのバリエーションなどを比較検討しましょう。
評価やレビューを参考にしながら、自分に合ったデッキを選ぶためのリサーチを徹底しましょう。
実店舗などに訪れて、実際のデッキの見た目や使用感を体験することで、自分に合ったデッキのイメージが具体化します。
デッキの材料費、施工費だけでなく、ランニングコストになるメンテナンス費用も予め計画し、予算の範囲内での計画を建てましょう。
価格だけでなく、コストパフォーマンスや将来的な費用対応も考慮し、経済的な面からも満足のいくデッキを選びましょう。




タカショー
タカショーの強みは天然木材とアルミ材のハイブリッド











ウッドデッキの施工事例(最新10件)

・・・・・・

construction


ウッドデッキ知ろう!

お役立ちコラム

・・・・・・

ウッドデッキのお悩みを解決!

スタッフブログ

・・・・・・

よくあるご質問

・・・・・・

ウッドデッキは可燃性です。そのため火に近づけると変形や変色などの原因となってしまうことがございます。そのためデッキの上ではなく、十分に距離を離してご使用ください。

デッキ施工前日までに敷いていただくことをおススメしております。ウッドデッキを設置したあとから敷こうとすると、ウッドデッキのサイズによってはすべて敷くことができなくなってしまう可能性がございます。デッキ設置時の防草シートカットや砂利敷きの再敷き均しは工事と共に当店にて行いますのでご安心下さい。

左右の開き勝手はお選びいただけます。設置場所によってはご希望に添えない取り付け方法となってしまう可能性もございますので、その際には現地調査時、お見積りご案内時にご説明をさせて頂いております。

加工につきましては幅の切りつめはできますが、高さの切りつめはできません。高さは規格が決まってしまいますので事前にご確認の上お選びいただくとよいかと思われます。

転落防止対策としてはフェンスを付けられるお客様が多くいらっしゃいます。ウッドデッキの周囲にフェンスを建てる、もしくはウッドデッキの上にフェンスを建てる方法がございます。周囲にフェンスを建てる場合にはスペースが必要になりますが、デッキの上に建てると少しスペースが狭くなってしまいます。現地の状況にあわせてご検討くださいませ。

アルミの商品、人工木の商品の2種類がございます。どちらもウッドデッキ用のフェンスや門扉となりますので、規格が限られてはおりますが設置可能です。つけられたい商品のイメージや用途がございましたらお知らせいただけますと幸いです。




お問い合わせ

商品や施工、無料現地調査に関するご相談やお問い合わせはこちらからお気軽にご相談ください。

ご不明な点はございませんか?


\ さらに安くなるかも!? /


無料現地調査・見積はこちら