絞り込み検索

商品 を探す

施工事例13171件

初めての方へ 初めて の方へ

エクステリア アドバイザー

豊富な知識をもとにお客様の後悔のないエクステリア選びをお手伝いするキロのスタッフです。
折本 折本
山内 山内
西尾 西尾
飯村 飯村
富田 富田
酒井 酒井
栗田 栗田
宮崎 宮崎
太田 太田
鈴木 鈴木
坂井 坂井
山村 山村

3台用人気ランキング

条件から選ぶ

  • 51 商品
  • 絞り込み検索

    カテゴリを選択してください

    商品タイプ

    耐積雪量

    耐風圧

    メーカー

    シリーズ

    価格帯






3台用カーポートの基礎知識



メリット



・広大な間口サイズ


・デザイン性に優れた商品が多い



広大な間口サイズ


カーポート3台用の最大の特徴は、広大な間口サイズです。


一般的なカーポート3台用の最大間口サイズは約8,000mmと、敷地を覆うことが可能な間口寸法となっております。

車を3台お持ちでない方も、敷地を覆うことで自転車やバイクの保管スペースにしたり、雨の日でもアウトドア趣味が堪能できるメリットがあるため、敷地に一体感を与えたい方や、雨の日でも活動ができる場所を増やしたい方にはオススメです。


またゆとりのある間口サイズを設置することは、日常の車の出し入れを楽にすることができたり、ドアの開閉の際に柱と接触する恐れを防ぐことができます。

2台用のカーポートを検討していた方が、間口のゆとりを求めるために3台用カーポートを検討することも度々耳にします。


快適なスペース作りができるカーポートをお探しの方は、カーポート3台用の商品を推奨します。



デザイン性に優れた商品が多い


カーポート3台用では、敷地を覆うことができるサイズバリエーションのため、デザイン性に特化した商品が数多く取り揃えられています。


近年ではオープン外溝と呼ばれる開放感のある外溝の人気が高く、敷地を開放感のあるものへと望む方も増えてきております。

オープン外溝の場合、カーポートは敷地の玄関として見られるため、デザイン性を意識しないといけません。

カーポート3台用であれば敷地を覆いつつ、デザイン性に特化したカーポートを取付けることが可能です。


また柱に機能門柱やスクリーンを、取り付けられるオプションの用意も多彩にあるため敷地や住宅に、より一層の一体感を生み出すことが可能です。

外溝にこだわりがある方や、カーポートのデザインを重視される方は、検討してみると良いでしょう。



カーポートのメリットについて、より詳しいご説明はこちら>>




デメリット



・高価なものになりやすい



高価なものになりやすい


カーポート3台用は、価格が高価になりやすいです。


一般的なカーポート3台用の場合、工事費込みの相場が約70万円~80万円程と、カーポート商品の中でも価格が高価です。

そのため価格面で悩んでしまい、不安に思う方もいることでしょう。


ただし、3台用のカーポートには価格に見合った機能や利便性があります。

せっかくカーポートを建てたにも関わらず、不便に感じてしまってはいくら安価に施工できたとしても後悔してしまいます。


快適な日常を送るために、ゆとりのあるサイズを求める方には、カーポート3台用の検討をオススメします。



カーポートのデメリットについて、より詳しいご説明はこちら>>




カーポート3台用選びのポイント



カーポート3台用選びのポイント


・価格で選ぶ


・デザインで選ぶ


・耐積雪性能、耐風圧性能で選ぶ



価格で選ぶ


価格

カーポート3台用の価格帯は多種多用です。

カーポート3台用の場合、工事費込みの価格で約70万円~80万円で購入可能な商品もあれば、150万円を超える商品もございます。


価格で選ぶ場合は、最初に予算を明確にすると良いでしょう。

デザイン性や屋根素材を重視しないのであれば、相場は約70万円~80万と比較的安価に購入が可能です。


また予算を潤沢に取れる場合、デザイン性に優れた商品やオプション選びをすることで、住宅と調和が取れた外溝の実現が可能です。



デザインで選ぶ


デザインカーポート

敷地の玄関となるからこそ、カーポート3台用には充実したデザイン性の商品が多数ございます。


一般的なカーポート3台用の柱タイプは両側支持タイプとなっており、カーポートの両端に柱が建つタイプが主流です。

対して後方支持タイプと呼ばれるカーポートは、柱がカーポートの後方部分に建つため開放感があり、デザイン性と利便性を兼ね備えた商品となっております。


他にも、カーポートの柱に機能門柱やスクリーンを取付けることで敷地全体に一体感を与えたり、梁延長を行うことで敷地のデザイン性を豊かにすることができます。

長年使用するからこそ、住宅の景観に合ったデザインからお選びすることをオススメします。



耐積雪性能、耐風圧性能で選ぶ


耐積雪性能

カーポートが一番影響を受けるもの、それは環境です。

外で使用するため、お住いの地域の環境を考慮する必要がございます。


例えば、積雪量が多い地域にカーポートを建てる場合は、カーポートの耐積雪性能に注意をしなければなりません。

一般的なカーポートの積雪性能は20㎝仕様となっているため、多雪地域では不足する可能があります。


また、強風にさらされる地域では耐風性能に気を配る必要がございます。

このようにカーポートを建てる地域の環境を考慮しなければ、せっかく建てたのに倒壊してしまったという大惨事にも繋がります。


カーポート3台用では、強度に優れた商品が数多く存在します。

カーポートを検討する際には、お住いの地域の環境も考慮してみてください。




軽自動車
タント、ワゴンR、N-BOX、ミラ、ムーヴ、ハスラー、ジムニー、ラパン、デイズ、スペーシアなど…

コンパクトカー
ヴィッツ、パッソ、ノート、マーチ、キューブ、ソリオ、スイフト、ブーン、デミオなど…

セダン
プリウス、カローラ、クラウン、シルフィ、スカイライン、アコードなど…

ワゴン・SUV
ハリアー、ヤリスクロス、エクストレイル、CR-V、ヴェゼル、CX-5など…

ミニバン
エスクァイア、ヴォクシー、ヴェルファイア、ノア、アルファード、シエンタ、エルグランド、セレナ、ステップワゴン、フリード、デリカなど…


車の大きさの目安




・カーポート3台用の間口について


・カーポート3台用の奥行について


・カーポート3台用の高さについて


・高さを選ぶ時に気を付けるべき2つの注意点



カーポート3台用の間口について


カーポート3台用の間口

一般的なカーポート3台用の間口は約7,200mm、7,000mm、8,000mm程となっています。


一般的な乗用車の車幅は約1.7m~1.8mとなっているため、小さい間口サイズでも3台分の車を覆うことは可能です。

しかし間口が小さいと、車を3台並べて停めた際に、ドアの開閉が不便になる可能性があります。

また車を停める際にも、他の車とカーポートの柱の間に車を入れるわけですから、接触するリスクが高まってしまいます。


そのため敷地に余裕があるときは、大きいサイズの間口をお選び頂くことをオススメします。

横に連棟するタイプの3台用カーポートであれば、カーポート下に柱が建つというデメリットはございますが、間口サイズが約9,000mmまで用意されているため、より大きい間口サイズをご希望の方は検討してみてはいかがでしょうか。



カーポート3台用の奥行について


カーポート3台用の奥行

一般的なカーポート3台用の間口は約5,100mm、5,400mm、5,700mm程となっています。


一般的な中型車の車体全長が約4.1m~5mとなっているので、お持ちの車の大きさに合わせた奥行をお選び頂けます。


奥行を選ぶ際は、車のサイズだけではなく、トランクを開けた時の全長も考慮する必要があります。

目安として、奥行5,100mmであれば中型乗用車が納まり、奥行5,400mmであればトランクの出し入れの際でも濡れることはございません。

奥行5,700mmになると車の後ろに自転車を停めたり、替えのタイヤを置くことができるため、スペースを有効活用しながら使用することが出来ます。


またスチール折板カーポートの場合は、最大奥行きが6,000mmとなるため、さらにゆとりの持った奥行を確保することができます。

間口と一緒で、ゆとりの持ったサイズ選びをオススメします。



カーポート3台用の高さについて


カーポート3台用の高さ

カーポート3台用の高さは標準柱、ロング柱、ハイロング柱の3種類に分けられます。

(メーカーによって呼称が異なる場合がございます。)


標準柱は約1,800mm~2,000mm、ロング柱は約2,300mm~2,500mm、ハイロング柱は約2,800mm~3,000mmの有効高となります。


有効高とは、カーポートの使用可能な高さの中で一番低い部分の高さとなっており、一般的に地面から屋根下までの高さのことを指します。

車の高さに合わせてカーポートの高さを選ぶ必要があります。


車の高さの目安としては、軽自動車が約1.4m、一般的な乗用車が約1.6m、大型車が約2.0mとなっております。

また見落としがちですが、住宅に合わせて高さを考慮をするのも大切です。


例えばカーポートの屋根先が住宅の窓に重なってしまい、陰になってしまったり、玄関が駐車場よりも高い位置にある場合は、玄関から出た瞬間、目の前にカーポートの屋根先がきてしまい圧迫感を感じてしまうなど。

日常生活に支障が出ないかを、しっかりと確認してみてください。



高さを選ぶ時に気を付けるべき2つの注意点


高さを選ぶ際に、気を付けて欲しい注意点は「過不足な高さ」と「勾配」です。


「過不足な高さ」

車高に合わせて高さを選ぶ際に、必要以上の高さを選ぶのは注意が必要です。

なぜならカーポートを必要以上に高くしてしまうと、横からの雨の吹込みにより車が濡れてしまう可能が考えられます。


一般的に車高からプラス30㎝~50㎝程度が適切な高さだといわれています。

間口も奥行も大きいことに越したことはありませんが、高さにつきましては高すぎると不便になってしまいます。


高さが不足してしまうのも注意が必要です。

例えば、車にルーフキャリアを取付けられる方はその分高さを考慮しなければいけません。

特に季節によってルーフキャリアを脱着する方は、高さの考慮を忘れないようにご注意ください。


また、来客や遠方に住んでいるご家族が使用する際にも注意が必要となります。

高さが不足した場合、思わぬ事故に繋がってしまいます。


カーポートの購入を検討の際には、駐車予定の車を全て書き出してみると見落としが大きく減ります。


「勾配」

実は危険な落とし穴となるのが、勾配です。


勾配がついた場所にカーポートを建てる際、屋根は地面に対して平行には建ちません。

そのため、柱の前後で埋め込みの差が生じます。


簡単に言ってしまえば、カーポートの前と後ろで有効高が変わってしまうのです。

その結果、カーポートに車を入れる際に後方部分が尻上がりとなってしまい、カーポート屋根に当たってしまう可能性があります。

車と勾配


特に駐車場には雨水を排水するため、水勾配と呼ばれる勾配がついています。

(一般的な駐車場の水勾配は約2%~3%程と言われています。)


また、敷地によっては勾配差が大きくついている場合もあるため、カーポートをご検討の際は、敷地の状況を再度ご確認頂くことをオススメします。




・屋根の種類はポリカーボネート材、スチール折板の2種類


・屋根の形状はアール型とフラット型の2種類


屋根材/性能 ポリカーボネート材 スチール折板
価格
安価


高価
採光性
高い


低い
耐風・耐積雪性能
一般的な強度


高い強度
デザイン
バリエーション豊富


重厚的なデザイン


屋根の種類はポリカーボネート材、スチール折板の2種類


ポリカーボネート材


ポリカーボネート材


カーポートの屋根材として主流な材質です。

衝撃に強く、紫外線もほぼ100%カットするため、カーポート下の車もしっかりと守ります。

遮熱に優れている熱線遮断ポリカや、防火性の高いFRP板などバリエーションのご用意もございます。


また採光性に優れているため、テラスの代用としてもオススメです。



スチール折板


スチール折板


耐風・耐積雪性能に優れているのが特徴です。

積雪地域では主力商品として選ばれているため、強度が高い商品をお探しの方にはオススメです。


屋根材自体が重いため、強風で屋根が飛ばされる心配もございません。

日光を完全に遮るため、カーポート下の車内の気温上昇を抑えられます。



屋根の形状はアール型とフラット型の2種類


カーポート3台用の屋根には、曲線を帯びたアール型と、真っ直ぐなフラット型の2種類が存在します。


カーポート3台用を検討する上で、迷いがちな部分かと思われます。

結論から言うと、住宅の雰囲気や形状に合わせてお選びすることをオススメします。


例えば、住宅が丸みを帯びた形状になっていたり、洋風スタイルな雰囲気があるのであれば、アーチ状のアール型屋根を検討するのも良いでしょう。

対して、スタイリッシュさや鋭利な面影のあるモダンスタイルな住宅であれば、同じく鋭利な面影のあるフラット型のカーポートを検討頂くなど、住宅の形状やスタイル、カーポートを建てる場所の雰囲気に合わせて考えてみると、調和が取れるでしょう。





一般的なカーポート スチール折板タイプ積雪地域向けカーポート
耐積雪性能
積雪20㎝相当


積雪30㎝、積雪50㎝、積雪100㎝、積雪150㎝、積雪200㎝

積雪30㎝、積雪50㎝、積雪100㎝
耐風圧性能
38m/秒相当


46m/秒相当

38m/秒相当、42m/秒相当、46m/秒相当
利点
安価


屋根自体が重いため、屋根 が飛ばされにくい

耐積雪性能を上げながら、採光性も確保できる
注意点
積雪地域、強風地域では強度に不足がある


採光性がない

母屋や垂木などの骨組みが多いため、採光性が低い

一般的なカーポート3台用の耐積雪性能は積雪20㎝相当、耐風圧性能は38m/秒相当となっております。


カーポートには耐積雪性能や耐風圧性能に特化した商品も数多く存在します。

まずは、お住いの地域の環境を調べてから、それに合ったカーポート性能を選ぶことが重要です。




ポイント

強度が不足すると倒壊の恐れがあります。

カーポートだけではなく、車や家財が傷つく恐れもあるため、性能選びは慎重にする必要があります。




注意点


・サイズで後悔しないために


・耐積雪性能、耐風圧性能で後悔しないために


・生活で後悔しないために



サイズで後悔しないために


カーポート選びで最も気を付けるべき点と言っても過言ではありません。


特にカーポート3台用の場合、間口が必要以上に小さすぎると車同士の接触や、車を停める際に柱と車をぶつけてしまう危険が考えられます。

車を2台以上停めてご使用する際は、車のドアの開閉まで考慮して、間口サイズを選ぶ必要があります。


間口や奥行を選ぶ際は敷地に余裕があるのであれば、最大限のサイズをお選びすることをオススメします。


サイズが思ったより小さいという後悔はよく聞きますが、サイズが思ったより大きいという後悔はあまり聞きません。

なぜならサイズが大きければカット工事が可能ですが、サイズが小さいと増築ができないからです。



耐積雪性能、耐風圧性能で後悔しないために


強度が不足したカーポートは倒壊の恐れに繋がります。

カーポートが倒壊してしまうと、車はもちろん家財や住宅、人的被害にも影響してしまう可能性がございます。

そうならないために、お住いの地域の環境を事前に調べる必要があります。


特にカーポートを建てる地域の積雪量、積雪頻度、強風・突風の発生頻度を調べると良いでしょう。

風が抜けやすい田園地域や、ビル風が発生しやすい高層建造物近くなども突風の恐れがあるので、注意が必要です。


もし、お住いの地域の環境の判断が付かない場合には、購入店などに聞くと良いでしょう。

購入店では、過去の販売商品の情報が蓄積されている場合が多いため、その地域ではどんな性能のカーポートが重宝されているかを知ることができます。



生活で後悔しないために


見落としがちなのがこの後悔です。


カーポートの設置位置を考える際は柱位置だけではなく、屋根先が希望の場所に来るかどうかも考える必要があります。


意外と知られていませんが、カーポートの屋根先と住宅との間にはすき間を設ける必要がございます。

なぜなら風の影響を受けて揺れたカーポートが住宅と接触し、住宅に傷をつけてしまう恐れがあるからです。

最低8㎝はすき間が必要となります、これは壁に打ち付けをしない独立テラスと同じすき間となっております。


ただし、カーポートはテラスより大きなサイズであるため、できればもう少しすき間を空けるとより安心してお使い頂けるかと思います。

具体的には約30㎝くらい空けるのが理想的です。


これらを見落とした結果、カーポートと住宅との接触が発生したり、必要以上にすき間を空けてしまい雨が降り込んでしまったりなどの問題が生じてしまいます。

また、カーポートの屋根先がリビング窓と重なってしまい、室内の日当たりが悪くなってしまう問題も考えられます。


こうした後悔は、事前確認を行うことで無くすことが可能です。

屋根先と住宅とのすき間の推奨サイズや、屋根先の位置などは、敷地条件で変動するため、中々個人で調べることが困難です。


そういうときは、現地調査を実施してみたり、プロの意見を求めることをオススメします。




3台用カーポート

お持ちの車が2台以下の場合でも、カーポート3台用を設置するメリットは以下のように多数ございます。


・車と一緒に、自転車やバイクを停めることができる


・物干しセットを設置すれば、テラス屋根として使用できる


・広々スペースで雨の日でも、バーベキューやアウトドア趣味を堪能できる


・来客用や、離れて住むご家族のための駐車スペースにできる


・将来お車を増やしても対応ができる


上記のように車を2台以下しか所有していなくても、カーポート3台用を設置するメリットは数多くございます。

せっかくのゆとりあるスペースを、有効的に活用できるようにカーポート3台用をお選びしてみてはいかがでしょうか。


もちろん車を3台所持している方でも、カーポート4台用をお選び頂くことで、同じく恩恵を受けることが可能です。




YKKAP



YKKAPの強みはシンプルなデザインとお値打ちな価格











LIXIL
LIXILの強みは圧倒的なシェア率と豊富なバリエーション











三協アルミ
三協アルミの強みは優れたデザイン











四国化成
四国化成の強みはデザイン性と利便性の共生








カーポート工事


一般的なカーポート3台用の工事期間は約2日~3日


一般的なカーポート3台用であれば、約2~3日程で完成します。


工事期間中は駐車場に車を停めることが出来ないため、注意が必要です。



一般的なカーポート3台用の工事に必要な人数は約2人


一般的なカーポート3台用の場合、部材が大きく一人では運べない場合が多いので、2人体制になることが多いです。

現場の状況により、補助が入る場合がございます。

{{p200295}} {{p200338}} {{p200466}} {{p200373}} {{p200078}}

カーポート・サイクルポートの施工事例(最新10件)

・・・・・・

construction


カーポート・サイクルポート知ろう!

お役立ちコラム

・・・・・・

カーポート・サイクルポートのお悩みを解決!

スタッフブログ

・・・・・・

よくあるご質問

・・・・・・

基本的にはご自宅のアルミ商品(窓のサッシ周りやフェンスなど)と同系統の色をお選びいただくと、トータルコーディネートができるためおすすめしております。同系統の色がない場合にはステンカラーというアルミ素材そのままのカラーが癖がなくおススメです。

サイドパネルというオプションがございますので、そちらをご検討いただくことをおすすめしています。またカーポートの設置部分に目隠しタイプのフェンスを設置するという方法もございます。現地の状況やご希望のイメージに併せてお選びください。

現地の状況にもよりますが、屋根の傾斜が逆向きになっている商品がございます。通常の屋根傾斜のカーポートですとそのようになってしまう可能性がございますので、現地調査の際にご相談いただけますと幸いです。

積雪地・寒冷地の場合ですと、気温が氷点下になった時に地面の中の水分が凍ってしまい、地面を押し上げて盛り上げてしまう「凍上」という現象が起こる可能性がございます。現場をご確認させていただき、そのような現象が起こりえる場合には事前にお伝えをさせていただいております。また雪の量によって積雪地用のカーポートをお選びいただく必要もございます。その点も併せてご確認をいただけますと幸いです。

柱を設置する場所がコンクリートやアスファルトであったり、ブロック塀の基礎が埋まっている場合に、該当場所に穴をあける工事となります。現地が土の場合は多くの場合不要ですが、ブロック塀の基礎が埋まっている場合にはお見積もりに含んでのご案内となります。

2台用などの両側から屋根を支えるタイプの場合は、土のままでも工事自体は可能です。しかしながら片持ち屋根の1台用タイプですと下地の土の状況によってはカーポートが傾く恐れもありますので、標準工事よりも大きな基礎をおすすめしております。




お問い合わせ

商品や施工、無料現地調査に関するご相談やお問い合わせはこちらからお気軽にご相談ください。

ご不明な点はございませんか?


\ さらに安くなるかも!? /


無料現地調査・見積はこちら