絞り込み検索

商品 を探す

施工事例13150件

初めての方へ 初めて の方へ

エクステリア アドバイザー

豊富な知識をもとにお客様の後悔のないエクステリア選びをお手伝いするキロのスタッフです。
折本 折本
山内 山内
西尾 西尾
飯村 飯村
富田 富田
酒井 酒井
栗田 栗田
宮崎 宮崎
太田 太田
鈴木 鈴木
坂井 坂井
山村 山村

三重県の人気カーポートランキング

三重県の施工事例(最新10件)

・・・・・・

construction


三重県の年間気候情報
年間積雪量

6

cm

年間雪日数

26.5

出典: 気象庁ホームページ

日本のほぼ真ん中の太平洋側に位置する三重県は、紀伊半島の東部に沿って南北約170km、東西約80kmと、縦に長く伸びています。


三重県の気候は、全体としては温暖ですが、平野部・山間部・盆地部によって異なります。北には山脈が連なり、冬は雪がよく降ります。 伊賀の盆地部は、冬は寒く、夏は暑くなるのが特徴です。 夏の暑い日には40℃近くまで気温が上がることもあります。


カーポートをお選びの際は、熱線遮断ポリカーボネートの屋根を選ぶとよいでしょう。

三重県カーポート設置する際の建築確認申請

1.建築課計画指導係に問い合わせる

三重県で建築確認申請を行う場合、まずは三重県 県土整備部 建築開発課に問い合わせを行います。


三重県 県土整備部 建築開発課

059-224-2752


2.建築確認申請に必要な書類を用意する

建築確認申請に必要な申請書を準備します。


様式は次のリンクから取得できます。


様式ダウンロード:三重県|建築基準:建築基準法関係手続


その他、各自治体によって追加で必要な書類がある場合があります。

詳しくは各自治体HPでご確認下さい。


3.建築確認申請の流れ(津市の場合)

建築確認申請の流れ

三重県カーポート施工方法
三重県のカーポート施工についてのご説明。カーポートの施工はまず、はじめに「穴掘り」柱を埋め込むための穴を掘ります。専用の道具を使い深く掘っていきます。通常550mm程度 その後アルミの柱から立てていき骨組みをして屋根を貼っていきます。非常に大きなものですが、素材がアルミでできている為、意外とかるいです。その為工事は、一人で行います。2台用でも一人で行います。ただしよくある質問で素人でもできますか?というご質問に関しては「できません」とはっきりとお答えします。非常に大きな設置物でまた非常に大きく風の影響を受ける構造物である為、非常に危険です。やめてください。話を戻して最後にモルタルを流し込み基礎を作って完成です。カーポート1台用なら一人の職人さんで1日程度、2台用なら一人の職人さんで1から2日程度となります。当日の雨や雪での施工中止はありますが、施工日当日に現地スタッフの判断で施工の不可を判断させていただきます。台風などが接近した場合は、進路を見極めて施工当日に中止させていただくことがございますのでご了承ください。
三重県カーポート解体・補修・廃棄物処分ルール

方法①許可業者に収集運搬・処分を委託する

産業廃棄物処理業(収集運搬業および処分業)の許可業者と書面で契約してください。廃棄物の種類に応じて適切に業者を選びましょう。


廃棄物を引き渡すときには産業廃棄物管理票(マニフェスト)を交付し、契約どおりに処理が行われるかを確認してください。


業者の探し方

三重県内全域で産業廃棄物処理業の許可業者を探すなら

「三重県産業廃棄物処理業許可業者名簿」で検索


業者の問合せ・マニフェストの購入

一般社団法人 三重県産業廃棄物協会

三重県四日市市鵜の森1-2-19 マルキビル5階

電話:059-351-8488 fax:059-353-7470

https://www.mie-sanpai.or.jp/index.html


方法②自分で施設へ持ち込む

処分を他者に依頼するときは、廃棄物の種類に応じて産業廃棄物処理業(処分業)の許可業者と書面で契約してください。


産業廃棄物を自ら運搬・処分をする場合は、許可業者と同様の処理基準に従う必要があります。運搬する場合の基準もあります。


津市内に事業場のある津市優良基準適合産業廃棄物処理業者(一例)

一般財団法人三重県環境保全事業団

津市河芸町上野3258番地

電話:059-245-7505


個人で産業廃棄物の搬入や処理を行うのはたいへん労力がかかるため、資格を持った業者に依頼することも検討しましょう。

三重県の対応エリア
三重県
対応エリア内であっても一部地域除外地区がございますのでご了承ください。
※一部ご対応できない商品がございますのでご注意ください。

三重県の皆さま。キロ カーポート専門店にご来訪いただきまして、誠にありがとうございます。

鈴鹿サーキットなどの近代施設と伊勢神宮や熊野古道など古き良き伝統あるものが共存している三重県。

そんな三重県民のみなさまにご好評のカーポートをご紹介いたします。

三重県で現地調査を申し込む

カーポート・サイクルポート知ろう!

お役立ちコラム

・・・・・・

カーポート・サイクルポートのお悩みを解決!

スタッフブログ

・・・・・・

よくあるご質問

・・・・・・

基本的にはご自宅のアルミ商品(窓のサッシ周りやフェンスなど)と同系統の色をお選びいただくと、トータルコーディネートができるためおすすめしております。同系統の色がない場合にはステンカラーというアルミ素材そのままのカラーが癖がなくおススメです。

サイドパネルというオプションがございますので、そちらをご検討いただくことをおすすめしています。またカーポートの設置部分に目隠しタイプのフェンスを設置するという方法もございます。現地の状況やご希望のイメージに併せてお選びください。

現地の状況にもよりますが、屋根の傾斜が逆向きになっている商品がございます。通常の屋根傾斜のカーポートですとそのようになってしまう可能性がございますので、現地調査の際にご相談いただけますと幸いです。

積雪地・寒冷地の場合ですと、気温が氷点下になった時に地面の中の水分が凍ってしまい、地面を押し上げて盛り上げてしまう「凍上」という現象が起こる可能性がございます。現場をご確認させていただき、そのような現象が起こりえる場合には事前にお伝えをさせていただいております。また雪の量によって積雪地用のカーポートをお選びいただく必要もございます。その点も併せてご確認をいただけますと幸いです。

柱を設置する場所がコンクリートやアスファルトであったり、ブロック塀の基礎が埋まっている場合に、該当場所に穴をあける工事となります。現地が土の場合は多くの場合不要ですが、ブロック塀の基礎が埋まっている場合にはお見積もりに含んでのご案内となります。

2台用などの両側から屋根を支えるタイプの場合は、土のままでも工事自体は可能です。しかしながら片持ち屋根の1台用タイプですと下地の土の状況によってはカーポートが傾く恐れもありますので、標準工事よりも大きな基礎をおすすめしております。

カーポート・サイクルポートの取り扱いメーカー

・・・・・・





お問い合わせ

商品や施工、無料現地調査に関するご相談やお問い合わせはこちらからお気軽にご相談ください。

ご不明な点はございませんか?


\ さらに安くなるかも!? /


無料現地調査・見積はこちら