絞り込み検索

商品 を探す

施工事例12746件

初めての方へ 初めて の方へ

エクステリア アドバイザー

豊富な知識をもとにお客様の後悔のないエクステリア選びをお手伝いするキロのスタッフです。
折本 折本
山内 山内
西尾 西尾
飯村 飯村
富田 富田
酒井 酒井
栗田 栗田
宮崎 宮崎
太田 太田
鈴木 鈴木
坂井 坂井
山村 山村

商品名 YKKAP ジーポート Pro 1500タイプ(耐積雪50cm) 2台用 単体納まり 柱4本
サイズ 奥行:5450mm×幅:5504mm 有効高:2500mm
本体カラー プラチナステン
屋根カラー シルバー(素地)
お客様の声 お客様の声
当店を選ばれた理由
価格が安く施工事例や、お客様の声を拝見し安心して依頼できると思えたことと現地調査に訪れた方の人柄が良かったこと

ご利用いただいた率直な感想
希望通りに対応していただきイメージしていた以上のカーポートができて大変満足してます。頼んで本当によかったと思ってます。
当サイトからのコメント 当サイトからのコメント
このたびは当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
価格だけでなく、現地施工スタッフの対応にもご満足いただけて感謝しております。また、出来上がったカーポートに関しましても、お客様にかなりご満足いただけたようで安心しております。
次の機会がございましたらお気軽にご連絡くださいますようお願い申し上げます。
この施工事例の商品はこちら

YKKAP  ジーポート Pro 1500タイプ(耐積雪50cm) 2台用 単体納まり 柱4本

  • 2台用
  • 両側支持
  • 耐積雪50cm
  • 耐風圧46m/秒
  • セッパン屋根
期間限定価格  
50%
OFF
メーカー希望小売価格 ¥645,480(税込) 標準工事費込 税込 ¥428,000 円~
総額料金に含まれるもの
  • 現地調査
  • 商品本体 カーポート
  • 標準工事費
  • 梱包・残材処分
  • 商品・工事説明
  • 10年保証
  • 消費税
商品カラー:
商品サイズ:
4,904mm / 5,504mm / 6,104mm
奥行 5,450mm / 5,960mm
高さ 2,355mm / 2,500mm / 3,000mm
商品カラー:

YKKAP  ジーポート Pro 1500タイプ(耐積雪50cm) 2台用 単体納まり 柱4本

強さと美しさを兼ね備えた、積雪50cm対応のスチール折板カーポート

YKKAPの人気スチール折板カーポートであるジーポートneoとレオンポートneoが統合され、「ジーポート Pro」としてフルリニューアル。細部までシンプル&フラットを追求した形状と幅広いオプションで更に洗練されたデザインは、様々な住宅とのトータルデザインを可能にしています。1500タイプでは、耐積雪50cm相当の強度を実現。こちらは基本の並列2台用タイプです。


  • 2台用
  • 両側支持
  • 耐積雪50cm
  • 耐風圧46m/秒
  • セッパン屋根
50%
OFF
期間限定価格   メーカー希望小売価格 ¥645,480(税込) 標準工事費込 税込 ¥428,000 円~
総額料金に含まれるもの
  • 現地調査
  • 商品本体 カーポート
  • 標準工事費
  • 梱包・残材処分
  • 商品・工事説明
  • 10年保証
  • 消費税



カーポート知ろう!

お役立ちコラム

・・・・・・

カーポートのお悩みを解決!

スタッフブログ

・・・・・・

よくあるご質問

・・・・・・

基本的にはご自宅のアルミ商品(窓のサッシ周りやフェンスなど)と同系統の色をお選びいただくと、トータルコーディネートができるためおすすめしております。同系統の色がない場合にはステンカラーというアルミ素材そのままのカラーが癖がなくおススメです。

サイドパネルというオプションがございますので、そちらをご検討いただくことをおすすめしています。またカーポートの設置部分に目隠しタイプのフェンスを設置するという方法もございます。現地の状況やご希望のイメージに併せてお選びください。

現地の状況にもよりますが、屋根の傾斜が逆向きになっている商品がございます。通常の屋根傾斜のカーポートですとそのようになってしまう可能性がございますので、現地調査の際にご相談いただけますと幸いです。

積雪地・寒冷地の場合ですと、気温が氷点下になった時に地面の中の水分が凍ってしまい、地面を押し上げて盛り上げてしまう「凍上」という現象が起こる可能性がございます。現場をご確認させていただき、そのような現象が起こりえる場合には事前にお伝えをさせていただいております。また雪の量によって積雪地用のカーポートをお選びいただく必要もございます。その点も併せてご確認をいただけますと幸いです。

柱を設置する場所がコンクリートやアスファルトであったり、ブロック塀の基礎が埋まっている場合に、該当場所に穴をあける工事となります。現地が土の場合は多くの場合不要ですが、ブロック塀の基礎が埋まっている場合にはお見積もりに含んでのご案内となります。

2台用などの両側から屋根を支えるタイプの場合は、土のままでも工事自体は可能です。しかしながら片持ち屋根の1台用タイプですと下地の土の状況によってはカーポートが傾く恐れもありますので、標準工事よりも大きな基礎をおすすめしております。

カーポートの取り扱いメーカー

・・・・・・





お問い合わせ

商品や施工、無料現地調査に関するご相談やお問い合わせはこちらからお気軽にご相談ください。

ご不明な点はございませんか?


\ さらに安くなるかも!? /


無料現地調査・見積はこちら