初心者必見!カーポートってどんなサイズがあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約6分46秒です。

カーポートと一口に言ってもかなりの種類とサイズがあり、実際に選ぶとなるとどれを選んでいいのかわからなくなってしまいますよね。

今回メーカーや機種の話は置いておくとして、「サイズ」に関しての選び方からどんな「サイズ」があるかのご説明をさせて頂きます。

 

サイズってそもそもどこのこと?

サイズと一口に言ってもどこのことをいうのかわかりにくいですよね。

 

カーポートの「サイズ」といっても何のこと?どこのこと?とわからない方に先にご説明をいたします。

現在カーポートを取り扱っているどのメーカーにも「間口」と「奥行」と「高さ」という大きく分けて3つのサイズ基準があります。この3つによって全体のサイズが決まっていきます。

【間口】

「間口」というのは多くの場合カーポートのこの部分を表します。

ここを入口部分にして車を入れていくことが多いので、車の幅以上の長さが必要になってきますね。

1台用や2台用といった台数によって一番大きく変動する場所です。

 

【奥行】

「奥行」というのは簡単に言えば「長さ」といったところでしょうか。

カーポート全体の長さを表しており、車の長さよりも長いものが基本となっています。

縦列駐車などをする際にはこの奥行が重要になってきますね。

 

【高さ】

この「高さ」というのが一番わかりにくいものになります。

というのも「高さ」に関してはまずどこの高さをいうのかわかりにくいからですね。

基本的に私たちが言う「高さ」とはここのことを言います。

カーポートの中でも車に接触する可能性が一番高い部分の高さが基準となります。

あくまで基準というだけの話ですので、設置する場所によってかなり左右されてきます。

例えば傾斜地。

こちらにカーポートを建てるとなると、柱を十分に埋め込んで強度を出すためには設置場所の中でも一番高さが低い場所を基準にしないといけません。

そうなると傾斜が上がっていくここに奥の柱が設置されるので、最終的な高さというのはかなり下がってしまいますね。

 

お車のサイズがわからない方は・・・

ちなみにご自身の乗っている車のサイズがわからない方。

車検証をご覧ください。おそらく記載されていると思います。

一般的にはかなり大型のものでも車幅1.8m、長さ5m、高さ2mくらいですかね。

もちろん屋根にキャリアーが乗っていたりすると高さはもっと高くなりますので注意が必要です。

 

1台用カーポートのサイズとは?

YKKAP アリュース 600タイプ 基本セット

YKKAP アリュース 600タイプ 基本セット

カーポートは基本的にどんな種類も1台用と言われるものがあります。

これは車を1台駐車するのに十分なスペースをおおうことのできるものになります。

 

【間口】

1台用の場合の間口は約2400㎜を最小のサイズとするものが多いですね。

これはある程度どんな車でも屋根の中に納まるくらいのサイズだからです。

軽自動車などはだいたい1.5mほどの幅ですのでこれで十分ではないかと思います。

それ以外に約2700㎜、約3000㎜というのがメジャーですかね。

これくらいのサイズになってくると、大きな車をとめても、車から乗り降りする際の雨の降り込みを防ぐことが出来ます。

このメジャーなタイプの他に最近増えてきたのが約2500㎜の間口のものもあります。

最近の車の事情に合わせてのサイズ設定なのではないでしょうか。

敷地に余裕があるという前提であれば約2700㎜の間口がオススメですね。

 

【奥行】

奥行に関しては約5000㎜のものが多いですね。

それ以上の長さですと約5500㎜や5700㎜のものもあります。

こちらも基本的には5m~5.5m位の奥行があれば十分ではないでしょうか。

駐車場も奥行に関してはこれくらいの長さで造成されているところも多いですしね。

 

高さ】

車高の高い車が人気の昨今ですので、やはりそれに合わせたサイズ設定がなされています。

多くのメーカーの設定では標準柱、ロング柱、ハイロング柱(メーカーによって呼称が違います)の3種類ですね。

標準柱で1800㎜~2000㎜ほど、ロング柱で2300㎜ほど、ハイロング柱で2800㎜~3000㎜ほどの高さが出ます。

 

1台用のカーポート一覧はこちら>>

 

1.5台用カーポートのサイズとは?

1.5台用というと聞きなれないでしょうし、その0.5はなんなんだ?と疑問に思われる方、最もでございます。

この0.5というのは多くの場合自転車スペースや作業スペースに使われる空間になります。

そのため1台用のカーポートの奥行側が長くなっており、後方にスペースが増設されているような寸法になっています。

これによって自転車も雨から守ることができるようになります。

YKKAP アリュース 600タイプ (基本+ハーフ)セット

YKKAP アリュース 600タイプ (基本+ハーフ)セット

【間口】

1台用のカーポートと同じサイズのものが多いですね。

 

【奥行】

1台用に比べて奥行が少し長いのが特長です。

メーカーや機種によりますが、約1400㎜長くなります。

それだけあれば自転車が2台ほどは十分止めることができますね。

 

【高さ】

高さの設定も1台用と変化はありません。

ただ少し奥行が長くなる分、駐車場の勾配との関係で少し高いものを選ばないといけない可能性もあります。

 

 

2台用カーポートのサイズとは?

2台用と一口にいっても車を2台駐車する方法は様々です。

その中でも一般的な「並列駐車」と「縦列駐車」におけるカーポートのサイズについてお話しします。

まず「並列駐車」の場合ですが、真ん中で1台用のカーポート同士をつなげて2台用になる合掌タイプと梁が一本になっているタイプの2通りがあります。

一本梁のタイプは現場にサイズを合わせるカット工事が難しいため、サイズを調整する場合には合掌タイプがいいのではないでしょうか?

YKKAP エフルージュツイン FIRST

YKKAP エフルージュツイン FIRST

並列駐車の場合

【間口】

間口はやはり2台駐車するのに必要な最低限の広さである約4800㎜くらいからスタートすることが多いですね。

これは1台用のカーポートが2400㎜からスタートしているので単純にそれを倍にした数字というわけです。

なので先ほどの1台用であった2700㎜を倍にした5400㎜のもの、3000㎜を倍にした6000㎜のものの3サイズがメジャーですね。

この中であれば5400㎜ほどあれば十分ではないでしょうか。

4800㎜では2台とも車のドアを開けようとするとおそらく接触してしまうでしょうからね。

 

【奥行】

並列駐車用の2台用であれば奥行のサイズ設定は変わりません。

やはりこちらも約5000㎜ほどのものが多く売れています。

 

【高さ】

高さの設定も1台用と変化はありませんね。

 

 

縦列駐車の場合

この場合は手前と奥にカーポートを設置して連結するといった感じですね。

YKKAP アリュース 600タイプ たて(2)連棟セット

YKKAP アリュース 600タイプ たて(2)連棟セット

【間口】

間口に関しては1台用と同じですね。

 

【奥行】

縦列の2台用だと奥行が1台用の2倍の長さになります。

1台用は5mほどのものが人気なので2台用なら10mくらいでしょうか。

 

【高さ】

高さの設定も1台用と変化はありませんね。

しかしいざ設置するとなると1台用の時と同じ考えでは難しいです。

なぜなら駐車場の勾配という問題があるからです。

カーポートの屋根は駐車場に勾配があっても屋根の高さは前後で水平なので奥に行くにしたがって、高さは低くなってきます。

1台用なら5mほどの長さですが、2台用の10mとなると相当な距離です。

一般的な駐車場の勾配から計算しても、手前と奥でだいたい20㎝ほど高さに差が出てきます。

手前の高さのみで考えていると奥に車高が高い車をとめられなくなってしまうんですね。

 

2台用のカーポート一覧はこちら>>

 

3台用カーポートのサイズとは?

3台用ともなるとかなり大きなカーポートになりますね。

基本的に並列駐車に対応したものばかりが販売されています。

2台用の際にお話しした縦列駐車のカーポートでも3棟分連結すれば3台停車させることが出来ますが、そこまでの縦列駐車になるお家は少ないので、メインはこの並列駐車用の3台用カーポートです。

YKKAP エフルージュトリプル FIRST

YKKAP エフルージュトリプル FIRST

【間口】

3台用の間口は小さいものでも7200㎜。

単純に1台用の2400㎜×3といった寸法ですね。

大型の車が3台並んでとまることは少ないと思うので、ご家庭用であればこのサイズで十分ではないでしょうか。

【奥行】

奥行は1台用と同じように5mや5.7mのものがありますね。

【高さ】

高さに関しては一台用と変わらないんじゃないかと思われるかもしれませんが、3台なので梁の中でも一番高い場所が一台用や2台用よりも高くなるので、少し雨の振り込みや見栄えなどが変わってきますね。

サイズ設定としてはこれ以上の大きさが設定されているものもありますが、どのメーカーにもありポピュラーなカーポートだと3台用が一番大きいサイズになるのではないでしょうか。

3台用のカーポート一覧はこちら>>

 

4台用カーポートのサイズとは?

 

YKKAP レオンポートneo Smart(積雪30cm仕様) 横(2)並列セット 4台用 角柱

YKKAP レオンポートneo Smart(積雪30cm仕様) 横(2)並列セット 4台用 角柱

【間口】

4台用の間口は約110000mmからのスタートとなります。

4台もの車を並列駐車できるだけの敷地となると、非常におおきな駐車場となります。

既に車を4台所有している場合だけではなく、これから将来的に増える可能性がある場合、カーポートの下でプールなどをやりたいという場合にも有効です。

【奥行】

奥行は1台用や2台用と同様で5000mmからのスタートとなります。

最大は約6000mmほどとなっており、間口とあわせると家が建つんじゃないかという敷地になります。

 

【高さ】

 

高さに関しても4台用とはいっても通常のカーポートと同様のものとなっています。

 


まとめ

予算と用途及び目的から最適なカーポートを選んでいただければと思います。

また実際にはカーポートのフレームや屋根材はカットすることで現場の状況に合わせていきます。

そのため現場より少し大きいものをご注文いただいても施工自体は可能なんですが、小さいものや高さが低いものを頼まれるとそれを大きくすることはどうやってもできないので、特に注意が必要な「高さ」についてはしっかりとお考えになる必要があります。

ネットショップキロ カーポート専門店ではカーポートを工事も含めて特別価格で販売中。

概算見積りはサイト内で出来ますし、現地調査も無料となっています。

ご不明な点などありましたらエクステリアのプロがしっかりとご説明させて頂きますのでご安心ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーポートの工事付価格を簡単に知る方法とは

●LINEでお手軽簡単問合せ


キロの公式ライン開設しました!ブログの内容についてのご質問、カーポート設置の相場、なんでも結構です。LINEにてお気軽にご相談下さい。即日回答させていただきます!


LINEで問合せをする




●ダウンロード不要のカンタン!自動無料見積システム


たった3分で、工事付のカーポートの価格を知ることができる無料見積シミュレーションのご紹介です。面倒な作業は不要ですので、ぜひ一度お試しください。

カーポート自動WEB見積をスタートするカーポート自動WEB見積をスタートする



●見積価格を知る前に。施工事例でイメージを膨らませよう!!


カーポート施工事例集はこちらカーポートの施工事例集を確認する



●カーポートを検討されている方は、こんな商品にも興味を持っています。


テラス屋根ウッドデッキフェンス専門店テラス囲い



●カーポートの商品のみを購入して、DIYしたい方にはコチラがおすすめ!


全国無料配送始まりました。YKKAPカーポート特集全国宅配OK!YKKAPのカーポート特集


他のブログを見る