絞り込み検索

商品 を探す

施工事例12941件

初めての方へ 初めて の方へ

エクステリア アドバイザー

豊富な知識をもとにお客様の後悔のないエクステリア選びをお手伝いするキロのスタッフです。
折本 折本
山内 山内
西尾 西尾
飯村 飯村
富田 富田
酒井 酒井
栗田 栗田
宮崎 宮崎
太田 太田
鈴木 鈴木
坂井 坂井
山村 山村

1階用人気ランキング

条件から選ぶ

  • 29 商品
  • 絞り込み検索

    メーカー

    シリーズ

    価格帯






ウッドデッキの基礎知識



ウッドデッキ




メリット

・お庭をリビングの延長として憩いの場にできる


・ガーデニングや作業の場として活用できる



お庭をリビングの延長として憩いの場にできる


ウッドデッキをお庭に設置すると、リビングの窓からそのままデッキに出てくつろぎ空間とすることができます。
風にあたりながら読書をしたり、テーブルとガーデンチェアを置いてティータイムを楽しんだり、友人を招いてバーベキューをすることも可能です。
リビングがただ広くなるだけでなく、開放的なアウトドアリビングならではのリラックスタイムを満喫いただけます。



ガーデニングや作業の場として活用できる


ウッドデッキは屋外に設置してあるため、屋内のフローリングと異なり汚れても簡単に水洗いすることができます。
そのためただリビングの延長とするだけでなく、家の中ではできないような趣味を楽しむためのスペースにすることも可能です。
ガーデニングはもちろん、木屑や金屑の発生するようなDIY、大きな家具の組立といった作業場として重宝するでしょう。
また、小さなお子様が遊ぶためのビニールプールも水がはねることを気にせず使用することが可能です。




デメリット



・お庭のスペースを圧迫する


・お手入れが必要となる



お庭のスペースを圧迫する


ウッドデッキを設置すると、使用できるお庭の面積が小さくなってしまいます。
もし家庭菜園や子供の運動スペースとしてお庭を活用されている場合には、ウッドデッキが敷地を圧迫することでそれらが難しくなってしまう可能性もございます。
また、それまでお庭の中で直線的に移動できていたところもウッドデッキに上るか回り込むかして移動する必要が出てきますので、不便に感じられることがでてくるかもしれません。
ウッドデッキを検討する際には、敷地全体のバランスとの兼ね合いも考慮されるとよいでしょう。



お手入れが必要となる


ウッドデッキを設置すると、定期的なお手入れが必要となります。
特に天然木のウッドデッキの場合には、防腐処理や塗装を怠っているとどんどん木材が傷んできてしまいます。
人工木のウッドデッキであれば素材が腐食や虫害にあうことも無いため基本的にメンテナンスも不要ですが、やはり長く快適に使用していただくためにはこまめなお掃除が必要です。



1階用ウッドデッキの素材は、大きく分けて人工木と天然木の2つに分けられます。 それぞれ異なるメリットやデメリットがございますので、特徴をしっかり確認したうえでご検討されるとよいでしょう。



人工木


人工木

人工木(樹脂木)とは、木粉に樹脂を混ぜ合わせて作られた新しい素材です。 

後述の通り数多くのメリットがある優れた素材ということもあり、実は現在のウッドデッキ市場では、既に大半をこの人工木のウッドデッキが占めています。 

メーカーや商品によって使用する樹脂や配合比率は異なりますが、再生木を使用したり、木粉も間伐材などから作られるため、環境にも優しい素材となっています。



人工木のメリット


メンテナンスフリー

人工木の一番の強みとして、メンテナンスフリーが挙げられます。
天然木とは異なり腐食や虫害がほとんど発生しない素材のため、メンテナンス不要で維持コストがほとんどかからず長くお使いいただけます。
また、ひっかき傷に強く、ささくれも発生しないため、小さいお子様が怪我をするということもなく安全にお使いいただけます。



豊富な商品バリエーション

各メーカーからバリエーション豊かな商品がリリースされています。
シンプルでオーソドックスなデザインのものから、より天然木の質感を再現した木目調のもの、人工素材であることを活かしたタイル調のおしゃれなデザインのものまでございます。
さらにお庭からデッキの上り下りを楽にするステップや、ウッドデッキ上に設置するフェンスなど、より快適にお使いいただくためのオプション品も充実しています。



人工木のデメリット


デッキ表面が熱くなりやすい

人工木は樹脂を配合している関係上、天然木と比べて表面が熱くなりやすいものとなっています。 特に夏場の日差しが強い時などは素足では歩けないほどの熱を持ってしまいます。 そのためテラス屋根やシェードで日陰を作らない場合には、履き物を履いての利用が必須です。


木の風合いは天然木に敵わない

やはり木の質感という点ではどうしても天然木に劣る部分となってしまいます。
特に人工木デッキは大引きや束柱といった骨組み部分がアルミ材で作られているため、住宅の景観にマッチするデザインではあるものの、自然由来の風合いはその分薄れてしまいます。
とはいえ木目調のデザインや質感にこだわった商品も多くございますので、リアルな木質感を求められる方にもある程度ご満足いただけるのではないでしょうか。




天然木


天然木

その名の通り、自然由来の木そのものです。
中でもハードウッドとソフトウッドに分けられ、前者は耐久性が高く高価、後者は耐久性が低いが安価となっています。
近年は住宅用のウッドデッキとしては人工木にシェアを譲っているものの、古くから親しまれてきた歴史ある素材です。



天然木のメリット


美しい自然の風合い

天然木のウッドデッキは、その自然な風合いや木目が美しい特徴です。
天然の木材ならではの温かみと質感が、空間に自然な魅力を与えます。
様々な木材の種類や色合いから選ぶことができるため、デザインの幅も広がります。
また、樹脂木・人工木のウッドデッキは大量生産から木材の表面には均一さが出ますが、天然木は同じ素材でも個々の木によって成長パターンが異なるため、一つ一つの木材が独自の外観を持っており、個性的で自然な印象を与えてくれます。
長期間使用していくなかで、経年変化していき木材の色合いの変化や木目の際立ち、キズや風化により素材の深みが増していきます。
ウッドデッキとともに生活する中で、素材自体の見た目の変化も楽しめます。



木のぬくもりと熱伝導率の低さ

周囲の環境や素材の色などにもよりますが、天然木の表面温度は樹脂木・人工木のウッドデッキと比較して熱伝導率が低いため、夏の日差しの強い日でも表面温度が上昇しにくく、裸足で歩けるものもあります。
天然木材の熱伝導性が低い理由は、木材の構造が熱を伝えにくい性質をもつ繊維素材から成り立っており、また、木の細胞構造には多くの空隙があることで熱の伝導が阻害されるからです。
天然木は人の体温に近い温度をもつため、触れたときに冷たく感じにくく、温かみを感じます。
また、その木材の柔らかさや反発力により、心地よい歩行感も提供します。
裸足で歩くこともできるため、屋外でのくつろぎや遊びの場として最適です。



天然木のデメリット


メンテナンスが必要

天然木ウッドデッキの最大のデメリットともいえるのがこの点です。
自然由来である天然木は、使用していく中で虫害やカビ、変色、破損やささくれの発生にさらされることを避けれ通れません。
そのため定期的な防腐剤の注入や表面の塗装、サンドペーパーでのサンディングといったメンテナンスが欠かせないものとなります。
このメンテナンスが大変で、またその上で劣化を完全に防ぎきることはできないため、現在は管理に手間もかからず寿命が長い人工木デッキにニーズが移り変わっていきました。



コストが高く時期によっては材料が不足する

天然木ウッドデッキの価格は、人工木のウッドデッキと比較して高くなります。
理由としては、他のデッキ材と比較して天然木材の生産や加工に手間と時間がかかるためです。
施工に関しても、樹脂木・人工木ウッドデッキよりも素材の専門知識や技術が必要になるため施工費が高くなります。
また、ハードウッドなどは輸入品が多く、価格も納期も地域や時期などによって不安定です。
設置時期を決めている、予算に制約がある場合や大規模なデッキを検討する場合には、納期・金額を事前に調査しておく必要があります。




選び方のポイント



ウッドデッキ選びのポイント

・サイズで選ぶ


・価格で選ぶ


・用途で選ぶ



サイズで選ぶ


サイズで選ぶ

ウッドデッキはサイズを細かく設定でき、現場の形に合わせて施工したりと、自由度が高い商品となります。

また、ウッドデッキのサイズを決定する際には、まずどのような使い方をするかを考えるのがよいでしょう。

ウッドデッキのサイズは、一般的に、○間×尺といった尺貫法にて表されます。

間(けん)というのは、いわゆる間口、ウッドデッキの横幅のサイズのことです。
尺(しゃく)というのは、ウッドデッキの奥行サイズを示します。

1間は約1800mm、1尺は約300mmとなり、基本的には、そのスパンに沿ってウッドデッキのサイズが表されます。

例えば、2.5間×6尺であれば、間口4500mmと奥行1800mmといったサイズになります。

一般的には、ウッドデッキの最大サイズとして、メーカーカタログ上の規格サイズでは、間口は4間(2連棟)、奥行は12尺ほどになっておりますが、
ウッドデッキは間口・奥行ともに連結をしていくことが可能ですので、それ以上の規格外サイズも設置可能です。

次に、ウッドデッキの高さのサイズについてですが、基本的には、ウッドデッキを取り付ける躯体側に面するサッシの下端に合わせるのが一般的です。
建物の掃出し窓にできる限り段差を作らない高さと言い換えることができます。

高さはウッドデッキを支える束柱(つかばしら)を調整して位置決めします。
束柱のサイズ設定は、取り扱いメーカーによって異なりますが、一般的には、400mm~1000mm程度です。

なお、ウッドデッキの束柱を切り詰めることにより、調整可能なサイズ以下にすることも可能です。

あらかじめ、ウッドデッキを設置する場所を確認の上、適したサイズのウッドデッキを選択しましょう。



価格で選ぶ


価格で選ぶ

ご購入頂く上で、最も気になるのが価格です。

ウッドデッキ商品は、サイズやデザイン、機能性によって価格が大きく異なります。
そのため、ウッドデッキをお選び頂く際は、事前にご予算をお決め頂き、予算内の商品を候補に挙げて頂くと、商品が選びやすいです。
ウッドデッキの予算相場は以下の通りです。

スタンダードタイプ…約9万円~45万円
ハイグレードタイプ…約19万円~84万円
※1間4尺~3間10尺までのサイズの相場となります。


ウッドデッキはサイズとデザインによって価格が大きく変動するため、ご希望のウッドデッキが予算内に収まらないという場合は、ウッドデッキのサイズを見直したり、ハイグレードなデザインから、スタンダードなデザインへ変更するなど、予算からウッドデッキの仕様を決めることも一つの手段です。

ウッドデッキをお選び頂く際は、予算を明確にして、予算にあった商品をお選び頂くことを推奨します。



用途で選ぶ


用途で選ぶ

一概にウッドデッキを設置するといっても、その使い方は人それぞれです。
その用途に合わせて商品やサイズをお選びいただくのが後悔しないためのポイントです。
それぞれの用途に合わせたウッドデッキ選びのポイントをご紹介します。



使う魅力

・洗濯物を干すのに、わざわざ庭におりてスリッパを履き替えるのが面倒
・軒先を有効活用したい
・居間やキッチンと庭をつなげたい
・庭と宅内の固定差をなくしたい

このようなお悩みを持つ方には機能性を重視したウッドデッキ選びが必要となります。

こちらに該当するアイテムは、メンテナンスが少なく済む人工木、かつコストパフォーマンスに優れたものになります。
特にYKKAPのリウッドデッキ200は、滑りにくさが他メーカーと比べて優れています。 
これは素材の違いによるのですが、スリッパで転倒しにくくなるのでおススメです。 

 見た目などにコストをかけるのであれば、テラス屋根をつけて洗濯物干しをしやすくするなどした方がよいでしょう。 
また敷地に合わせてウッドデッキを加工すると費用がかかります。
 規定のサイズと形状に合わせることをお勧めします。 

 サイズとしては、1.5間~2.0間×4~6尺ぐらいが使い勝手としてよいです。


見る魅力

・庭が雑草だらけで手入れが大変
・放置したままの庭がもったいない
・既存のウッドデッキが老朽化している
・きれいなお庭を眺めたい
・四季や自然を感じられるお庭にしたい

このようなお悩みを持つ方にはデザイン性を重視したウッドデッキ選びが必要となります。

デッキ表面に木目調が施された商品を選ぶことで、機能性重視のデッキよりも値段は高くなりますが、見た目や自然との調和性がよくなります。

また、デッキフェンスやパーテーションを使うことで、よりデザイン性を高めることもできます。
ローボルトの演出照明を入れると、夜でも楽しめるようになるでしょう。

サイズとしては、掃出し窓よりも少し大きい方が見栄えがよくなります。2.0間以上×7尺以上の大きさをおススメします。



遊ぶ魅力

・ペットを遊ばせられる庭にしたい
・子供を遊ばせられる庭にしたい
・バーベキューや食事ができる庭にしたい
・庭でくつろげる空間が欲しい
・気軽にお庭に出たい

このようなお悩みを持つ方には快適性を重視したウッドデッキ選びが必要となります。

こちらに該当するアイテムは、熱を持ちにくい、掃除しやすいものとなります。
人工木デッキは特性上、熱を持ちやすいです。そのため素材から吟味する必要があります。

バーベキュー用のコンロやガーデンファニチャー、ガーデンシンク・立水栓、遮熱性の高い人工芝やウッドチップを採用するなど、トータルコーディネートもポイントです。
夜使うことや夏使うことを考えたオプションも用意しておくとよいでしょう。

サイズはお庭の形状によって変わるので一概には言えませんが、大きい方がよいでしょう。
2.0間以上×7尺以上の大きさをおススメします。



ウッドデッキには、より便利に、より快適にお使いいただくためのオプションが様々ございます。
オプションにはそれぞれもたらす効果や役割があります。
ここでは当店一番人気商品となっております、YKKAPの「リウッドデッキ200」のオプションを例に挙げご紹介します。



デッキフェンス


デッキフェンス

ウッドデッキを設置したのはいいが、いざ使おうと思ったときにお隣様や、道路からの目線が気になるという場合があります。
そんな時にはデッキフェンスを設置することをお勧めします。

デッキフェンスは高さや幅などをお選びいただくことができます。
種類も様々あり、「目隠しはしたいけど、圧迫感があるのもいや」というお声にも対応することが可能です。

目隠しだけではなく、お子様などの転倒防止や手すりのようにお使いいただけるものもあります。

どのようなものを選べばよいかわからない場合はぜひ当店までご相談ください。



ステップ


独立ステップ 階段ステップ 段床ステップ


ウッドデッキはリビングからの出入りをしやすくするために、窓サッシのすぐ下に高さを合わせて設置することが一般的です。
しかし、そうなると室内からの出入りはしやすいものの、屋外からの出入りが大変なものとなってしまいます。

階段の1段目の段差のことを「けあげ」と呼び、この部分が高いほど、体への負担が大きくなります。
「けあげ」の高さは20㎝以下が理想的と言われており、段差の数はあまり関係ありません。

それを超える高さの場合、小さなお子様やペットはもちろん、大人でも上り下りをするのにつらい高さとなります。

この問題を解決するのがステップです。
ウッドデッキのオプションのなかでも人気のアイテムで、1ヶ所取り付けるだけで利便性が向上します。


1つ目の画像は「独立式リウッドステップ2型」といい、ウッドデッキ床板の2枚分幅で設置できるステップです。
本体に直接つけているわけではなく、独立したものとなっております。

リウッドデッキ本体とまったく同じ素材を使用しているため設置しても違和感がなく、言わば小さなリウッドデッキです。


画像2つ目は「リウッドステップ5型」で、階段式のステップになっています。
こちらは踏板の枚数を増やしながら高さを合わせていくものとなります。


画像3つ目は段床(だんしょう)セットとなります。
こちらは見ていただいた通り、デザイン性に優れております。

取り付けることにより、上り下りができる範囲が広くなります。
また、ウッドデッキが大きく見え、より存在感を出すことができます。

段床セットは1段または2段からお選びいただくことができ、設置する場所も自由にお選びいただけます。


床下囲い


床下囲い

目的としてはまずはオシャレな雰囲気にしたい!というのが一番に来ますね。
デッキを支える束柱を隠したりすることができ、ウッドデッキ全体の統一感が増します。

また床下に動物が入ったりすることも防げます。
野良猫などが入ってすみかにされてしまうこともありません。

ただしこちらの床下囲いを使用する場合には、デッキ下にコンクリート打設や防草シートなどを施すことで雑草が生えないようにされることをオススメ致します。
デッキの隙間から入った日の光で雑草が伸びてきても、床下囲いをしているとデッキ下の除草ができなくなってしまうためです。




メンテナンス

定期的にカビ、汚れ、キズなどの予防、メンテナンスはしなければなりません。
それぞれのメンテナンス方法についてチェックしていきましょう。


塗装や防腐処理

天然木デッキは、定期的な塗装や防腐処理が必要です。
塗装には木材を保護し、色あせや劣化を防ぐ役割があります。防腐処理は、木材を虫害や腐食から守るために行います。
塗料や防腐剤は、木材の種類や気候条件に合わせて選びましょう。メーカーの指示や専門家のアドバイスを参考にすると良いでしょう。
また防水シーラント剤は、デッキの表面を保護し、水や汚れの浸透を防ぐ効果があります。


カビのメンテナンス

雨や水遊びのあとでそのまま放置していると、カビが発生します。
日頃から濡れたらすぐに拭き取るようにし、カビが発生したら次亜塩素酸系漂白剤を使って洗浄しましょう。
洗浄後も早く表面が乾くように乾拭きを忘れないようにしてください。

汚れのメンテナンス

汚れが残るとシミになってしまいます。
とくに油の汚れはシミになりやすいので注意してください。
汚れは中性用洗剤を使うと綺麗に拭き取れます。
シミになる前にさっと拭き取る習慣をつけるようにしましょう。


キズのメンテナンス

テーブルやイスを動かしてできたキズ、ペットが遊んだあとのひっかきキズなどは、メンテナンスで補修しましょう。
これらのキズは紙やすりで削ることで目立たなくすることが可能です。


カビ、キズ、汚れなどは放置するとウッドデッキの見た目や使い心地、耐久性にも影響を与えます。
キズや汚れを未然に防ぐのはもちろん、ついてしまった汚れ、キズ、水濡れなどはこまめにメンテナンスしましょう。
綺麗に維持することで、ウッドデッキを長く快適に使い続けられます。



ウッドデッキを設置して後悔しないためには、事前に目的や用途を明確にし、それに合った商品やサイズをお選びいただくとよいでしょう。
また、実際にお使いいただくイメージを持ち、その際に必要となる目隠しフェンスやステップなども併せてご検討いただき、予めお手入れ方法を知っておくのもよいでしょう。





YKKAP



YKKAPの強みはシンプルなデザインとお値打ちな価格











LIXIL
LIXILの強みは圧倒的なシェア率と豊富なバリエーション











三協アルミ
三協アルミの強みは優れたデザイン











四国化成
四国化成の強みはデザイン性と利便性の共生











タカショー
タカショーの強みは木目調に特化したデザイン











キロスタイル
キロスタイルの強みは圧倒的なコストパフォーマンス








ウッドデッキ工事


一般的なウッドデッキの工事期間は約1日~2日


一般的なサイズのウッドデッキであれば、ほとんどが1日~2日で完了します。

サイズや加工の有無などによってはもう少し日数がかかることもあります。

ウッドデッキは慎重に水平を確かめながらの施工となるため、基礎となる柱部分の設置が特に重要です。



一般的なカウッドデッキの工事に必要な人数は約1人~2人


一般的なウッドデッキの場合、1人であっても1日~2日で完了します。

現場の状況により、補助が入る場合がございます。



一般的なウッドデッキの本体工事費は約4万円程


一般的なウッドデッキの本体工事費は約4万円程です。


本体工事費とは、束柱を立て、骨組みを組み、デッキ材を貼るというものです。

下地が土の場合、束石を設置する必要があり、別途費用が必要となります。

また、現場に合わせてのカットも別途費用が必要となりますので、ご注意ください。
なお、ウッドデッキの施工費はサイズや下地状況などによって大きく異なります。
そのためまずはプロの施工業者による現地調査を実施のうえ、お見積りを取ってみることをおススメいたします。

{{p300001}} {{p300011}} {{p300004}} {{p300002}} {{p300003}}

ウッドデッキの施工事例(最新10件)

・・・・・・

construction


ウッドデッキ知ろう!

お役立ちコラム

・・・・・・

ウッドデッキのお悩みを解決!

スタッフブログ

・・・・・・

よくあるご質問

・・・・・・

ウッドデッキは可燃性です。そのため火に近づけると変形や変色などの原因となってしまうことがございます。そのためデッキの上ではなく、十分に距離を離してご使用ください。

デッキ施工前日までに敷いていただくことをおススメしております。ウッドデッキを設置したあとから敷こうとすると、ウッドデッキのサイズによってはすべて敷くことができなくなってしまう可能性がございます。デッキ設置時の防草シートカットや砂利敷きの再敷き均しは工事と共に当店にて行いますのでご安心下さい。

左右の開き勝手はお選びいただけます。設置場所によってはご希望に添えない取り付け方法となってしまう可能性もございますので、その際には現地調査時、お見積りご案内時にご説明をさせて頂いております。

加工につきましては幅の切りつめはできますが、高さの切りつめはできません。高さは規格が決まってしまいますので事前にご確認の上お選びいただくとよいかと思われます。

転落防止対策としてはフェンスを付けられるお客様が多くいらっしゃいます。ウッドデッキの周囲にフェンスを建てる、もしくはウッドデッキの上にフェンスを建てる方法がございます。周囲にフェンスを建てる場合にはスペースが必要になりますが、デッキの上に建てると少しスペースが狭くなってしまいます。現地の状況にあわせてご検討くださいませ。

アルミの商品、人工木の商品の2種類がございます。どちらもウッドデッキ用のフェンスや門扉となりますので、規格が限られてはおりますが設置可能です。つけられたい商品のイメージや用途がございましたらお知らせいただけますと幸いです。




お問い合わせ

商品や施工、無料現地調査に関するご相談やお問い合わせはこちらからお気軽にご相談ください。

ご不明な点はございませんか?


\ さらに安くなるかも!? /


無料現地調査・見積はこちら