絞り込み検索

商品 を探す

施工事例12746件

初めての方へ 初めて の方へ

エクステリア アドバイザー

豊富な知識をもとにお客様の後悔のないエクステリア選びをお手伝いするキロのスタッフです。
折本 折本
山内 山内
西尾 西尾
飯村 飯村
富田 富田
酒井 酒井
栗田 栗田
宮崎 宮崎
太田 太田
鈴木 鈴木
坂井 坂井
山村 山村

YKKAP  リウッドデッキ200

  • 人工木
  • 1階用
  • 縦張り・横張り可
期間限定価格  03/1(金) ~ 03/31(日)
60%
OFF
メーカー希望小売価格 ¥111,320(税込) 標準工事費込 税込 ¥75,300 円~
総額料金に含まれるもの
  • 現地調査
  • 商品本体 ウッドデッキ
  • 標準工事費
  • 梱包・残材処分
  • 商品・工事説明
  • 10年保証
  • 消費税
商品カラー:
商品サイズ:
間口 1,851mm / 2,651mm / 3,651mm / 4,451mm / 5,451mm / 6,251mm / 7,251mm
出幅 920mm / 1,220mm / 1,520mm / 1,820mm / 2,120mm / 2,420mm / 2,720mm / 3,020mm / 3,620mm
床の高さ 150mm ~ 1,000mm
商品カラー:

YKKAP  リウッドデッキ200

キロ 人気No.1 樹脂木デッキ!

樹脂木デッキの業界NO1モデル。「リウッドデッキ200」です。YKKAPのリウッドデッキ200が他社メーカーとの大きな違いは、自社でデッキ材を開発・製造している点です。アルミ部材だけでなく、デッキ材自体の強度・利便性・耐候性などをお客様のニーズに応えるべく追及しています。デッキの隙間ができないような構造、ささくれ立つことのない優しい肌触り、デッキ面にビスが出ないような施工方法など細かい部分にも表れています。その結果、この性能、このクオリティの人工木デッキを驚きの安さでご提供することができました。それがお客様の支持率がNo.1の理由でしょう。


  • 人工木
  • 1階用
  • 縦張り・横張り可
60%
OFF
期間限定価格  03/1(金) ~ 03/31(日) メーカー希望小売価格 ¥111,320(税込) 標準工事費込 税込 ¥75,300 円~
総額料金に含まれるもの
  • 現地調査
  • 商品本体 ウッドデッキ
  • 標準工事費
  • 梱包・残材処分
  • 商品・工事説明
  • 10年保証
  • 消費税

リウッドデッキ200の施工事例

・・・・・・







商品詳細
無料見積シュミレーション

見積もりシミュレーション

サイズを選択する
商品の間口
商品の出幅
商品の高さ
デッキフェンス
デッキフェンスの追加をご希望されますか?


設置工事

切り詰め加工
奥行切り詰め加工
奥行(出幅)に余裕が無い場合に、赤い部分をカットして小さくします。

間口切り詰め加工
間口(横幅)に余裕が無い場合に、青い部分をカットして小さくします。

設置予定場所の地面

選択中の商品

現在のお見積り金額

合計:

商品価格合計
商品価格(税込)
カタログ価格(税込)
+
工事費合計
本体工事費



キロのスタッフによる商品評価



YKKリウッドデッキ200


YKKapリウッドデッキ200は木粉とプラスチック(ポリプロピレン)を主原料とした再生木と呼ばれる素材でできています。 天然木ではないため腐食やシロアリの被害にも強く、さらに接着剤や防腐剤などの薬品処理は不要。小さいお子様やペットなど、 住む人の健康に寄り添ったホルムアルデヒドが含まれていない商品です。またリサイクルも可能な材質なので地球環境にもやさしい素材です。

ちなみにポリプロピレンとはポリエチレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレンと並ぶ4大汎用樹脂の一つ。ポリプロピレンの特長はその強度。 ポリエチレンに比べて耐熱温度が高く、硬いことで知られます。身近なものではテレビなどの電化製品やバンパーなどの自動車部品など耐熱性と強度 が必要な部品に使用される素材です。ポリエチレンを採用しているのは再生木の分野ではYKKapのみとなっています。



天然木に比べて高い対候性や耐水性を誇り、外で長く使用しても強度の低下や変色が少なく、吸水率が低いため反りや腐食が起こりにくくなっているのが特長です。

また硬度も高いため建てたときの質感そのままに、長くお使いいただける商品です。


硬度はどれくらいちがう?


種類 硬度
リウッド HB
レッドシダー 6Bより軟
ヒノキ 6Bより軟
ベイマツ 6Bより軟
スギ 6Bより軟
イベ 2H
ジャラ 2B


 

10年相当の色褪せはどれくらい?


0     500     1000     2000     3000    (時間)
色褪せ1

※リウッドデッキ200 レッドブラウン

※300時間=1年相当


0     500     1000     2000     3000    (時間)

色褪せ2
※上からレッドシダー、ひのき、ベイマツ、杉、イベ ※300時間=1年相当

※YKK APカタログより抜粋


腐食によってどれぐらい質量が削られる?


菌種オオウズラタケ カワラタケ
機種 耐候操作なし 耐候操作あり耐候操作なし
耐候操作あり
リウッド 0.0% 0.0%
0.0%0.0%
スギ心材 24.7% 41.7%18.9%31.4%
ベイマツ心材 27.9%34.4%16.6%23.1%
ヒノキ心材 10.5%19.4%5.5%12.4%
ベイスギ心材 0.0%0.0%3.3%1.2%
イベ 0.4%0.7%1.4%2.5%
ジャラ 0.1%0.4%0.7%2.6%
スギ辺材(対照) 42.8%
40.8%


白蟻によってどれぐらい質量が削られる?


機種 平均質量減少率
リウッド 0.0%
スギ 6.5%
ベイマツ 27.0%
ヒノキ 4.0%
イベ 1.0%
ジャラ 3.0%


YKKapの再生木「リウッド」は北陸工業地帯の中でも特に重工業が発達している富山県黒部市にある工場で生産されています。

世界レベルの開発力・製造力・技術力と3拍子揃ったYKKapの心臓部です。

「リウッド」は木粉を約50%の割合(重量比)で配合し、色を付けるための顔料等の添加剤を入れて、ポリプロピレンを一度溶かして 「リウッド」の小さな固まりを作ります。これを押し出し機に投入し、溶融、成型、冷却することにより、デッキ材になります。

押出し成形したばかりのものは熱を持っているため、水で冷却します。冷却水は浄化しながら繰り返し利用します。

押し出し材の表面を削り、木肌の質感を出し表面を仕上げることで天然木とそん色ない風合いや質感を出します。

できあがった「リウッド」をサイズや形状ごとに加工等行い、完成となります。


リウッド 製造方法



リウッドデッキの床材はデッキ幅19.7㎝、デッキ材ピッチ幅20㎝というサイズ感が特徴です。

建物に合わせた寸法設計となっており、関東間であってもメーターモジュールであっても適した納まりになります。

デッキ材 幅


また目地幅が3㎜と狭く、隙間を埋めるような構造になっているためデッキの隙間からものが落ちにくく、指や爪を挟みにくい安心安全な構造となっています。

もちろん排水はしてくれるため、ウッドデッキの上に大きな水たまりが残り続けることもありません。


ウッドデッキ 目地



デッキ材抑え金具を使い、任意の位置に設置します。

リウッドデッキ 固定方法


デッキ材1枚につき1か所、ずれないように固定ピンを取り付けして、新たなデッキ材をスライドして連結します。

リウッドデッキ 固定方法2



新色のセピアグレイ色が加わり5色展開となりました。


デッキ材 カラー


画像左からセピアグレイ、ウォームグレイ、ホワイトブラウン、ナチュラルブラウン、レッドブラウンとなっています。


お住いの住宅デザインやフロアカラーなどにあわせてコーディネートをされるとよいでしょう。


カラーバリエーション

セピアグレイとウォームグレイは両面2色のデッキ材、ホワイトブラウン、ナチュラルブラウン、レッドブラウンは両面同一色のデッキ材となっています。 表面はどの色も天然木の質感を出したざらざら感があります。


束柱 カラー


束柱と呼ばれるウッドデッキを支える支柱はプラチナステンとカームブラックの2色展開。

ただし大引などの外から見えにくい部材はすべてカームブラック色となります。

また「リウッド」をセピアグレイ、ウォームグレイ、ホワイトブラウンにした場合はプラチナステン色、レッドブラウン、 ナチュラルブラウンにした場合はカームブラック色が基本セットとなります。

もちろんカラーの組み合わせを逆にすることも可能です。



リウッドデッキ200のサイズ表記は尺貫法で表されます。


間口について


デッキを正面から見たときの幅のことを「間口」といいます。


間口寸法は間(けん)という単位で表現され、0.5間ずつ大きくなっていきます。


例えば1間(いっけん)、1.5間(いってんごけん)、2間(にけん)といったイメージです。


m表記に直すと1間=約1.8mとなりますので、2間だと約3.6mという大きさになります。


規格間口:1間(1851mm)/1.5間(2651mm)/2間(3651mm)/2.5間(4451mm)/3間(5451mm)/3.5間(6251mm)/4間(7251mm)


奥行について


デッキを正面から見たときの出幅のことを「奥行」といいます。


奥行は尺(しゃく)という単位で表現され、3尺をスタートとしながら1尺ずつ大きくなっていきます。


例えば3尺(さんしゃく)、4尺(よんしゃく)、5尺(ごしゃく)といったイメージです。


m表記に直すと1尺=約30㎝になりますので、6尺だと約1.8mという大きさになります。


11尺のサイズは販売量が少なく規格サイズにはありませんが、セミオーダーでの対応ができます。


規格奥行:3尺(920mm)/4尺(1220mm)/5尺(1520mm)/6尺(1820mm)/7尺(2120mm)/8尺(2420mm)/9尺(2720mm)/10尺(3020mm)/12尺(3620mm)



設置する場所によって必要なウッドデッキの高さも変わります。


窓からお庭へ降りるのに段差が大きい場合は特に注意が必要です。


ウッドデッキを支える「束柱」には5種類の高さタイプがありますが、基本的にはデッキ高さは最大100cmまでとなります。


それ以上になると高低差が出すぎて危険なためリウッドデッキ200の対応範囲を超えてしまいます。


最小は15cm。束柱を切り詰めることで対応可能です。


束柱 タイプ


一番小さいサイズは固定柱のSタイプ(15㎝~55㎝までの対応)。


埋込柱のUタイプは柱をそのまま埋め込んでカーポートやテラス屋根の柱のように固めてしまう工事方法のためのタイプです。


基本的には束石と呼ばれる基礎石を埋めこむ方法が多いため、あまりメジャーなタイプではありません。


調整柱は3つのサイズに分かれておりTタイプ(15㎝55㎝まで対応)、Hタイプ(55㎝~70㎝まで対応)、Lタイプ(70㎝~100㎝まで対応)となっています。


固定柱と調整柱の大きな違いは現地での調整方法。


固定柱の場合は丸鋸などで現地でカットしていきますが、調整柱はある程度調整がきくためスムーズな工事が可能です。


規格高さ:Sタイプ(150mm~550mm)/Tタイプ(150mm~550mm)/Uタイプ(150mm~700mm)/Hタイプ(550mm~700mm)/Lタイプ(700mm~1000mm)


固定柱 調整柱



リウッドデッキ200には基本的に3種類の張り方があります。

たて張り


標準仕様はこちらになります。


住宅に対してデッキ材が垂直になります。


サイズ調整などもしやすく、他の張り方と比べてお値打ちなため、こだわりがなければこちらで問題ないでしょう。



よこ張り


床材を住宅に対して平行に設置する納まりになります。


リビングなどの床の向きがよこ張りの場合には一体感を出すために選ばれることが多いです。



千鳥張り


一定の大きさ以上になる場合に、デッキ材の強度を保つために1列を2枚で張っていく張り方です。


わざわざこちらの張り方を選ぶことは少ないですが、大きさの関係からやむを得ずこの張り方になってしまうことが多いです。


奥行10尺以上の場合に採用されます。


千鳥張り



規格品では四角形の形状が基本となりますが、セミオーダーであればある程度自由にサイズ設計が可能です。
基本形状


例えば敷地にあわせて斜めに切りつめをしたり、コーナー部分をアール形状にすることも可能です。

斜めカット加工済みのウッドデッキ


斜めカット加工


アールカット加工済みウッドデッキ


アールカット加工


その他特殊なカット


リウッドデッキ200は現場にあわせてオーダー寸法で対応できる範囲が非常に広いのですが、強度上の制限はあります。


特殊カット


円弧や直線のカットだと上図のような制限が、くりぬきであれば下図のような制限があります。


くり抜き



ステップ(階段)


             
リウッドステップ5型
リウッドステップ5型
独立式リウッドステップ2型
独立式リウッドステップ2型
段床型
段床型
デッキの高さに合わせての高さや段数の調整ができます。
 また昇降場所の位置についても所定の範囲内であれば現地調整可能です。
 高さについては1段、2段、3段、4段、5段から選ぶことができます。
デッキとは独立して設置できるタイプです。
柱を切詰める事により高さを15㎝まで下げる事が可能です。
 リウッドステップ5型に比べて奥行がコンパクトなのが特徴です。
敷地(お庭)の状況にあわせてデッキへの昇り降り場所を
広く確保することができます。 範囲が広くなれば価格も高くなりますが、
おしゃれさと利便性を兼ね備えたおすすめのステップです。



段床型ステップデッキについて


段床型のステップデッキはいろいろなご要望に対応することが可能です。

プランニングのご参考になるような例としては下図をご覧ください。


間口側対応(1段) 間口側対応(2段)
出幅側対応(1段)
出幅側対応(2段)
間口側(正面)から昇り降りができる範囲が広く確保できます。
出幅側対応(1段) 出幅側対応(2段)
出幅側対応(1段)
出幅側対応(2段)
出幅側(側面)全体を階段にすることで足を踏み外したりする心配もありません。
L字対応(1段) L字対応(2段)
L字対応(1段)
L字対応(2段)
ステップ感覚だけではなく空間の広がりも演出し心地よいお庭になります。
コの字対応(1段) コの字対応(2段)
コの字対応(1段)
コの字対応(2段)
解放感一杯のステップ。家族団らんや仲間とのバーベキューなど広いお庭でガーデンライフを楽しめます。




フェンスの配置方法


ステップと並んで人気のオプションであるウッドデッキ用のフェンスです。

より存在感を感じるオプションになります。

木風の風合いを感じたりモダンなデザインを取り入れたり、目隠しの要素を演出したり、そして小さなお子様の安全対策やペットとのライフワークにもお役に立ちます。


全面
全面
2面
2面
3面A
3面A
3面B
3面B
デッキ生活のプライベート空間を
演出。外からの視線が気になる方
におすすめの配置方法です。
側面を解放する事でプライベート
な空間と外とのアプローチを演出
します。階段との組み合わせで更
に快適な空間創りができます。
正面の片側に出入り口を設ける事
でお庭のガーデニングや物置収納
への動線をを確保。お庭との繋が
りも良くなります。出入口に階段が
付けると使い勝手がよくなります!
正面の真ん中に出入口を設ける事
でお庭と建物とのバランスが良く
なります。出入口に階段が付ける
とより快適!
3面C
3面C
3面D
3面D
3面E
3面E
フェンス+門扉
フェンス+門扉
側面全体ではなく人が通れる出入
口を確保。出入口がありながら
プライベートな空間も確保。
側面の前側に人が通れる出入口を
設ける事でお庭との繋がりを感じ
ながらデッキのプライベート空間
も感じれらる組合せです。
側面の中央に出入り口確保する事
でデッキでのプライベート空間を
大事にしつつお庭へのアプローチ
を確保。デッキ生活を豊かにする
組み合わせです。
デッキのプライベート空間にプラ
ス1アクセント。出入り口用の門
扉を付けてみては?お子様の安全
とペットとの生活を楽しみながら
お庭とも繋がるアイテムです。

もちろんこのようなパターン以外にも設置方法は多彩です。

現場のご希望にあわせて配置が可能です。



フェンスの種類


フェンスの種類も色々なタイプがあります。デザイン性の高いもの、スタイリッシュな物往年の物、目隠しの要素が高い物、 庭の演出・隣地との仕切りなど、目的に沿ったフェンスをお選びいただくとよいでしょう。

ウッドデッキと同じ「リウッド」の素材で作られているものとアルミの素材で作られているものがあります。


        
リウッドデッキフェンス1型
リウッドデッキフェンス1型
リウッドデッキフェンス2型
リウッドデッキフェンス2型
リウッドデッキフェンス3型
リウッドデッキフェンス3型
リウッドデッキフェンス4型
リウッドデッキフェンス4型
井桁格子タイプのオーソドック
スなフェンスです。和風な風合
いを残しつつ長年に渡って愛さ
れるデザインですね。門扉との
組み合わせもございます。
ラチス格子タイプのもっとも人
気のあるデッキフェンス!場所
やシーンを選ばないデッキの王
道オプションです。門扉との組
み合わせもございます。
横スリットタイプの目隠しの要素
を持ちながら木の風合いを強く感
じるシンプルなデザインです。隣
地の視線をシャットダウンする目
的で選ばれることが多いです。
横パネルタイプの広さを感じる
フェンスというより柵のような
デザインです。フェンスは欲し
いけど解放感も欲しい!という
場合におすすめです。
ルシアスデッキフェンスA01型
ルシアスデッキフェンスA01型
ルシアスデッキフェンスA02型
ルシアスデッキフェンスA02型
ルシアスデッキフェンスA03型
ルシアスデッキフェンスA03型
ルシアスデッキフェンスB01型
ルシアスデッキフェンスB01型
アルミフェンスを木目調にした
目隠しタイプのフェンスです。
リウッドよりもアルミ製のほう
が安心いう方におすすめです。
細い格子と太い格子を交互に組
み合わせたデザイン性の高いフ
ェンスです。リウッドと調和す
るカラー展開が魅力です。
細い格子を簾のように配したすっ
きりとした印象のフェンスです。
アルミカラーと木調カラーを選ぶ
ことができます。
シンプルなデザインの手すりの
ようなフェンスです。アルミ製
なので錆の心配もいりません。
ルシアスデッキフェンスB02型
ルシアスデッキフェンスB02型
ルシアスデッキフェンスB03型
ルシアスデッキフェンスB03型
ルシアスデッキフェンスB04型
ルシアスデッキフェンスB04型
ルシアスデッキフェンスB05型
ルシアスデッキフェンスB05型
お家の外観と組み合わせるとよ
りスタイリッシュな演出をする
デザインです。中の2本の横格
子がアクセントになります。
中の横格子1本が笠木とのバラン
スを保ちシンプルさの中に安心
感を感じるデザインです。
圧迫感を避けながら目隠しをした
い場合におすすめのタイプです。
スタイリッシュなデザイン性が引
き立ちます。
とにかく目隠しをしたい場合に
おすすめのタイプです。ルーバ
ーと呼ばれる風が通る構造のため
、強度も安心です。

リウッドハイパーティション1型
リウッドハイパーティション1型
リウッドハイパーティション2型
リウッドハイパーティション2型
ルシアスハイパーティションA01型
ルシアスハイパーティションA01型
ルシアスハイパーティションA03型
ルシアスハイパーティションA03型
井桁格子の背の高いタイプのフェ
ンスです。ウッドデッキの上に立
っても男性の平均身長ほどの高さ
があるため目隠し効果があります。
ラチス格子の背の高いタイプのフェ
ンスです。境界と近い部分に設置す
ることで、お隣さんの視線を気にせ
ずにウッドデッキの上で楽しむこと
ができます。
太い横格子が特徴のハイタイ
プのフェンスです。通風性と
目隠し性能のバランスがよい
フェンスです。
細い格子が特徴のハイタイプの
フェンスです。圧迫感を少なく
しながら目隠しも兼ねられるた
め人気のフェンスです。
ルシアスハイパーティションB05型
ルシアスハイパーティションB05型



目隠し性能が一番高いハイパーテ
ィションフェンスになります。ル
ーバー仕様のため風も通る構造と
なっています。


フェンスの高さについて


フェンスの高さと特徴についてまとめました。

高さ選びのご参考にどうぞ。


フェンス高さ 特徴
80cm 一般的によく使われる高さで、一番人気があります。
80cm 大人でも跨ぐのは少し大変な高さです。
110cm 横スリットと横パネルにしかない高さです。
120cm 大人の胸あたりの高さで大型犬でも飛び越えにくい高さです。
140cm デッキの上であれば180㎝以上の高さが出るため、住宅の中も見られにくい高さになります。
180cm ハイパーティションの高さです。成人男性の平均身長を軽く超える高さがあります。



デッキフェンスには転落防止の効果はありません。人が寄りかかると破損の恐れもあります。


転落防止策としては使用しないでください。



ウッドデッキライフを快適にする為にデッキ床まわりのいくつかのオプションをご紹介します。

その他こんなことができるといいなというご希望がありましたらお問い合わせください。


                       
点検口 点検口床下のメーターや雨水桝の確認やその他の点検に便利です。
デッキの補強(デッキ材を支える躯体材・柱)の位置によって付けられない場所がございますのでご注意下さい。
床下囲い
床下囲い外からの小動物(特に猫)の侵入を防ぎたい方向けのオプションです。
さらには足元(柱)を隠しデッキ本体の安定感も演出する優れものです。
目地塞ぎ材
目地塞ぎ材家の壁とデッキとの隙間を柔らかく演出します。
デッキ材の伸縮から建物壁を守るために8mmの隙間を空けて施工しますがそこを美しく塞ぎます。


 

ウッドデッキの高さは最大100㎝までとなります。

それ以上の高さに工事をするには束柱の高さが足りなくなってしまいます。

またデッキから周囲の地面までの段差が100㎝を超える場所にはデッキを設置しないようにしてください。

地面に段差や傾斜があり、結果としてデッキ面との段差が100㎝を超える場所にも設置することはできません。

転落の危険などからこの高さが限界となっています


リウッドデッキ 注意点


またリウッドデッキ200は一般住宅の一階用の商品です。一階を超える場所への取り付けはできませんが、バルコニー専用の商品もあります。


詳しくはこちら>> リウッドデッキ200 バルコニー用

      


カラーについて


・天然の木粉を使用しているため、色に多少のばらつきが発生する可能性があります。


・表面をサンディングしているため、芝のように順目、逆目が存在し、見る角度によって色合いが違って見えることがあります。


・表層部をサンディング加工した際や、ご使用中における表面の擦れ、経年変化により発生した木粉が服などにつくことがあります。 洗濯物や布団を干す際などは直接触れないように気を付けてください。


・天然の木粉は紫外線や雨により色が白く変化します。「リウッド」に含まれる木粉も同様に白くなるため、色合いが全体的に白っぽくなります。 ただし、表層部のみの変化ですので強度にはほとんど影響がなく、変化した表層部をサンディングすれば元の色合いに戻ります。また、使用環境によって色の変化の度合いは異なります。



外的要因により付着する汚れ、カビの発生について


「リウッド」は天然木と比べて耐腐朽性、対候性に優れますが、外的要因により付着する汚れ、カビの発生等は天然木とそれほど変わりません。 頑固な汚れになる前に定期的なお掃除をお勧めします。特にホワイトブラウン・ナチュラルブラウンはカラーの特性上、汚れが目立ちます。



表面温度について


直射日光により「リウッド」の表面温度は上昇しますが、これは材質の差よりも色調による影響が大きく、天然木でも同様に表面温度は上昇してしまいます。 日差しの強い夏場は裸足でデッキの上を歩くとやけどをしてしまう可能性がありますので、スリッパなどの履物を履いてご使用いただくことをおすすめしております。


特にウォームグレイやレッドブラウンといった色が濃いカラーは、ホワイトブラウン、ナチュラルブラウン、セピアグレー といった薄いカラーに比べてデッキの温度が高くなりやすいためご注意ください。


表面温度の上昇を抑制したい場合には、オーニングやテラス屋根といった日よけを設置するとよいでしょう。


設置場所について


「リウッドデッキ200」は商品の特性上、ジャグジー風呂や温泉、プールなど水回りの設置に適しておりません。


家庭用のビニールプールなどを置く分には問題ございませんが、常に水分にさらされる場所での使用はおすすめできません。


水たまりや乾き具合について


「リウッドデッキ200」の表面は水をほとんど吸いません。そのため床板がわずかに反った場所に、雨水などがたまることがあります。 水たまりの大きさやデッキ表面の状態により乾き方にバラつきが生じることがありますが、素材には影響はありません。


商品上は問題ないものとなりますので、予めご了承ください。


また水で濡れた表面は乾燥時よりも滑りやすくなっていますので、歩行には注意してください。


熱伸縮について


「リウッド」はプラスチックが入っていますので、その特性上、ご使用に差し支えない範囲で熱による多少の反り、伸縮による変形が発生する場合があります。予めご了承ください。

熱伸縮

燃焼性について


「リウッド」は可燃性の素材です。


そのため周辺での火気の取り扱いにはご注意ください。


特に下記の行為は絶対に行わないでください。変形するおそれがあります。


・デッキの上で暖房器具の使用


・デッキの上でのバーベキューコンロの使用


・デッキ近くでのたき火


デッキの制限荷重について


デッキに長期間、重量物を載せないでください。


床面は1㎡あたり180kgまでの耐荷重仕様となっています。短期間でも荷重を超えないようにご注意ください。


また積雪が多いエリアでは、デッキ上に積雪が約60㎝になる前に必ず雪下ろしを行ってください。


製品破損による被害のおそれがあります。


その他注意事項


・ボルト、ナット、ねじなどは絶対に緩めないでください。

・純正品以外のオプションは取り付けないでください。

・「リウッド」の表面を鋭利なものでつつかないでください。部材が破損するおそれがあります。

・床面に灯油、ガソリン、有機溶剤などがついた場合はすぐにふき取ってください。変色するおそれがあります。

・空き缶や鉄製のものを直接おかないでください。放置すると黒いシミが生じることがあります。

・デッキの下には入らないでください。

・屋根からの落雪やつららの落下が予想される場所には取り付けないでください。



「リウッド」は天然木と比べて腐りにくく、対候性にも優れていますが、外的要因による付着する汚れ、カビの発生等は天然木とそれほど変わりません。

頑固な汚れになる前に定期的な清掃が必要です。

リウッドメンテナンス
ほこり・靴跡 雨染みジュース等斑点・カビキズ・焦げ跡マジック
症状別お手入れ方法
お手入れ方法
お手入れ種類
洗浄サンディング
お手入れ道具


ほうき

掃除機

デッキブラシ


サンドペーパー

(#60)

方法種類 水洗い 台所用中性洗剤次亜塩素酸系漂白剤木材洗浄剤高圧洗浄機
ほこり・靴あと
雨染み
泥水
コーヒー
ジュース
醤油・ソース
油汚れ

キズ
タバコの焦げあと
黒い斑点(カビ)
黒い斑点(タンニン鉄)
苔・藻
マジック(落書き)
クレヨン(落書き)
※広範囲の汚れには高圧洗浄機を使用すると便利です。

※洗浄で取れない汚れはサンディングで対応してください。

※YKK APカタログより抜粋

洗浄方法については以下の通りです。

洗浄道具に関しては、金属製の固い材質のものやダスキン等の化学モップはデッキ材に傷がついたり、油分が浮き上がってくる恐れがあるため使用しないで下さい。


水洗いによる洗浄方法


水洗い

対象】


ほこり、靴あと、雨染みの汚れ等


【用意するもの】


洗浄道具(デッキブラシ、たわし、雑巾等)


【洗浄方法】


表面を履き掃除した後、雑巾、デッキブラシ等でデッキ材の長さ方向に沿って水洗いしてください。


最後に固く絞った雑巾でデッキ材の長さ方向に沿って水を拭き取ってください


木材洗浄剤による洗浄方法


木材洗浄材

【対象】


タンニン鉄による黒い斑点


【用意するもの】


木材洗浄剤、洗浄道具(デッキブラシ、たわし、雑巾等)


【洗浄方法】


表面を履き掃除した後、雑巾、デッキブラシ等でデッキ材の長さ方向に沿って水洗いしてください。


最後に固く絞った雑巾でデッキ材の長さ方向に沿って水を拭き取ってください


台所用中性洗剤による洗浄方法


台所用中性洗剤

【対象】


コーヒー、ジュース、醤油、油汚れ等


【用意するもの】


台所用中性洗剤、洗浄道具(デッキブラシ、たわし、雑巾等)


【洗浄方法】


表面を履き掃除した後、使用する台所用中性洗剤の使用方法に従ってデッキブラシ、たわし等でデッキ材の長さ方向に沿って擦ってください。


次に台所用中性洗剤を水で洗い流してください。


最後に固く絞った雑巾でデッキ材の長さ方向に沿って水を拭き取ってください


中性洗剤については洗浄剤として協賛、強アルカリ、シンナーやベンゼンなどの有機溶剤、石油等は使用しないでください。デッキ材が変色するおそれがあります。


高圧洗浄機による洗浄方法


高圧洗浄機

【対象】


広範囲のほこり、靴あと、雨染みの汚れ等


【用意するもの】


高圧洗浄機


【洗浄方法】


使用する高圧洗浄機の取扱説明書に従って、デッキ材の長さ方向に沿って噴射してください。最後に固く絞った雑巾でデッキ材の長さ方向に沿って水を拭き取ってください。


次亜塩素酸系漂白剤による洗浄方法


次亜塩素酸系漂白剤

【対象】


カビによる黒い斑点


【用意するもの】


次亜塩素酸系漂白剤、洗浄道具(デッキブラシ、たわし、雑巾等)


【洗浄方法】


表面を履き掃除した後、使用する次亜塩素酸系漂白剤の使用方法に従って、一定期間放置してください。


次に次亜塩素酸系漂白剤が完全にとれるまで十分に水で洗い流してください。


最後に固く絞った雑巾でデッキ材の長さ方向に沿って水を拭き取ってください。


なお次亜塩素酸系漂白剤は植物に対して影響があるおそれがありますので、周囲の植物には十分にご注意ください。


サンドーペーパーによるサンディング方法


サンドーペーパー

【対象】


キズ、焦げあと、頑固な汚れ等


【用意するもの】


サンドペーパー(#60)、あて木、軍手、掃除機等


【サンディング方法】


表面を履き掃除した後、サンドペーパーをベルト式のハンド研磨機に取り付け、または、あて木に巻いてデッキ材の雑巾、 デッキブラシ等でデッキ材の長さ方向に沿って直線的に一定の力で擦ってください。


次にサンディングした粉を除去するために水洗いしてください。


最後に固く絞った雑巾でデッキ材の長さ方向に沿って水を拭き取ってください。


類似商品を見る

・・・・・・

ウッドデッキ知ろう!

お役立ちコラム

・・・・・・

ウッドデッキのお悩みを解決!

スタッフブログ

・・・・・・

よくあるご質問

・・・・・・

ウッドデッキは可燃性です。そのため火に近づけると変形や変色などの原因となってしまうことがございます。そのためデッキの上ではなく、十分に距離を離してご使用ください。

デッキ施工前日までに敷いていただくことをおススメしております。ウッドデッキを設置したあとから敷こうとすると、ウッドデッキのサイズによってはすべて敷くことができなくなってしまう可能性がございます。デッキ設置時の防草シートカットや砂利敷きの再敷き均しは工事と共に当店にて行いますのでご安心下さい。

左右の開き勝手はお選びいただけます。設置場所によってはご希望に添えない取り付け方法となってしまう可能性もございますので、その際には現地調査時、お見積りご案内時にご説明をさせて頂いております。

加工につきましては幅の切りつめはできますが、高さの切りつめはできません。高さは規格が決まってしまいますので事前にご確認の上お選びいただくとよいかと思われます。

転落防止対策としてはフェンスを付けられるお客様が多くいらっしゃいます。ウッドデッキの周囲にフェンスを建てる、もしくはウッドデッキの上にフェンスを建てる方法がございます。周囲にフェンスを建てる場合にはスペースが必要になりますが、デッキの上に建てると少しスペースが狭くなってしまいます。現地の状況にあわせてご検討くださいませ。

アルミの商品、人工木の商品の2種類がございます。どちらもウッドデッキ用のフェンスや門扉となりますので、規格が限られてはおりますが設置可能です。つけられたい商品のイメージや用途がございましたらお知らせいただけますと幸いです。

ウッドデッキの取り扱いメーカー

・・・・・・





お問い合わせ

商品や施工、無料現地調査に関するご相談やお問い合わせはこちらからお気軽にご相談ください。

ご不明な点はございませんか?