ウッドデッキにオーニングは必要?その役割や選び方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レストランやカフェで日よけに使用されているオーニングですが、

自宅のウッドデッキにも必要なのか、設置したい場合はどのように選べばいいのかについて解説します。

 

 

ウッドデッキにおけるオーニングの必要性

オーニングとは、防水性のある厚手の布で作られたテントのような屋根のことです。

ウッドデッキが設置されている場所にオーニングを取り付けることで、

強い日差しを直接浴びずにウッドデッキで快適に過ごせます。

 

気温が高いときは、オーニングがあるだけで室内の気温の上昇を抑えることができ、省エネ効果も期待できます。

また、洗濯物を干しているときに雨が降ってきても、オーニングを出すことで雨よけができるでしょう。

 

ウッドデッキにオーニングを設置する際の注意点

ウッドデッキにオーニングを設置する際は、作りに注意しましょう。

 

オーニングには折りたためるものと、折りたためないものがあります。

オーニングがあるとプライバシーを守れる、

室内に入り込む日差しを抑えられるなどのメリットがありますが、一方で圧迫感が出てしまう可能性も高いです。

 

常に必要がなければ、折りたためるタイプのものを選ぶのもいいでしょう。

 

ウッドデッキに設置するオーニングの選び方

目的に応じて最適なオーニングを見つけられるようにしましょう。

 

・壁付けタイプか独立タイプ

オーニングには壁に直接取り付けるタイプと、柱を設置して取り付けるタイプがあります。

壁付けタイプは比較的安価に設置できるというメリットがあり、ウッドデッキにはこのタイプが人気です。

 

一方で独立タイプは好きな場所に設置できる、壁を傷つけないというメリットがあります。

 

・適切なサイズを考える

オーニングのサイズはウッドデッキからはみ出すくらいの大きさにするか、

ウッドデッキの半分くらいのコンパクトなものにするかなど、サイズをよく考えましょう。

 

一般的にはウッドデッキより大きめのサイズを選ぶ方が多いですが、

道路や歩道にウッドデッキが面している場合は大きすぎるオーニングを設置できません。

 

・オーニングの生地を考える

オーニングの生地もさまざまです。色や柄はもちろん、性能にも注目しましょう。

 

撥水性の高い生地、遮熱性の高い生地、汚れにくい生地などがあります。

長く使い続けるために、耐久性の高い生地を選ぶとよいでしょう。

 

また、デザインにもこだわることで、家の外観やウッドデッキのデザインと統一感が出せます。

 

ウッドデッキにオーニングを設置しよう

ウッドデッキにオーニングを設置すると、快適にウッドデッキを使えるようになります。

オーニングには壁付けタイプや独立タイプがあり、生地も豊富な種類があります。

 

デザインや予算、目的、さらに長期的な目で見て、長く使い続けられるお気に入りのオーニングを取り付けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加