フーゴF 独立式 | LIXIL

お問い合わせ・ご相談ください!

0120-947-5750120-947-575

営業時間
09:30~18:00
(土日祝日も営業中!)

  • ウッドデッキ
  • カーポート専門店
  • テラス囲い専門店
  • フェンス専門店
  • 物置専門店

● 新型コロナウイルスへの当社の取組について
● Webサイト統合に伴う一部URLの変更のお知らせ
6 メーカー   0 商品
テラス屋根を初めて購入される方へ テラス屋根の選び方 テラス屋根セール会場 木調テラスセール 取扱いメーカー日本最大級






施工事例
協力施工業者様募集
施工エリアについて 当社独自のダブル保証商品2年保証工事10年保証 支払のバナー「現金 VISA MASTAR 分割」これでお願い
テラス屋根で紫外線対策
サンルーム・テラス囲い専門店
ウッドデッキ専門店
テラス屋根ご依頼の前に
テラス屋根検索ツアーの前にご確認ください!
相見積り大歓迎
最低価格保証!
相見積もり大歓迎!
まずはお見積りをご用命ください
お気軽にお問い合わせ・ ご相談ください。 shop blog 最近の投稿
インフォメーション
LIXIL フーゴF 独立式

LIXIL フーゴF 独立式

  • LIXILフーゴF 独立式_main_img
  • LIXILフーゴF 独立式_img2
  • LIXILフーゴF 独立式_img3
  • LIXILフーゴF 独立式_img4
  • LIXILフーゴF 独立式_img5
  • LIXILフーゴF 独立式_img6
LIXILフーゴF 独立式_img1 LIXILフーゴF 独立式_img2 LIXILフーゴF 独立式_img3 LIXILフーゴF 独立式_img4 LIXILフーゴF 独立式_img5 LIXILフーゴF 独立式_img6

独立式テラスタイプの新発想ルーフです。

躯体にネジ止めすることなく、独立して建てられるテラスタイプの屋根。サイズ展開も豊富です。最近は建物の性能も格段に良くなり、併せて保証を付けるハウスメーカーも増えてきました。しかしお家によっては、後付のテラス屋根は建物にビスで固定するため、保証の対象外になってしまうことも珍しくありません。特に軽量鉄骨住宅や長期優良住宅、汚れにつよいタイル外壁などのお家の方は要注意です。そんな問題を解決してくれるのが、独立式テラスとなります。どちらかというと、カーポートに近い構造で、柱だけで屋根をささえるため、通常のテラス屋根と比べて柱が太く、しっかりしています。ただし、屋根の揺れを考えて、壁から100mm(10cm)ほどすき間を空ける必要があります。価格も高くなりますので、必要に駆られて選ばれる方がほとんどです。

50
さらにキャンペーン追加値引あり

さらに 8,000円以上の追加割引のチャンス!
追加割引の適用例

LINEクーポン
LINEクーポン
キロ公式アカウント LINEお友だち登録で
3,000 円相当の割引クーポン
をプレゼント
 
セット割
セット割
複数専門店の商品を同時現地調査依頼で
5,000 円相当の割引クーポン
をプレゼント
さらにキャンぺーン・割引特典を見る
閉じる

【このシリーズで欲しいタイプを探す】

【このシリーズで欲しいタイプを探す】

  • 独立式
    ()

    116,292円~

  • 独立式
    ()

    116,292円~



ご不明な点、気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。
メールで問合せをする
独立式  

躯体にネジ止めすることなく、独立して建てられるテラスタイプの屋根。サイズ展開も豊富です。最近は建物の性能も格段に良くなり、併せて保証を付けるハウスメーカーも増えてきました。しかしお家によっては、後付のテラス屋根は建物にビスで固定するため、保証の対象外になってしまうことも珍しくありません。特に軽量鉄骨住宅や長期優良住宅、汚れにつよいタイル外壁などのお家の方は要注意です。そんな問題を解決してくれるのが、独立式テラスとなります。どちらかというと、カーポートに近い構造で、柱だけで屋根をささえるため、通常のテラス屋根と比べて柱が太く、しっかりしています。ただし、屋根の揺れを考えて、壁から100mm(10cm)ほどすき間を空ける必要があります。価格も高くなりますので、必要に駆られて選ばれる方がほとんどです。

50
さらにキャンペーン追加値引あり
標準工事費コミコミ価格

税込 116,292円~

無料現地調査


屋根材と柱高データがない。
独立式  

躯体にネジ止めすることなく、独立して建てられるテラスタイプの屋根。サイズ展開も豊富です。最近は建物の性能も格段に良くなり、併せて保証を付けるハウスメーカーも増えてきました。しかしお家によっては、後付のテラス屋根は建物にビスで固定するため、保証の対象外になってしまうことも珍しくありません。特に軽量鉄骨住宅や長期優良住宅、汚れにつよいタイル外壁などのお家の方は要注意です。そんな問題を解決してくれるのが、独立式テラスとなります。どちらかというと、カーポートに近い構造で、柱だけで屋根をささえるため、通常のテラス屋根と比べて柱が太く、しっかりしています。ただし、屋根の揺れを考えて、壁から100mm(10cm)ほどすき間を空ける必要があります。価格も高くなりますので、必要に駆られて選ばれる方がほとんどです。

50
さらにキャンペーン追加値引あり
標準工事費コミコミ価格

税込 116,292円~

無料現地調査


屋根材と柱高データがない。


フーゴF 独立式シリーズのカラー・屋根材

フーゴF 独立式シリーズのカラー・屋根材

本体&屋根カラー

本体のアルミカラーは、「オータムブラウン」「シャイングレー」「ブラック」「ナチュラルシルバー」の4色
屋根材は、ポリカーボネート板の場合は、「クリアブラウン(透明)」「クリアブルー(透明)」「クリアマット(すりガラス調)」の3色
熱線吸収ポリカーボネート板の場合は、「ブルーマットS(すりガラス調)」「クリアマットS(すりガラス調)」の2色からお選び頂けます
さらにサイズは業界最大級の90通り!色だけではなく、サイズでも選べるのがフーゴFテラスの魅力です!

本体&屋根カラー

フーゴF 独立式シリーズの特徴

フーゴF 独立式シリーズの特徴

図面について(連棟用)

フーゴFテラスは、構造としてはカーポートと同じものとなります。そのため基礎のサイズや柱の位置が一般的なテラス屋根とは異なります。
お家のリビングから見たときに、柱が見えるかどうか、忘れずにチェックしましょう!

図面について(連棟用)
図面について(連棟用)

便利なオプション 前面パネル

独立テラスは、建物にネジ止めをしないで済む点が最大の特徴です。
建物に優しい仕様ですが、1つ注意点があります。それは壁から一定の距離を離す必要があることです。
実は独立テラスは柱だけで屋根を固定するため、風が吹くと揺れます。この揺れで建物にぶつかってキズついたら、本末転倒です。
それを防ぐための距離という訳です。

便利なオプション 前面パネル

独立式テラスは外壁とテラス屋根の間にすき間が必要です。そのすき間をふさぐ方法として、「躯体すき間ふさぎ材」が便利です。100%雨を防ぐことは出来ませんが、せっかくなので、取付することをおすすめします。さらにテラス屋根には竿掛けが必須です。こちらもぜひお忘れなく!!

便利なオプション 前面パネル

テラス屋根の目隠しには、前面パネルがおすすめです。洗濯物や収納物を隠すのに便利な商品です。
しかし、フーゴFテラスの前面パネルは通常の商品と少し違います。
それはほとんどのサイズで「サポート柱」が必要な事です。大切なお家を守るためにしっかりと設置しましょう。

便利なオプション 前面パネル



フーゴF 独立式シリーズのカラー・屋根材

フーゴF 独立式によくある質問

隙間から雨が入ってこないですか?

入ってきます。こちらのモデルは割り切ってください。住宅の10年保証を優先したモデルです。

おすすめのオプションはありますか?

一番おすすめは竿掛けセット。次におすすめなのはすき間ふさぎ材です。

施工の際どれくらい屋根と壁が開くのですか?

10センチ以上は開けていただきます。



【このシリーズで欲しいタイプを探す】

【欲しいタイプを詳しく見る】


フーゴF 独立式シリーズのカラー・屋根材

シリーズの施工事例





フーゴF 独立式シリーズの特徴

このシリーズを見た方はこちらもご覧になっています



maker
総合メーカーのリクシルはニーズ合わせたインテリア、エクステリア商品を総合販売します。

テラス屋根・ベランダ屋根によくある質問

柱奥行移動タイプのテラス屋根は柱から屋根が何㎝ぐらい前側にはみでますか?

商品の機種や仕様、現場の設置状況によりますが約12cm~50cmほどのはみ出しとなります。柱の位置につきましては、障害物等がなければ任意の位置にお取り付けができますので、ご希望の位置がある場合にはお知らせくださいませ。

アール型の屋根とフラット型の屋根はどちらが人気ですか?

当店での販売実績としてはフラット屋根のほうが人気となっております。スタイリッシュな印象のあるフラット屋根のほうが昨今の住宅デザイン事情にあっているためか、施工事例としても多くなっております。強度などは大きく変わりませんが、価格についてはフラット型のほうがわずかではありますがお安くなることが多いため、こちらもお選びいただく理由の一つとなっております。

強風に対する強度はどれくらいありますか?

一般的なタイプは風速34m/秒に耐えられる程度の強度計算がなされています。さらに強度が期待できる風速42m/秒まで耐えられる仕様もございます。ちなみに天気予報などで報道される「やや強い風」というもので平均風速が15~20m/秒といわれています。風速30m/秒以上となりますと大きな台風レベルの「猛烈な風」というものとなります。ただ現場の状況によっては、の気象条件や設置条件に対応するのはとても大切なことだと考えますので、お問い合わせがございましたら気軽に当店までご相談下さい。専門知識豊富なスタッフがお答えします。

商品のみの購入を検討していますが可能ですか?

商品のみお買い上げいただくこともできます。ただ基本的には当店は工事の専門店となっておりますので、ホームページ上のキャンペーンにつきましては、工事を前提としたものとなっております。そのため商品のみご購入の場合は一部キャンペーンが適用されなくなりますのでご注意ください。送料は、当店施工地域につきましては無料でご対応をしております。(一部地域を除く)またお支払いにつきましては先払いとなりますこと、あらかじめご承知おきください。

バルコニーにテラス屋根を取り付けてもらいたいのですが、どうやって柱を固定しているのですか?

バルコニーの壁面に金具を取り付け、柱を金具と固定します。そのため造り付けのバルコニーであれば工事はできますが、後付けされたバルコニーやアルミなどでできているバルコニーに対しては強度が不足してしまうため工事ができません。その他現地の状況によって取り付け方法が異なってまいりますので、ご不明な点がございましたら是非お問い合わせくださいませ。

ページトップへ戻る
popup_cance