ウッドデッキの張替え修理にかかる費用相場や注意点を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウッドデッキは雨風にさらされるため、劣化は避けられません。

また経年劣化は避けられないため、定期的なウッドデッキの張替えは必要です。

 

本記事では、ウッドデッキの張替えにはどれくらいの費用がかかるのか、

どんなタイミングで張替えを検討すべきなのかについて解説します。

 

 

ウッドデッキの張替えが必要な場合とは?

ウッドデッキを歩いたときに、ウッドデッキ全体の揺れを感じたら、張替えを検討するタイミングです。

ウッドデッキの木材がかなりダメージを受けている可能性があるため、なるべく早めに張替えを検討しましょう。

 

また、天然木を使用したウッドデッキは、雨に濡れたまま放置すると腐りやすくなります。]

木材に穴があいていたり、ひび割れがひどかったりする場合も張替えを検討してください。

 

 

ウッドデッキの張替え修理にかかる費用相場

ウッドデッキの張替え修理にかかる費用は、7万円から10万円程度です。

もちろん、ウッドデッキの広さや素材によっても費用は変わります。

 

なお、DIYで修理をすれば数万円安く抑えられる可能性があるものの、作業には高度な技術が必要です。

慣れない方や自信がない方は、無理をせず専門業者へ修理を依頼することをおすすめします。

 

 

ウッドデッキの張替え修理での注意点

ウッドデッキの張替え修理をする場合は、木材選びに気をつけましょう。

 

ウッドデッキのお手入れを簡単にしたい場合は、人工木や樹脂木がおすすめです。

木粉とプラスチックの樹脂で作られているため、腐りにくく、虫食いもないことに加えて、耐久性も高くなっています。

 

一方で木の温もりを感じられる天然木はおしゃれにきまりますが、お手入れに手間がかかります。

きちんとお手入れしていても劣化が早く、数年で張替えなければなりません。

 

もし天然木にこだわる場合は、ソフトウッドよりもハードウッドがおすすめです。

価格は高くなりますが丈夫で長持ちするので、長い目で見るとハードウッドの方が費用を抑えられるでしょう。

 

もちろん、「ハードウッドだから安心」ということではありません。

日頃から、濡れたらすぐ水気を拭き取る、定期的に保護塗料を塗るなどのお手入れを怠らないようにしましょう。

 

 

ウッドデッキの張替え修理を依頼しよう

ウッドデッキは、屋外に設置するためダメージを受けやすいです。

とくに天然木を取り入れている場合は、数年で張替えを検討する必要があります。

 

ウッドデッキを使用していて、違和感があったり危ないと思ったりするようなことがあったら、なるべく早めに張替えましょう。

予算と相談しながら、最適な素材を選び、信頼できる業者に修理を依頼することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加