ウッドデッキをおしゃれにアレンジするために参考にすべき3アイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウッドデッキで団らんや簡易レジャーを楽しんでいる方は多いですが、ウッドデッキにおしゃれなアレンジを加えることでさらに楽しみは広がります。

ウッドデッキをさらに快適なものにするために、おしゃれなアレンジ方法をいくつかご紹介しましょう。

ウッドデッキをおしゃれにアレンジする3アイデア

ウッドデッキをおしゃれにする、人気の3アイデアを紹介します。

・1. 段差を付けて憩いのスペースに

ウッドデッキをよりおしゃれに使うため、段差を付けるアレンジが人気のアイデアのひとつです。リビングルームからウッドデッキに出るところを段差にする、ウッドデッキの真ん中をくり抜いてそこに段差を作るなどです。

段差があると、そこに腰掛けることができるのでより木のぬくもりを感じられます。日本家屋の縁側のようにみんなで座ったり、寝転がったりして団らんの時間を過ごせるでしょう。

・2. 複数の部屋をまたぐ外廊下に

もしスペースに余裕があるのであれば、複数の部屋から出られる外廊下としてウッドデッキを利用してみるのもよいでしょう。

リビングルームからだけでなく、別の部屋からもすぐにウッドデッキに出られるので、家族が集まりやすく、いろいろな作業もしやすい空間になっています。小さなお子さんがいる場合でも安全に遊べ、親御さんからも目につきやすいので安心です。

・3. 木製フェンスで自分だけの空間を

ウッドデッキというと開放感が売りのひとつですが、あえて木製フェンスを取り付けて自分だけのパーソナルスペースを作るというアレンジもあります。木製フェンスは設置しても風通しがよく、他の人の視線を遮りながらもゆったりとした癒しの空間を演出してくれます。

ウッドデッキをおしゃれにする2つのアイテム

ウッドデッキにあると便利なアイテムを2つご紹介します。

・1. タープ

ウッドデッキに屋根を付けるのが予算的に難しい場合、簡単に取り付けられるタープを利用するとよいでしょう。低予算でしっかりと屋根の役割を果たしてくれるのでとても便利です。雨天時や炎天下でもウッドデッキを活用できます。

・2. ハンモック

屋根や梁のあるウッドデッキでは、ハンモックを吊るすのもおすすめです。ゆったりとお昼寝したり、家族みんなでのんびり過ごすことに役立ちます。

ウッドデッキのアレンジで注意すること

ウッドデッキのアレンジには注意点もあります。

・1. 柵は耐久性と高さに注意

ウッドデッキに柵を作るのは人気のアレンジ方法ですが、耐久性には十分注意が必要です。ウッドデッキは雨風にさらされるので、強風が吹いた時に耐えられる耐久性が必要となります。

柵を高くすればするほど風の影響を受けやすくなるので、使う材料やメンテナンスについてしっかり検討しましょう。

・2. メンテナンスをしっかり行う

ウッドデッキは劣化していくものなので、メンテナンスを行わないとどんどん使いにくくなっていきます。

ウッドデッキをアレンジするのは楽しいですが、結果としてメンテナンスしにくくならないよう注意しましょう。

自分だけのウッドデッキアレンジでより楽しく過ごす

ウッドデッキのアレンジはさまざまで、置く家具などによってオリジナリティを出せます。

ぜひ自分だけのアレンジを考えて、他の人に自慢できる快適なウッドデッキを作りましょう。