テラスVS F型 テラスタイプ 900タイプ 自在桁仕様 | LIXIL

お問い合わせ・ご相談ください!

0120-947-5750120-947-575

営業時間
09:30~18:00
(土日祝日も営業中!)

  • ウッドデッキ
  • カーポート専門店
  • テラス囲い専門店
  • フェンス専門店
  • 物置専門店

● 新型コロナウイルスへの当社の取組について
● 水災・火災・台風・衝突・盗難保証サービスの新規受付一時終了のお知らせ
6 メーカー   900 商品
テラス屋根を初めて購入される方へ テラス屋根の選び方 テラス屋根セール会場 木調テラスセール 取扱いメーカー日本最大級






施工事例
協力施工業者様募集
施工エリアについて 当社独自のダブル保証商品2年保証工事10年保証 支払のバナー「現金 VISA MASTAR 分割」これでお願い
テラス屋根で紫外線対策
サンルーム・テラス囲い専門店
ウッドデッキ専門店
テラス屋根ご依頼の前に
テラス屋根検索ツアーの前にご確認ください!
相見積り大歓迎
最低価格保証!
相見積もり大歓迎!
まずはお見積りをご用命ください
お気軽にお問い合わせ・ ご相談ください。 お役立ちコンテンツ
shop blog 最近の投稿
インフォメーション
LIXIL テラスVS F型 テラスタイプ 900タイプ 自在桁仕様

LIXIL テラスVS F型 テラスタイプ 900タイプ 自在桁仕様

LIXILテラスVS F型 テラスタイプ 900タイプ 自在桁仕様_main_img

安心・安全をプラスした新時代のテラス屋根

記録的な台風被害のニュースが後を絶たない昨今、テラス屋根にもこれまで以上の安全性が求められています。「テラスVS」は、最大で基準風速V0=46m/秒地域対応の耐風性能を実現。これは全国どの地域にも対応できる強さとなっています。耐積雪強度も30cm相当と、一般地域用テラス屋根としては余裕のある設計のためこちらも安心。利便性に安全性をプラスした、まさに時代が求める新しいテラス屋根です。こちらはすっきりとした印象のシンプルモダンなフラット屋根タイプ。自在桁仕様は屋根先よりも内側に柱を移動して納めることが可能なため、設置場所に障害物がある場合などにオススメの形状です。

45
さらにキャンペーン追加値引あり

さらに 8,000円以上の追加割引のチャンス!
追加割引の適用例

LINEクーポン
LINEクーポン
キロ公式アカウント LINEお友だち登録で
3,000 円相当の割引クーポン
をプレゼント
 
セット割
セット割
複数専門店の商品を同時現地調査依頼で
5,000 円相当の割引クーポン
をプレゼント
さらにキャンぺーン・割引特典を見る
閉じる

【標準工事費コミコミ価格一覧表】
屋根材 柱タイプ
1.0間
2180mm
1.5間
3260mm
2.0間
3800mm
2.5間
4880mm
3.0間
5960mm
3.5間
7040mm
4.0間
7580mm
4.5間
9740mm
5.0間
10280mm
3.0尺
885mm
142,291 円 現地調査 162,740 円 現地調査 178,167 円 現地調査 220,578 円 現地調査 243,265 円 現地調査 298,067 円 現地調査 313,434 円 現地調査 392,640 円 現地調査 411,307 円 現地調査
4.0尺
1185mm
147,312 円 現地調査 170,181 円 現地調査 186,819 円 現地調査 231,649 円 現地調査 256,757 円 現地調査 313,979 円 現地調査 330,556 円 現地調査 414,601 円 現地調査 434,478 円 現地調査
5.0尺
1485mm
156,085 円 現地調査 182,947 円 現地調査 201,581 円 現地調査 250,404 円 現地調査 279,505 円 現地調査 340,720 円 現地調査 359,293 円 現地調査 451,325 円 現地調査 473,198 円 現地調査
6.0尺
1785mm
163,405 円 現地調査 193,655 円 現地調査 213,983 円 現地調査 266,195 円 現地調査 298,683 円 現地調査 363,286 円 現地調査 383,554 円 現地調査 482,361 円 現地調査 505,929 円 現地調査
7.0尺
2085mm
175,747 円 現地調査 211,321 円 現地調査 232,375 円 現地調査 283,982 円 現地調査 338,976 円 現地調査 399,405 円 現地調査 420,398 円 現地調査 535,480 円 現地調査 559,774 円 現地調査
8.0尺
2385mm
194,524 円 現地調査 238,447 円 現地調査 265,128 円 現地調査 329,439 円 現地調査 391,875 円 現地調査 469,249 円 現地調査 496,414 円 現地調査 632,390 円 現地調査 663,955 円 現地調査
9.0尺
2685mm
211,041 円 現地調査 263,797 円 現地調査 294,833 円 現地調査 370,761 円 現地調査 439,247 円 現地調査 525,333 円 現地調査 556,914 円 現地調査 710,496 円 現地調査 746,477 円 現地調査
10.0尺
2985mm
226,380 円 現地調査 285,610 円 現地調査 322,113 円 現地調査 404,454 円 現地調査 479,413 円 現地調査 576,494 円 現地調査 611,281 円 現地調査 777,871 円 現地調査 814,858 円 現地調査
12.0尺
3585mm
311,262 円 現地調査 401,709 円 現地調査 459,751 円 現地調査 570,526 円 現地調査 662,486 円 現地調査 818,312 円 現地調査 873,851 円 現地調査 1,102,332 円 現地調査 1,160,071 円 現地調査
15.0尺
4485mm
392,392 円 現地調査 524,040 円 現地調査 602,591 円 現地調査 754,507 円 現地調査 887,667 円 現地調査 1,084,573 円 現地調査 1,160,682 円 現地調査 1,471,503 円 現地調査 1,549,812 円 現地調査
1.0間
2180mm
1.5間
3260mm
2.0間
3800mm
2.5間
4880mm
3.0間
5960mm
3.5間
7040mm
4.0間
7580mm
4.5間
9740mm
5.0間
10280mm
3.0尺
885mm
146,889 円 現地調査 169,637 円 現地調査 186,214 円 現地調査 230,923 円 現地調査 255,910 円 現地調査 313,011 円 現地調査 329,527 円 現地調査 413,331 円 現地調査 433,147 円 現地調査
4.0尺
1185mm
153,120 円 現地調査 178,893 円 現地調査 196,983 円 現地調査 244,717 円 現地調査 272,729 円 現地調査 332,855 円 現地調査 350,884 円 現地調査 440,737 円 現地調査 462,066 円 現地調査
5.0尺
1485mm
163,103 円 現地調査 193,474 円 現地調査 213,862 円 現地調査 266,195 円 現地調査 298,804 円 現地調査 363,528 円 現地調査 383,856 円 現地調査 482,906 円 現地調査 506,534 円 現地調査
6.0尺
1785mm
170,181 円 現地調査 203,819 円 現地調査 225,841 円 現地調査 281,441 円 現地調査 317,317 円 現地調査 385,308 円 現地調査 407,270 円 現地調査 512,853 円 現地調査 538,115 円 現地調査
7.0尺
2085mm
185,911 円 現地調査 226,567 円 現地調査 250,162 円 現地調査 306,851 円 現地調査 366,927 円 現地調査 432,438 円 現地調査 455,972 円 現地調査 581,218 円 現地調査 608,053 円 現地調査
8.0尺
2385mm
203,720 円 現地調査 252,241 円 現地調査 281,221 円 現地調査 350,130 円 現地調査 417,164 円 現地調査 499,136 円 現地調査 528,600 円 現地調査 673,772 円 現地調査 707,636 円 現地調査
9.0尺
2685mm
220,237 円 現地調査 277,591 円 現地調査 310,926 円 現地調査 391,452 円 現地調査 464,536 円 現地調査 555,220 円 現地調査 589,100 円 現地調査 751,878 円 現地調査 790,158 円 現地調査
10.0尺
2985mm
236,544 円 現地調査 300,856 円 現地調査 339,900 円 現地調査 427,323 円 現地調査 507,364 円 現地調査 609,527 円 現地調査 646,855 円 現地調査 823,609 円 現地調査 863,137 円 現地調査


テラスVS F型 テラスタイプ 900タイプ 自在桁仕様シリーズのカラー・屋根材

テラスVS F型 テラスタイプ 900タイプ 自在桁仕様シリーズのカラー・屋根材

本体カラー

本体カラーは【ブラック/オータムブラウン/シャイングレー/ナチュラルシルバー/ホワイト】の5色展開です。

本体カラー

屋根材

一般ポリカーボネートは【クリアブルー/クリアマット/クリアブラウン】の3色、熱線吸収ポリカーボネートは【クリアマットS】の1色、熱線吸収アクアポリカーボネートは【クリアS】の1色がございます。

屋根材
テラスVS F型 テラスタイプ 900タイプ 自在桁仕様シリーズの特徴

テラスVS F型 テラスタイプ 900タイプ 自在桁仕様シリーズの特徴

サイズ

間口は【関東間:1.0間(2180mm)/1.5間(3260mm)/2.0間(3800mm)/2.5間(4880mm)/3.0間(5960mm)】、【メーターモジュール:2000(2720mm)/3000(3260mm)/4000(4340mm)/5000(5420mm)】を規格でご用意。奥行は【3尺(885mm)/4尺(1185mm)/5尺(1485mm)/6尺(1785mm)/7尺(2085mm)/8尺(2385mm)/9尺(2685mm)/10尺(2985mm)/12尺(3585mm)/15尺(4485mm)】がございます。

サイズ

強度

耐風性能は最大で基準風速V0=46m/秒地域にも対応。サイズによって強度が異なりますので、事前にご確認ください。

強度

オプション

吊り下げ物干し

テラス屋根を物干しスペースとして使用されるなら、こちらの吊り下げ物干しがオススメです。竿を4本までかけられるAセットと6本までかけられるBセットの2種類がございますので、ご希望に合わせてお選びください。

オプション

前面スクリーン

前面からの風雨の吹き込みを抑制させたいなら、こちらの前面スクリーンが便利です。外部からの視線カットにも効果的。

オプション

テラスVS F型 テラスタイプ 900タイプ 自在桁仕様シリーズのカラー・屋根材

商品特長


商品構造

屋根パネルの抜け防止のため、屋根ピッチは540mmに設定。パネルそのものの厚さも2.3mmとなっています。テラスVSが風に強い理由です。

商品特長


テラスVS F型 テラスタイプ 900タイプ 自在桁仕様シリーズのカラー・屋根材

テラスVS F型 テラスタイプ 900タイプ 自在桁仕様によくある質問






maker
住宅からエクステリアまで幅広く生活を支えています

テラス屋根・ベランダ屋根によくある質問

柱奥行移動タイプのテラス屋根は柱から屋根が何㎝ぐらい前側にはみでますか?

商品の機種や仕様、現場の設置状況によりますが約12cm~50cmほどのはみ出しとなります。柱の位置につきましては、障害物等がなければ任意の位置にお取り付けができますので、ご希望の位置がある場合にはお知らせくださいませ。

アール型の屋根とフラット型の屋根はどちらが人気ですか?

当店での販売実績としてはフラット屋根のほうが人気となっております。スタイリッシュな印象のあるフラット屋根のほうが昨今の住宅デザイン事情にあっているためか、施工事例としても多くなっております。強度などは大きく変わりませんが、価格についてはフラット型のほうがわずかではありますがお安くなることが多いため、こちらもお選びいただく理由の一つとなっております。

強風に対する強度はどれくらいありますか?

一般的なタイプは風速34m/秒に耐えられる程度の強度計算がなされています。さらに強度が期待できる風速42m/秒まで耐えられる仕様もございます。ちなみに天気予報などで報道される「やや強い風」というもので平均風速が15~20m/秒といわれています。風速30m/秒以上となりますと大きな台風レベルの「猛烈な風」というものとなります。ただ現場の状況によっては、の気象条件や設置条件に対応するのはとても大切なことだと考えますので、お問い合わせがございましたら気軽に当店までご相談下さい。専門知識豊富なスタッフがお答えします。

商品のみの購入を検討していますが可能ですか?

商品のみお買い上げいただくこともできます。ただ基本的には当店は工事の専門店となっておりますので、ホームページ上のキャンペーンにつきましては、工事を前提としたものとなっております。そのため商品のみご購入の場合は一部キャンペーンが適用されなくなりますのでご注意ください。送料は、当店施工地域につきましては無料でご対応をしております。(一部地域を除く)またお支払いにつきましては先払いとなりますこと、あらかじめご承知おきください。

バルコニーにテラス屋根を取り付けてもらいたいのですが、どうやって柱を固定しているのですか?

バルコニーの壁面に金具を取り付け、柱を金具と固定します。そのため造り付けのバルコニーであれば工事はできますが、後付けされたバルコニーやアルミなどでできているバルコニーに対しては強度が不足してしまうため工事ができません。その他現地の状況によって取り付け方法が異なってまいりますので、ご不明な点がございましたら是非お問い合わせくださいませ。

ページトップへ戻る
popup_cance