パワーアルファ 2階F型積雪50cm | LIXIL

お問い合わせ・ご相談ください!

0120-947-5750120-947-575

営業時間
09:30~18:00
(土日祝日も営業中!)

  • ウッドデッキ
  • カーポート専門店
  • テラス囲い専門店
  • フェンス専門店
  • 物置専門店

● 新型コロナウイルスへの当社の取組について
● Webサイト統合に伴う一部URLの変更のお知らせ
6 メーカー   98 商品
テラス屋根を初めて購入される方へ テラス屋根の選び方 テラス屋根セール会場 木調テラスセール 取扱いメーカー日本最大級






施工事例
協力施工業者様募集
施工エリアについて 当社独自のダブル保証商品2年保証工事10年保証 支払のバナー「現金 VISA MASTAR 分割」これでお願い
テラス屋根で紫外線対策
サンルーム・テラス囲い専門店
ウッドデッキ専門店
テラス屋根ご依頼の前に
テラス屋根検索ツアーの前にご確認ください!
相見積り大歓迎
最低価格保証!
相見積もり大歓迎!
まずはお見積りをご用命ください
お気軽にお問い合わせ・ ご相談ください。 shop blog 最近の投稿
インフォメーション
LIXIL パワーアルファ 2階F型積雪50cm

LIXIL パワーアルファ 2階F型積雪50cm

  • LIXILパワーアルファ 2階F型積雪50cm_main_img
  • LIXILパワーアルファ 2階F型積雪50cm_img2
  • LIXILパワーアルファ 2階F型積雪50cm_img3
  • LIXILパワーアルファ 2階F型積雪50cm_img4
LIXILパワーアルファ 2階F型積雪50cm_img1 LIXILパワーアルファ 2階F型積雪50cm_img2 LIXILパワーアルファ 2階F型積雪50cm_img3 LIXILパワーアルファ 2階F型積雪50cm_img4
ご覧の商品は販売終了となりました。
同等商品として下記の商品をご案内いたします。
テラスVS F型 造り付け屋根タイプ 1500タイプ 標準仕様
F型 造り付け屋根タイプ 1500タイプ 標準仕様

ご不明な点、気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。
メールで問合せをする


パワーアルファ 2階F型積雪50cmシリーズのカラー・屋根材

パワーアルファ 2階F型積雪50cmシリーズのカラー・屋根材

本体カラー

本体カラーの展開はシャイングレー/ブロンズ/ブラック/オータムブラウン/ナチュラルシルバー/ホワイトの6色となります。オータムブラウンはLIXILにしかない色のため、人気カラーとなっています。

本体カラー

屋根材

屋根材カラーは一般ポリカタイプのブルースモーク/クリアマット/ブラウン、熱線吸収ポリカタイプのクリアマットS、熱線吸収アクアポリカタイプのクリアSとなります。

屋根材
パワーアルファ 2階F型積雪50cmシリーズの特徴

パワーアルファ 2階F型積雪50cmシリーズの特徴

デザイン

フラット屋根のF型はモダンな住宅にはぴったりのシンプルな設計となっています。スタイリッシュなデザインを重視するならF型がオススメ。

デザイン

サイズ

間口は1.0間(2320mm)/1.5間(3080mm)/2.0間(3840mm)の3サイズ、奥行は3尺(885mm)/4尺(1185mm)/5尺(1485mm)/6尺(1785mm)/7尺(2085mm)/8尺(2385mm)/9尺(2685mm)の7サイズとなります。

サイズ

強度

耐風圧強度が42m/秒と抜群の強度となっています。積雪にも50㎝相当まで耐えられるのでパワーの名にふさわしい強度のあるテラス屋根です。

強度

オプション

前後移動物干し

奥行側に移動させることが可能な物干しです。雨や風などの天候によって干す位置を変えることができます。

オプション

自在垂木掛け

雨の吹き込みやひさしの角度など様々な条件に対応することができるように開発されたオプションです。

オプション



パワーアルファ 2階F型積雪50cmシリーズのカラー・屋根材

パワーアルファ 2階F型積雪50cmによくある質問

フラット屋根とアール屋根はどちらがオススメですか?

雨の降り込みなどが気になる場合はアール屋根がオススメです。

3階への設置も可能ですか?

地域によってご対応ができない場所がございます。お申し込みの際に3階への施工とお伝えください。

カタログ表記のサイズを切り縮めたりすることはできますか?

現場でのカットが可能な商品となっています。お打合せが必要となりますので、現場調査時にスタッフにお伝えください。




パワーアルファ 2階F型積雪50cmシリーズのカラー・屋根材

シリーズの施工事例







maker
住宅関連商品全般を製造する国内最大規模のメーカーです。もちろんエクステリアも主流商品です。

テラス屋根・ベランダ屋根によくある質問

柱奥行移動タイプのテラス屋根は柱から屋根が何㎝ぐらい前側にはみでますか?

商品の機種や仕様、現場の設置状況によりますが約12cm~50cmほどのはみ出しとなります。柱の位置につきましては、障害物等がなければ任意の位置にお取り付けができますので、ご希望の位置がある場合にはお知らせくださいませ。

アール型の屋根とフラット型の屋根はどちらが人気ですか?

当店での販売実績としてはフラット屋根のほうが人気となっております。スタイリッシュな印象のあるフラット屋根のほうが昨今の住宅デザイン事情にあっているためか、施工事例としても多くなっております。強度などは大きく変わりませんが、価格についてはフラット型のほうがわずかではありますがお安くなることが多いため、こちらもお選びいただく理由の一つとなっております。

強風に対する強度はどれくらいありますか?

一般的なタイプは風速34m/秒に耐えられる程度の強度計算がなされています。さらに強度が期待できる風速42m/秒まで耐えられる仕様もございます。ちなみに天気予報などで報道される「やや強い風」というもので平均風速が15~20m/秒といわれています。風速30m/秒以上となりますと大きな台風レベルの「猛烈な風」というものとなります。ただ現場の状況によっては、の気象条件や設置条件に対応するのはとても大切なことだと考えますので、お問い合わせがございましたら気軽に当店までご相談下さい。専門知識豊富なスタッフがお答えします。

商品のみの購入を検討していますが可能ですか?

商品のみお買い上げいただくこともできます。ただ基本的には当店は工事の専門店となっておりますので、ホームページ上のキャンペーンにつきましては、工事を前提としたものとなっております。そのため商品のみご購入の場合は一部キャンペーンが適用されなくなりますのでご注意ください。送料は、当店施工地域につきましては無料でご対応をしております。(一部地域を除く)またお支払いにつきましては先払いとなりますこと、あらかじめご承知おきください。

バルコニーにテラス屋根を取り付けてもらいたいのですが、どうやって柱を固定しているのですか?

バルコニーの壁面に金具を取り付け、柱を金具と固定します。そのため造り付けのバルコニーであれば工事はできますが、後付けされたバルコニーやアルミなどでできているバルコニーに対しては強度が不足してしまうため工事ができません。その他現地の状況によって取り付け方法が異なってまいりますので、ご不明な点がございましたら是非お問い合わせくださいませ。

ページトップへ戻る
popup_cance