自動見積もりシステムを導入したウッドデッキ専門サイト!工事も承ります! 激安で掲載中のお見積りパターン数:26,528パターン
ウッドデッキの品揃えネットショップ最大級!あなたのエクステリアパートナーキロ

ウッドデッキ専門店【激安工事キロ】 お問い合わせ メール相談はこちらへ 無料現地調査
ウッドデッキ安心購入の秘訣
9 メーカー   26,528 商品
title_03









施工エリアについて 当社独自のダブル保証商品2年保証工事10年保証 支払のバナー「現金 VISA MASTAR 分割」これでお願い 協力施工業者様募集
施工事例
相見積り大歓迎
最低価格保証!
相見積もり大歓迎!
まずはお見積りをご用命ください
お気軽にお問い合わせ・ ご相談ください。 shop blog 最近の投稿
インフォメーション

YKK ap:リウッドデッキ200 濡れ縁仕様

リウッドデッキ200 Sタイプ 基本セット 間口:0.5間(851mm) 奥行:2尺(620mm)

人気の人工木デッキの濡縁(ぬれえん)仕様をご紹介

サイズは3尺と4尺に限定し、間口サイズを1間、1.5間、2間・・・と半間ごとに設定しております。既製のデッキ材のサイズでこれらの設定があるため、現場でカットなどをしないで済む分、商品と工事の品質にもばらつきが少ない点もポイント!
現地で組み立て工事を行うため、ホームセンターなどで販売されている商品と違い、の高さ調整の対応もこまやかです。窓のサッシ下にピッタリサイズにすることはもちろんの事、階段のようにつかうなどの工夫をすることもできます!
樹脂製の濡れ縁をお探しの方で、設置などが面倒という方に、ぜひおすすめです!

60
さらにキャンペーン追加値引あり
標準工事費コミコミ価格

税込 61,019円~

概算見積りをする>>

さらに 8,000円以上の追加割引のチャンス!
追加割引の適用例

LINEクーポン
LINEクーポン
キロ公式アカウント LINEお友だち登録で
3,000 円相当の割引クーポン
をプレゼント
 
セット割
セット割
複数専門店の商品を同時現地調査依頼で
5,000 円相当の割引クーポン
をプレゼント
さらにキャンぺーン・割引特典を見る
閉じる

【標準工事費コミコミ価格一覧表】※束石施工費は含まれておりません
  0.5間
851mm
1.0間
1851mm
1.5間
2651mm
2.0間
3651mm
2.5間
4451mm
3.0間
5451mm
3.5間
6251mm
4.0間
7251mm
2.0尺
620mm
61,019 円 現地調査 63,249 円 現地調査 75,899 円 現地調査 88,499 円 現地調査 131,703 円 現地調査 169,818 円 現地調査 186,896 円 現地調査 201,944 円 現地調査
3.0尺
920mm
62,149 円 現地調査 63,799 円 現地調査 76,999 円 現地調査 89,649 円 現地調査 108,635 円 現地調査 149,924 円 現地調査 164,532 円 現地調査 177,424 円 現地調査
4.0尺
1220mm
68,749 円 現地調査 75,349 円 現地調査 76,999 円 現地調査 111,649 円 現地調査 134,243 円 現地調査 181,120 円 現地調査 200,700 円 現地調査 218,432 円 現地調査
popup_cance
もっといろいろなサイズや商品の価格を確認したいという方には、簡単!見積シミュレーションがおすすめ!
さまざまなサイズや他メーカーの同等商品を見ることができるはもちろんのこと、下地の状況やオプションを付けた場合の精度の高い概算見積を出すことができます!
無料で簡単に見積金額を調べることができるシミュレーションを、ぜひお試しください

簡単!見積シミュレーションで濡れ縁の価格を調べつ

施工事例     (現在 2345 件公開中)


2017.10 Y.S様宅
濡れ縁は、沓脱場といった実用的なスペースであるとともに、お庭とお家をつなぐ中間的な場としての意味合いがあります。
お庭での作業をしている中で、ちょっとした休憩ができる。
部屋から庭を見たときに、視覚的な広がりを感じることができる。
といった具合です。当然雨水の当たる場所にあるため、天然木でつくるとメンテナンスをしないと数年で腐ってしまうことがあります。
石やタイルは経年劣化に強いですが、一段低い高さに床をつくるため、空間の広がりを実感しにくいという側面があります。
アルミは熱を持ちやすい金属で、かつ自然との調和という面でおすすめしにくいです。
そこできれいな状態を長く保つ、樹脂木の濡れ縁というわけです。
濡れ縁におすすめのカラーについて
濡れ縁は日本特有の呼び名です。グーグルで英語に翻訳すると「Wetting edge(ぬれたふち)」となります。
そのため洋風住宅や南欧風住宅には、なじみにくい傾向にあります。和風住宅や和庭、和室におすすめというわけですね。

和風住宅で重要なのは「詫び・寂び」です。明るいものよりも全体の調和に重きをおきます。
すると色も必然的に落ち着いたものが人気となります。

そのためか、リウッドデッキの濡れ縁では【レッドブラウン】と【ナチュラルブラウン】が人気となり、キロのスタッフもおすすめさせていただいております。
もちろん好みで選ぶのが一番の正解ですが、迷ったらこれらのカラーをチェックすることをおすすめします。


ワンポイント!手間いらずのきれいなお庭を目指しているなら

メンテナンスが少なくすむガーデンプランのひとつに「人工芝」があります。
人工芝は美しい緑を一年中保つことができるので、濡縁もそれに負けない明るい色にしてみるとバランスが取れます。
とくに一般的なメーカー住宅は、明るい色との相性が良いため【ホワイトブラウン】がおすすめとなります。

当店では、無料の現地調査をさせて頂く際に、デッキのカラーサンプルもお持ちしております。
実際にどういう色に見えるのか、日向と日陰、木陰との関係などを意識しながら見てもよいと思いますよ。

濡れ縁・ウッドデッキの無料現地調査を依頼する
サイズの選び方のコツ
濡れ縁を計画するときのポイントは、お家の掃き出し窓の大きさです。少なくとも窓サイズと同じかそれ以上の 大きさが必要となります。
掃き出し窓は人が出入りできる必要がありますので、少なくとも1間(約1,800mm以上)の幅となります。
畳の長い方の長さというとわかりやすいでしょうか。
あとは0.5間ごとにサイズが増えていくことが多いため、1.5間(約2,700mm)/2.0間(約3,600mm)/2.5間(約4,500mm)が基準となります。

その上で先ほど濡れ縁の紹介でもお伝えした通り、調和やお家からの景観を考えると、窓よりも一回り大きいサイズをおすすめします。
また中庭のように窓のすぐ近くに壁がある場合は、濡縁を壁まで延長した方がカッコ良く見えます。
そのあたりは、プロのエクステリア業者に見てもらうと良いかもしれませんね。
当店であれば、エクステリアプランナーの資格を持つスタッフ直通のフリーダイヤルがございますので、お気軽にご相談ください。
最後によくある質問として、樹脂木濡れ縁のメンテナンス方法についてご紹介します。

樹脂木濡れ縁のメンテナンス方法
このように、天然木とは異なるメンテナンス方法となります。
大掃除などのタイミングでしっかり掃除をして、きれいな濡れ縁を保つよう心がけてください。

ここまでYKK apのリウッドデッキ 濡れ縁仕様をご紹介しましたが、詳細の価格や仕様を確認したいのであれば、まずは簡単! 見積シミュレーションで、工事付価格をご確認ください。
ご予算に合うようでしたら、本格的に無料現場調査をご依頼頂き、具体的なサイズや色を確認していただければと思います。

簡単!見積シミュレーションで濡れ縁の価格を調べつ

ページトップへ戻る