たてスリット通風フェンス 2段支柱 | キロスタイル

フェンス・門扉専門店 【激安工事キロ】 お問い合わせ メール相談はこちらへ 無料現地調査
フェンス・門扉 安心購入の秘訣
● 新型コロナウイルスへの当社の取組について
● 営業時間変更のお知らせ
8 メーカー   2 商品
当社独自のダブル保証商品2年保証工事10年保証 支払のバナー「現金 VISA MASTAR 分割」これでお願い
取扱いメーカー日本最大級








お役立ちコンテンツ
shop blog 最近の投稿
キロスタイル たてスリット通風フェンス 2段支柱

キロスタイル たてスリット通風フェンス 2段支柱

目隠ししながら風や光を採り入れ、開放感がある2段フェンス

規則的に並んだたてスリットラインで目隠しをする、シンプルなアルミフェンスです。こちらは2段用の支柱を用いて上下にフェンスパネルを組み合わせた高尺タイプ。たてライン間には2cmの隙間が空いており風や光を採り入れるため、どこか開放感も感じさせるデザインとなっています。シンプルかつスマートな目隠しフェンスをお求めの方には、横スリットタイプよりもこちらがオススメです。

55
さらにキャンペーン追加値引あり
標準工事費コミコミ価格


さらに 8,000円以上の追加割引のチャンス!
追加割引の適用例

LINEクーポン
LINEクーポン
キロ公式アカウント LINEお友だち登録で
3,000 円相当の割引クーポン
をプレゼント
 
セット割
セット割
複数専門店の商品を同時現地調査依頼で
5,000 円相当の割引クーポン
をプレゼント
さらにキャンぺーン・割引特典を見る
閉じる

【標準工事費コミコミ価格一覧表】
高さ 設置長さ
約2m分 約4m分 約6m分 約8m分 約10m分 約20m分
1722mm 72,683 円 現地調査 112,327 円 現地調査 151,971 円 現地調査 191,615 円 現地調査 231,259 円 現地調査 429,479 円 現地調査
1922mm 75,603 円 現地調査 117,574 円 現地調査 159,544 円 現地調査 201,515 円 現地調査 243,485 円 現地調査 453,338 円 現地調査


たてスリット通風フェンス 2段支柱シリーズのカラー・屋根材

たてスリット通風フェンス 2段支柱シリーズのカラー

本体カラー

ブラック/ステンカラー



たてスリット通風フェンス 2段支柱シリーズの特徴

たてスリット通風フェンス 2段支柱シリーズの特徴

サイズ

幅:2000mm 高さ:1722.5mm/1922.5mm

商品詳細

上下のフェンスパネルの重なり部分には隙間が生じない構造です。

2cmの隙間があるため、光と風を採り入れることができます。

耐風性能

耐風性能は風速34m/秒相当となっております。









ネットショップキロのオリジナルブランドです!これまでの販売経験の中でお客様から頂いた多くのご意見を基に、様々なオリジナル商品を制作しています。大手メーカー様と共同開発することで、「高品質かつ低コスト」の実現をモットーにしているメーカーです。

フェンス・門扉によくある質問

フェンスの高さについてはどれくらいまで高くできますか?

当店が取り扱っておりますフェンスの最大高さは3mほどとなっております。その場合には3段フェンスと呼ばれる商品での工事となります。

フェンスはたて格子と横格子はどちらが人気ですか?

境界に設置するなどの簡易的なフェンスであればたて格子、道路沿いや窓付近など目隠し効果のあるフェンスを設置するような場所であれば横格子のフェンスが人気となっております。

スクリーンフェンスと2段フェンスの違いはどういったものになりますか?

スクリーンフェンスは上下の継ぎ目がなく一体となったデザインとなります。2段フェンスの場合は上下別々のパネルとなりますので、フェンス同士の継ぎ目が入ります。その分上下異なるデザインのフェンス本体を取り付けることも可能です。

商品のみの購入を検討していますが可能ですか?

商品のみお買い上げいただくこともできます。ただ基本的には当店は工事の専門店となっておりますので、ホームページ上のキャンペーンにつきましては、工事を前提としたものとなっております。そのため商品のみご購入の場合は一部キャンペーンが適用されなくなりますのでご注意ください。送料は、当店施工地域につきましては無料でご対応をしております。(一部地域を除く)またお支払いにつきましては先払いとなりますこと、あらかじめご承知おきください。

フェンスの切りつめは現地でやるのですか?それともメーカーで切り詰められたものが出荷されてくるのですか?

ほとんどの商品は現地での切りつめとなります。そのため格子の形状などにもよりますが、現場合わせでの工事が可能となっています。

ページトップへ戻る