3台用カーポートの3つの選び方やおすすめ商品を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約1分34秒です。

「所有する車の数が多い」「来客が多い」「駐車スペースを物置きや洗濯物を干すスペースと兼用したい」という場合、3台用カーポートがおすすめです。

この記事では、3台用カーポートの選び方やおすすめ商品を紹介します。

3台用カーポートの3つの選び方を解説

3台用カーポートを選ぶポイントを紹介します。ゆとりのある3台用カーポートを選ぶことで、駐車スペースを快適に利用できるでしょう。

1. ゆとりのある高さを選ぶ

3台用カーポートの高さは標準の220cm、肺ルーフの250cm、ロングの280cmの3種類がメインです。

中央部分が高くなる山型のカーポートを選ぶ場合でも、余裕のある高さのものを選びましょう。高くしすぎると雨風や汚れを防げない、住宅の採光に影響するなどの問題もあります。

適切な高さがわからない場合は、業者とよく相談してから決めることをおすすめします。

2. カーポートの強度で選ぶ

3台用カーポートの強度は、1台用や2台用より劣りやすいです。柱や屋根材に高い強度の素材を用いているものや、支えとなる柱の数が多いものなどを選びましょう。
なお、3台用カーポートは2本柱や4本柱、6本柱まであります。お住まいの地域の積雪量などに応じて適切な3台用カーポートを選んでください。

3. サイズで選ぶ

3台用カーポートは柱の数が多くなりがちですが、その際にゆとりを持たせておかなければ駐車に支障が出てしまいます。

とくに2台+1台のように途中に柱を設置するタイプの3台用カーポートは柱が邪魔にならないかをよく考えて選びましょう。

駐車スペースに余裕がある場合は、想定より大きめのカーポートを選ぶことをおすすめします。

3台用カーポートのおすすめ商品を紹介

3台用カーポートは選択肢が少なく、なかなか理想のものを見つけられないという方もいるかもしれません。

そんな方におすすめしたいのが、「アリューストリプル」です。

アリューストリプルは、高強度T6アルミニウム合金を使用。3台の車もしっかりガードでき、強風や雪から大切な車を守ってくれます。秒速38mの風、20cm相当の雪に対応しており、さらに熱を吸収するので夏場でも車内の温度上昇を防ぎます。

耐雪量が大きなカーポートの場合、デザイン性が気になる方も多いようですが、アリューストリプルはスタイリッシュで解放感のあるデザインも魅力のひとつです。住宅の外観に合わせて本体や屋根材のカラーも選べるため、より理想に近い3台用カーポートを設置できるでしょう。

3台用カーポートはサイズ選びが重要

3台用カーポートの選び方について解説しました。

3台用カーポートは1台用や2台用と比較すると種類はあまり多くありませんが、慎重に選ぶことが大切です。どの種類、どのサイズの3台用カーポートを選べばいいかわからないという方は、強度もデザイン性も高いアリューストリプルをチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加