三協アルミのエース!カムフィエースの4つの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約3分32秒です。

 

みなさんこんにちは。

ネットショップキロ カーポート専門店の富田です。

今日のテーマはこちら。

三協アルミのエース!カムフィエースの4つの魅力

です。

今年発売された富山県に本社を構える三協アルミの新商品がこちらの「カムフィエース」

これまで販売されていた「カムフィNex」の後継商品となっています。

カムフィNexも高品質でありながらお買い得な価格帯のため人気のあった商品でしたが、今後はこちらのカーポートが主力商品となること間違いなしです。

そんなカムフィエースの4つの魅力をご紹介いたします。

 

1:駐車台数の対応バリエーションが魅力

駐車場に設置することが圧倒的に多いカーポートですが、駐車台数によって大きさも変えてあげないといけません。

特にキロがある愛知県の田舎の方ですとやはり2台、3台と車を所有されている方が多いため、それに対応した大きさのカーポートが必要です。

1台用の場合は冒頭の写真のような停め方になりますね。

また少し特殊なものになると奥行延長タイプという1.5台用というのもございます。

カムフィエース奥行延長

柱は2本から3本に増えますが、屋根部分が長くなることで自動車を駐車した奥に自転車やバイクなどを停めることができるだけのスペースができます。

2台分の駐車場の場合はもちろん1台用のカーポートのみの設置でも問題ないのですが、やはり2台分の駐車場には2台用のカーポートが一番綺麗に見えます。

2台用を建てる場合には設置方法は大きく分けて3種類。

1台用同士を連結するタイプが非常に多いです。

カムフィエース 合掌

1台用を真ん中で連結した合掌タイプです。

間口寸法をカットすることができるタイプなので敷地に合わせた施工が可能です。

真ん中で連結しないタイプの2台用だと梁が連結ではなく一本となるためカットはできないですが、その分丈夫な印象です。

それがこちらのカムフィエースワイドという商品です。

カムフィエースワイド

またこちらにも奥行延長タイプがあります。

これくらいのスペースがあれば充実したカーライフが送れますね。

カムフィエースワイド奥行延長

同じような敷地でもう一つの2台用といえばこちらのY合掌タイプ。

中心に柱がくることから外側に出る際には柱を気にする必要がないので安心・安全です。

カムフィY合掌

当然ながら駐車方法も変わればカーポートのタイプも変わります。

縦列駐車でお車を停める敷地でしたらこちらのタイプの2台用がオススメです。

カムフィエース奥行連結

1台用のカーポートを奥行方向で連結した奥行2連結タイプとなります。

3台用の駐車場であればこちらのカムフィエーストリプルですね。

間口方向に3台駐車が可能なカーポートは機種が限られてくるので、貴重な商品です。

カムフィエーストリプル

街中で数多くみられるのはここまでの大きさでしょうか。

駐車の仕方もお家の敷地によって様々ですので、敷地に合ったカーポートをお選び下さい。

 

サイズバリエーションが魅力

カムフィエースのサイズバリエーションは他にない大きな間口が選べることが特徴です。

1台用の間口は最小のもので約2400㎜。

そのほかのサイズとしては約2500㎜・約2700㎜・約3000㎜・約3300㎜となります。

この3300㎜というサイズが他ではあまりない大きな間口となります。

2台用の合掌タイプやY合掌タイプはこの間口寸法を組み合わせたサイズとなります。

ワイドタイプだと最小サイズが約3600㎜。

そこから約4200㎜・約4800㎜・約5400㎜・約6000㎜の合計5種類です。

ワイドタイプといっても3600㎜と4200㎜の場合は少し小さいので2台分の車が入るかどうかはギリギリです。

こちらを選ばれる際はご注意ください。

3台用のトリプルの間口バリエーションは2種類。

約7200㎜と約8000㎜という大きさになります。

奥行方向での長さバリーションは1台用でも2台用でも3台用でも共通です。

最小のもので約4300㎜。

コンパクトカーには合うサイズですね。

大型のお車を入れるには少し小さいのでその場合には約5000㎜・約5700㎜という2種類からお選び下さい。

また延長タイプの場合はこちらの寸法に約1400㎜が追加されます。

やはり自転車を入れるのにぴったりのものですね。

高さは1800㎜・2250㎜・2750㎜の3バリエーション。

1800㎜となるとほぼ平坦な駐車場であれば高さの問題もありませんが、勾配が急な駐車場に背の高い車を入れる場合はカーポートの梁にあたってしまいます。

背の高いお車を入れる際には2250㎜や2750㎜をお選び下さい。

 

カラーバリエーションが魅力

カムフィエースの本体色は6種類。

サンシルバー・アーバングレー・ダークブロンズ・ブラック・ホワイト・ブロンズから選べます。

カムフィエースカラー

 

カムフィエースカラー2

サンシルバーやアーバングレーは現在の流行色ですね。

屋根材は6種類。

通常のポリカーボネート板は3色。

ブラウンスモーク・ブルースモーク・かすみから選べます。

カムフィエース ポリカカラー

熱線遮断ポリカーボネート板のブルースモークや熱線遮断FRP板のかすみ調などは熱線をカットできるのでオススメです。

DRタイプは防火地域や準防火地域といった土地でも使用可能な屋根材になります。

 

オプションバリエーションが魅力

オプションはサイドパネルやサポート柱などカーポートに必要なものが一通りそろっています。

アール屋根には珍しい台形対応セットも現場敷地に合わせた施工が可能となりますね。

ナナメカット

車を停めていないときには洗濯物干場に早変わり!

竿掛けセットなどもございます。

saokake

 


 

 

三協アルミの新商品「カムフィエース」をご紹介させて頂きました。

ネットショップキロ カーポート専門店では現在新しい商品のため簡易積算には対応していないタイプのものですが、販売・施工は行っております。

現地調査も無料となっていますので、ぜひご検討下さい。

ご不明な点などありましたらエクステリアのプロがしっかりとご説明させて頂きますのでご安心ください。

それではみなさんよいガーデンライフを。

※本ブログ内の価格は2019年9月30日まで有効です。

ルシアスフェンス

カーポートアンケート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーポートの工事付価格を簡単に知る方法とは

●LINEでお手軽簡単問合せ


キロの公式ライン開設しました!ブログの内容についてのご質問、カーポート設置の相場、なんでも結構です。LINEにてお気軽にご相談下さい。即日回答させていただきます!


LINEで問合せをする




●ダウンロード不要のカンタン!自動無料見積システム


たった3分で、工事付のカーポートの価格を知ることができる無料見積シミュレーションのご紹介です。面倒な作業は不要ですので、ぜひ一度お試しください。

カーポート自動WEB見積をスタートするカーポート自動WEB見積をスタートする



●見積価格を知る前に。施工事例でイメージを膨らませよう!!


カーポート施工事例集はこちらカーポートの施工事例集を確認する



●カーポートを検討されている方は、こんな商品にも興味を持っています。


テラス屋根ウッドデッキフェンス専門店テラス囲い



●カーポートの商品のみを購入して、DIYしたい方にはコチラがおすすめ!


全国無料配送始まりました。YKKAPカーポート特集全国宅配OK!YKKAPのカーポート特集


他のブログを見る