【まるで天然木】LIXIL(リクシル) デッキDS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ネットショップキロ ウッドデッキ専門店です。

一言にウッドデッキといっても色々な種類がありますよね。

メーカーによってさまざまで、木目や色味も違います。

最近は、天然木に近い人工木デッキが注目されているのをご存じですか?

人工木は天然木に比べて圧倒的にメンテナンスが楽です。

そんな人工木でも、より天然木に近いデッキを最近ちらほら目にします。

さて、今回は2020年9月にLIXIL(リクシル)さんから発売されたこちらをご紹介します。

 

 

 

デッキDS

床板一枚一枚で、色味が異なるのが自然に近くて素敵…!

木目になることで温かみのある印象になりますよね。

 

 

特長

極みビンテージ仕上げ

01.濃淡製法

緻密な計算のもと、複数の色の樹脂を練りこむように混ぜ合わせ1枚の床板を作ります。

02.一度目の削り

樹脂層を削ることで、その下にある木粉層を表面に出し平滑にします。

03.二度目の削り

特殊なサンティング技術により、不均一な深さ・長さの溝を掘ります。

実物を見た際、天然木と見間違えてしまうほどでした。

表面の凹凸と毛羽立ちですが、実際に触ってみると床板は凹凸が天然木に近いので触り心地は本物の木と変わりません。

また、毛羽立ちは固くなく、少しざらざらしたイメージです。とてもやわらかいので体に刺さることはないでしょう。

裸足で歩いても、あまり気にならない程度かなと思いました。

 

 

 

100%リサイクル素材、シックハウスにも配慮。

100%リサイクル素材の木粉と樹脂で作られているデッキDS。シックハウス症候群の原因となるトルエン、キシレンなどの有機溶剤やホルムアルデヒドを含む素材は使用していないそうです。人にもペットにも安心のデッキ材です。

 

メンテナンスが簡単

土汚れは水洗いできれいに。表面の傷はナイロン不織布で簡単に補修できます。

また、人工木のため湿気で腐ったりすることがなくシロアリの心配もありません。

 

コーナー部分

デッキDS最大の特徴ともいえる、このコーナー部分。留め加工は、意匠性の高い木組み。現場でカットをしてぴったり取り付けるタイプです。

写真左の幕板が突合せになっているものはなかなかないのでデッキDSの大きな特徴になります。

 

バリエーション

どの色も、すてきな色合いですよね。木粉を多く含んでいるため色に変化が出ます。年数を重ねるごとに色素変化は緩やかになります。

 

オプション

フェンス

デッキDSフェンスは、床板と同様の製法で作られた素材を使っているので統一感ばっちりです。

 他にも、横板のデザイナーズパーツフェンス。鋳物のラフィーネフェンス。シンプルなモダンデッキフェンスなどもご用意しています。

 

ステップ

庭とデッキの段差をスムーズにつなぐ、人工木材の階段です。

高さは1~4段をご用意しております。

 

照明

デッキをライトアップすることで昼とは違う素敵な夜の空間を演出します。

デッキの上に設置するタイプの照明

 

段床を設置するのであれば、このシンプルラインライトがおしゃれでお勧めです

 

 

いかがでしたでしょうか。

落ち着いた色合いや、天然木に近い見た目。今ウッドデッキを検討している方はぜひ、一度デッキDSもチェックしてみてくださいね。