木製スロープの様々な用途や簡単な作り方を分かりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木製スロープにはさまざまな使用用途があります。

高齢者人口の増加に伴い、木製スロープは今後さらに需要が高まることが予想されます。

木製スロープはDIYでも簡単に作れます。

自宅や施設にぴったりのサイズの木製スロープを手作りしてみましょう。

 

 

 

木製スロープの用途

スロープは階段の段座をなくし、スムーズに移動できるようにしてくれるものです。

バリアフリー化が進み、学校や駅、公園などでスロープを設置しているところはたくさんあります。

スロープには、自転車や車いすでの移動が楽になる、

階段を登れない子どもや高齢者も楽に進める、さらに重たい荷物を運びやすくなるなどのメリットがあります。

高齢の家族がいる、今後の自分や家族のために備えたいという方は、

ぜひ簡単に作れる木製スロープの設置を検討してみましょう。

 

スロープをDIYするメリット

木製スロープをDIYするメリットについて解説します。

オリジナルの木製スロープを作って、より家族が過ごしやすい家作りを目指しましょう。

 

・家のサイズに合うスロープを作れる

玄関が狭い場合、大きなスロープを使うとそれだけで玄関がいっぱいになってしまいます。

靴や自転車、遊具などを玄関に置いている場合はスロープをかける場所がないこともあるでしょう。

ですがスロープを自作すれば、玄関のサイズに合うものを使えます。

 

・家のデザインに合わせられる

販売されている木製スロープにはさまざまな種類がありますが、玄関のデザインと合わないこともあります。

木製スロープをDIYすれば、素材、塗装などから玄関にぴったりのものを使えるため、

玄関の印象にこだわりたい方にもDIYはおすすめです。

 

・使わないときは収納しやすい

本格的なスロープは段差にしっかり固定しますが、DIYで作ったスロープは簡易的なものが多いです。

安定性にはやや欠けますが、使わないときは収納できるというメリットがあります。

狭いスペースにスロープを設置したい方にぴったりです。

 

 

木製スロープの作り方

木製スロープは、土台となる素材とスロープとなる板の2つを組み合わせて作れる簡単なアイテムです。

作る際には、サイズを正確に計測すること、段差から地面までの高さとスロープの適切な角度を計算することが大切になります。

丈夫な木製スロープにしたいのであれば、土台を太く、大きな素材にしましょう。

スロープがずれるとけがの原因になりますので、電動ドリルなどでしっかり固定するのも忘れないようにしてください。

 

 

木製スロープをDIYして生活をもっと快適に

木製スロープは子どもや高齢者、けがをしている方、体に障がいがある方に便利なアイテムです。

DIYでも簡単に作れますので、家族や自分のためにもぜひ木製スロープの設置を検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加