ウッドデッキに屋根を付けて作成する方法と4つのポイントと注意点を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

DIYでウッドデッキに屋根を設置するときのポイントや、屋根付きウッドデッキのメリット・デメリットを紹介します。快適なウッドデッキにするために、ぜひ参考にしてください。

 

 

屋根付きウッドデッキをDIYで作成する方法とポイント

ここでは、屋根付きウッドデッキをDIYで作成する方法とポイントを4つ紹介します。

・1. 初心者にはDIYキットがおすすめ

ウッドデッキにDIYで屋根を取り付けるときは、DIYキットが便利です。

もちろん、ホームセンターなどで素材を購入して組み立てることもできますが、専門的な技術・知識が必須です。

DIYキットを使う際は、説明書に従い安全に留意して作成しましょう。

・2. 屋根のタイプを吟味する

ウッドデッキの屋根には、手軽に日よけができる簡単なものから、雪や台風にも負けない強固なものまでさまざまなタイプがあります。

どんな屋根にしたいかを事前に考え、長く楽しめるような屋根を選んでください。

たとえば利便性を重視するならシェード、デザイン性がよい屋根にしたければパーゴラ、強度を求めるならポリカーボネートがおすすめです。

なお、DIY初心者の方はシェードタイプが手軽にチャレンジしやすいでしょう。

 

・3. 日当たりが悪くならないように注意する

ウッドデッキに屋根を付けると、部屋に差し込む日光を遮る可能性があります。部屋やウッドデッキの開放感がなくなり、薄暗い印象になってしまうかもしれません。

最小限の面積の屋根、半透明の素材の屋根、不要なときは折りたためるタイプの屋根がおすすめです。

・4. 雨風や雪に注意する

屋根はデザイン性だけでなく、強度も考慮しなければなりません。簡単に設置できる独立型の屋根は、強風で壊れてしまう、近隣に飛んでいってしまうなどの可能性があります。

事故や怪我などのトラブルにもつながりますので、強風の際には折りたんでおく必要があるでしょう。

また、寒い日に強度の低い屋根を出しっぱなしにしておくと、雪の重みで壊れる可能性もあります。そのため、簡単に巻き込めるシェードタイプやポリカーボネートがおすすめです。

 

 

ウッドデッキを屋根付きにするメリット

屋根付きウッドデッキの最大のメリットは、スペースを有効に活用できるようになることです。

具体的には、下記のようなメリットがあります。

  • 周囲からの視界をシャットアウトできる
  • 雨の日でも洗濯物を干せる
  • 直射日光を避けてウッドデッキでくつろげる

屋根付きにすることで、ウッドデッキを使用する頻度も多くなるでしょう。

 

 

ウッドデッキを屋根付きにするデメリット

ウッドデッキを屋根付きにすることで発生するデメリットは、下記のとおりです。

  • 日光が遮られるため室温が下がる
  • 家のデザインや向きによっては家の印象が悪くなる
  • 近隣トラブルの可能性がある

とくに、日当たりが悪い場所に屋根を設置する場合は注意しましょう。

冬場室内が寒くなるだけでなく、隣家に影響がある場合もあります。

 

 

ウッドデッキの屋根を付ける前に確認!

ウッドデッキの屋根は便利ですが、強度やデザインなどを考慮して選ぶ必要があります。

自宅のウッドデッキに合うデザインの屋根、快適に過ごせる屋根を考えてみましょう。