ウッドデッキは屋根付きがおすすめな4つの理由を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

屋外に面しているウッドデッキには、屋根を取り付けましょう。雨風や直射日光からの紫外線を防ぎ、より快適で実用的なスペースに生まれ変わります。

洗濯物を安心して干せるようになるほか、ウッドデッキの劣化を防いだり、上からの視線に対する目隠しにもなります。

今回は、ウッドデッキに屋根付きがおすすめな理由を4つご紹介いたします。

 

 

 

ウッドデッキは屋根付きがおすすめな4つの理由

ウッドデッキをより快適に、実用的なスペースにするには、屋根の取り付けがおすすめです。

・1.雨風や雪から洗濯物を守れる

リビングから屋外に続くウッドデッキは、洗濯物を干すスペースとして最適です。ウッドデッキに屋根を付けておけば、突然の雨から洗濯物を守ってくれるでしょう。慌てて洗濯物を取り込む必要もなくなり、天気が移り気な日でも洗濯物を干したまま外出できます。

 

・2.ウッドデッキで過ごす際の日差し除けになる

ウッドデッキはバーベキューなどのアウトドアを楽しんだり、家族でのんびり休憩するスペースとしても活躍します。ウッドデッキに屋根を付ければ、雨だけでなく、紫外線や温度上昇を防ぐ日除けにもなります。

 

・3.ウッドデッキの劣化を防げる

屋外に設置するウッドデッキには耐久性の高い素材が使用されていますが、それでも経年による劣化は防げません。屋根を付けることで、ウッドデッキの劣化を早める日差しや雨風を防ぎ、傷みにくくなります。

 

・4.上からの目隠し対策になる

ウッドデッキに屋根を付けることで、目隠しフェンスではカバーできない隣家の2階など、上部からの目隠しにもなります。

周囲の視線を気にせずに日光浴や読書を楽しめます。

 

 

 

ウッドデッキを屋根付きにするための部材紹介

ウッドデッキに後付けする屋根に部材には、次のような種類があります。

・1.強度が高いポリカーボネート

高い衝撃強度と自己消火性を持つプラスチック素材です。透明度が高いため、ウッドデッキに明るさを確保できます。平板と波板があります。

 

・2.サンシェード

柱やフックに取り付ける簡易的な日除けです。紫外線を防ぎながらも風通しが良く、簡単に模様替えできるメリットがあります。生地が薄いため、雨風を防ぐのには不向きです。

 

・3.オーニング

柱、または建物に固定する可動式のキャンバスです。天候に合わせて開閉できます。耐久性の高い素材で作られているため、雨を凌ぐこともできますポリカーボネートに比べると、日光による経年劣化が早い点がデメリットです。

 

 

ウッドデッキを屋根付きにするための予算

ウッドデッキに屋根を付けるために必要な費用相場は次のとおりです。

  • 基礎工事費(支柱の設置など):2万円程度
  • 取付工事費(外壁への穴あけ・屋根の設置):2万円程度
  • 防水加工工事費:1万円程度
  • 屋根の本体価格:10〜50万円程度

壁付タイプではなく独立タイプの屋根を付ける場合は、外壁への穴あけが不要になるため、取付工事は必要ありません。

しかし、支柱を4本設置しなければならないため、基礎工事費用も2倍になります。壁付、独立ともに、5万円程度の工事費用がかかると考えておきましょう。

 

 

 

ウッドデッキをより実用的にするためには屋根付きがおすすめ

開放的なウッドデッキは、洗濯物を干すだけでなく、アウトドアやリラックスタイムを楽しむ場としても活用できる便利なスペースです。

しかし、屋外に面しているため、そのままでは雨風や紫外線を防げません。

屋根を付けることで、天気を気にすることなく洗濯物を干したり、ウッドデッキでのひとときを楽しめるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加