ウッドデッキを屋根付きにするメリット・デメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウッドデッキを作った方は、屋根を付けるかどうか悩んでいるかもしれません。実のところ、屋根を付けることにはメリットもデメリットも存在します。そこで、ウッドデッキを屋根付きにするメリット・デメリットについて考えるとともに、おすすめの屋根についてもご紹介します。

ウッドデッキを屋根付きにする4つのメリット

ウッドデッキに屋根を付けるメリットには以下4つが考えられます。

・1. 雨や雪からウッドデッキを守る

ウッドデッキは室外にある以上、どうしても雨や雪の影響を受けがちです。しかし屋根を付けておけば雨や雪が降ってもウッドデッキを守り、室内への吹き込みも防いでくれます。

・2. 日差し除けになる

雨や雪からだけでなく、屋根は強い日差しからもウッドデッキを守ってくれます。ウッドデッキで遊んだり、バーベキューをしたりする際にも、屋根があればそれほど暑さを感じずに楽しめるでしょう。

・3. ウッドデッキが長持ちする

屋根があると雨や雪、太陽光線からウッドデッキが守られるため、ウッドデッキの耐久性が向上します。天然木であっても、屋根付きにすると長期にわたってウッドデッキを使い続けられるでしょう。

・4. 目隠しになる

ウッドデッキにおしゃれな屋根を付けるだけで、家全体の印象がさらによくなります。屋根を付けるとウッドデッキに影ができるため道路から家の中が見えにくくなり、目隠しとしての役割も果たしてくれます。

ウッドデッキを屋根付きにする2つのデメリット

ウッドデッキに屋根を付けるデメリットを2つご紹介します。

・1. 開放感がなくなる

ウッドデッキといえば、青空の下でゆったり過ごすのが醍醐味の1つです。しかし屋根を付けてしまうと開放感がなくなってしまうでしょう。

・2. 風や雪に注意が必要

ウッドデッキは周りに壁がないため、強い風が吹くと屋根に直接強風が吹きつけます。そのため、強度が足りないと屋根が吹き飛ばされてしまう恐れがあります。豪雪地帯では、ウッドデッキの屋根が壊れてしまうかもしれません。お住まいの環境に合わせた適切な屋根を選びましょう。

ウッドデッキに設置したいおすすめ屋根3選

ウッドデッキに設置できるおすすめの屋根を3つご紹介します。

・1. リクシル シュエット 1500タイプ テラスタイプ

天然木の質感を大切にしたい方のために、同じ質感を最大限に再現したLIXILシュエットは、コーナーキャップなど細かい部分までこだわっており、ナチュラルタイプの屋根をご希望の方にぴったりです。ウッドデッキとの相性も抜群で、リビングとお庭の間への設置をおすすめします。

・2. 四国化成 基本セット アレグリアテラス

木調が好きな方のためにデザインされたもので、細部までこだわりの質感です。障害物がある場合でも、支柱が可動式の屋根なのでどこでも設置できます。本体カラーが3色から選べるのも好評です。

・3. YKK AP 独立テラス屋根(600N/m2) エフルージュグラン ZERO

条件によって建築面積に算入されないという大きな特徴を備えた屋根です。外壁工事が必要ないこと、前例のないT字構造であることなどが「ZERO」という名称の由来です。

お家のスタイルに合わせてウッドデッキの屋根を考える

ウッドデッキに屋根を付けても付けなくてもメリット・デメリットはあるので、家のスタイルやご家族の意見なども考慮しながら屋根を取り付けるかを決定しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。