工事のプロが解説 樹脂木ウッドデッキ 日本3大メーカー徹底比較(YKKAP・リクシル・三協アルミ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。 樹脂木デッキ工事専門店 ネットショップキロの近藤です

本日のテーマはこれにします。一番お問合せが多いようなので・・。

 知りたい樹脂木(人工木)デッキ3大メーカー徹底比較!

樹脂木デッキやウッドデッキは、人生で1回しか購入されることのない商品だと

言われます。その為、全く知識が無い中で樹脂木デッキを業者さん任せで

選んだり、自分で決めなければなりませんが,その割には、高価でなんですよね。

当店でのウッドデッキの購入平均金額は31,6万円です

そこで樹脂木デッキ・ウッドデッキ専門店のキロが丁寧に3大メーカー(2ブランド)

YKKAP・リクシル(TOEX・トステム)・三協アルミの樹脂木デッキを解説いたします。

現在日本で流通している樹脂木デッキはほぼこの3メーカーでシェアを占めています。

 

STEP1 樹脂木デッキとウッドデッキどう違うの?

樹脂木とは樹脂と木粉を混ぜたものを板状に伸ばしたものです。通常の

ウッドデッキは天然木を使いますが、樹脂木との違いはここになります。

忘れてはならないのが、骨の部分です。柱や梁の部分は樹脂木デッキの

場合は、アルミ製で天然木の場合は、木製となります。

その為、非常に腐りにくいのが特徴なのが樹脂木デッキです。

価格については、一昔前なら、樹脂木デッキのが高かったのですが、

現在では逆に樹脂木デッキのが安くなりました。

やはりその点は、工業製品の為、大量に売れれば売れるほど安く

作ることができます。

現在日本国内で流通しているウッドデッキでは90%が樹脂木で、

残りの10%が天然木といわれます。

一般住宅で言えばほぼ100%樹脂木に変りました。

STEP2 どんなメーカーが樹脂木デッキをつくているの?

日本のアルミサッシの3大メーカーが製造しています。

この3メーカーは樹脂木デッキにかなり力を入れています。

もちろんこれ以外に四国化成やタカショーなどの上場企業の

メーカーもありますがあまり力が入っていないので除外

(サードパーティー的な中国製品もありますが、品質上何とも言えないので今回は除外します)

YKKAP

アルミサッシ業界第2位でエクステリアに今最も力を入れているメーカーです。

ファスナーで有名な会社です。

三協

アルミサッシ業界で第3位の富山に本社を置くアルミ製造メーカーです。

以前は三協アルミと立山アルミでしたが、この富山の2台メーカーが合併して三協アルミとなりました。

リクシル

吸収を続ける住宅総合メーカーのリクシルです。サッシなら業界1位です。

トステムが作る簡易デッキ レストステージとTOEXが作る樹ら楽ステージがあります。

両者の違いは、簡易版と通常版と思っていただければ問題ありません。

 

STEP3 3大メーカーの樹脂木デッキの特徴は?

ベーシックな部分では3大メーカーは同じです。(樹脂木のデッキとアルミの柱 これが基本です)

YKKAP樹脂木デッキの特徴は?

リウッド60

デッキ材の幅が200㎜仕様です。非常に幅広モデルでデザイン性にすぐれています。

唯一自社工場で製造し、材料も他社と違い非常に安全なポリプロピレンを使用しています。

三協やリクシルはどうしても外注に床材を製造依頼をする為このポリプロピレンが使用できませんね。

またYKKapのリウッドだけが床材が両面仕様となっています。通常はコストを落とすために片面に

木目調の仕様をするのですが、さすが老舗樹脂木デッキメーカーです。唯一両面仕様です。

リクシルの特徴は?

カラーが5種類あるところですね。ご自宅がリクシル製品が多いなら

こちらも一考されることをお勧めします。

どうしても床材が外注の為に割高な印象があります。

三協アルミの特徴は?

特に特徴の無いベーシクな樹脂木デッキです。

ウッドデッキ(樹脂木 デッキ)のメンテナンスについて

基本的にメンテナンスフリーです。ただし場所によっては黒カビ(小さな点)が

発生する場合があります。

特に色薄いモデルは目立つようです。その際は、カビキラーなどとデッキブラシで

洗ってあげてください。

ウッドデッキ(樹脂木 デッキ)腐食

板自体は、樹脂と木粉の為かなり持ちます。発売されてから、

10年くらいたちますが、腐ったとは聞いた事がありません、天然木で一番腐って問題となる柱は

樹脂木デッキの場合は、アルミ製の為腐ることが無いので安心できますね

ウッドデッキ(樹脂木 デッキ)掃除

汚れた場合は、雑巾で拭いてあげてください。色の薄いモデルはこまめにする必要がある

場合がありますが濃いモデルだと全く気にならないと思います。

STEP3 ウッドデッキのサイズについて

 1 ウッドデッキ(樹脂木)の大きさ

ウッドデッキの最小の大きさはメーカーにもよりますが通常1.8m×0.9mですね

小さくするにはカットすればいいのでもっと小さいものでも作ることは可能です。

それよりウッドデッキを小さくされるなら濡れ縁を買われた方がいいかもしれませんね。

大きさはどれだけでも大きくできます。ただしメーカーの特徴になりますが・・・。

メーカー規格では、9m×4.5mくらいウッドデッキの最大の大きさとなります。

 2 ウッドデッキ(樹脂木)の高さ(柱の高さ)

柱の長さは制限があります。アルミ製なのであまり高くはできません。

高いものでも1m位が最大となります。

低くした場合でも最低17センチくらいは必要です。骨や化粧板の厚みがありますので。

 

STEP5 ウッドデッキ(樹脂木デッキ)の価格の各メーカーの違いはどうなんだろう?

ここでは各メーカーの価格比較をしてみたいと思います。

一番売れるサイズの2間(3600㎜)×6尺(1800㎜)を例にとります。価格は変動します

(間口=幅ですね)

1位 YKKap リウッドデッキ200  約間口3.6m×奥行1.8m

 リウッド門扉3型

 180,524円(税込) (標準工事代込)

 

2位 三協アルミ ひとと木2     約間口3.6m×奥行1.8m

 ひととき

 207,240円(税込)(標準工事代込)

3位 リクシル(TOEX) 樹ら楽ステージ 約間口3.6m×奥行1.8m

 樹ら楽 ラフィーネフェンス

 207,879円(税込)(標準工事代込)

 番外 リクシル(トステム) レストステージ 約間口3.6m×奥行1.8m

床板キャップ仕様の為意匠性が全く違うので今回は番外とさせていただきます。

レストステージ モダンデッキフェンス

 187,401円(税込) (標準工事代込)

キャップ仕様とは 写真の様に周囲を囲う板が無いので濡れ縁の様になってしまいます。

定価はどれも正直変わりません。ただしキロではYKKAPの商品をかなりの量を

仕入れている為、直接取引が可能な為、仕入価格をお見積りに反映させていますので

圧倒的にYKKAP リウッドデッキ200が安くなります。

YKKAP リウッドデッキ200のウッドデッキ 見積もり (概算)は

こちらのシミュレーションをお使いくださいね60秒で概算が出せます。

リウッド門扉3型

1分 ウッドデッキ

リクシル TOEX樹ら楽ステージのウッドデッキ 見積もり (概算)は

こちらのシミュレーションをお使いくださいね60秒で概算が出せます。

樹ら楽 ラフィーネフェンス

1分 ウッドデッキ

 三協アルミ ひとと木2のウッドデッキ 見積もり (概算)は

こちらのシミュレーションをお使いくださいね60秒で概算が出せます。

ひととき

1分 ウッドデッキ

STEP6 実際どのメーカーのどの商品が売れているの?

キロでは圧倒的にYKKAPのリウッドデッキ200が売れています。

理由は、やはりコストパフォーマンスの高さです。当店では80%の方がYKKAPの

リウッドデッキ200をご購入されていました。

STEP7 注文したい場合はどうすればいいの?

必ず現地調査が必要で、正式なお見積りを作成いたします。

1分シミュレーションを最後まで終わっていただければ、現場調査依頼のフォームが出ます

そちらに入力していただければOKです。キロよりご連絡差し上げます。

もちろん無料見積となります。

 

STEP8 キロ現場調査依頼・見積依頼をしたいけど 実績はあるの?

下のバナーから入っていただければ、日本全国でのキロ工事実績が

お客様の声と共にありますので一度覗いてみてください。たくさんの施工事例と

お客様の声を載せています。

 ウッドデッキ アンケート

現地調査には30分ほど頂きます。その際には必ずお客様にも同席していただきますので

ご了承ください。

早く見積を終わらせるためには、ウッドデッキを施工する場所に何も置かない事と、

デッキのメーカーやサイズ、色などをあらかじめ決めていただければ早く終わらせることができますよ。

ヴェクター

 

レイナポート

SNSでもご購読できます。